最終更新日:2019/10/29

  • 正社員

(株)フルタイムシステム

  • インテリア・住宅関連
  • 不動産
  • 商社(複合)
  • 情報処理
  • 専門コンサルティング
本社
東京都
資本金
4億9,800万円
売上高
58億5,515万円(2018年4月実績)
従業員
221名(2019年1月現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 インテリア・住宅関連、不動産、商社(複合)、情報処理、専門コンサルティング
  • 本社 東京都
  • 資本金 4億9,800万円
  • 売上高 58億5,515万円(2018年4月実績)
  • 従業員 221名(2019年1月現在)
  • 募集人数 11~15名

日本初!社会問題を解決した!「宅配ロッカー」の過去から未来までのストーリーを語ります。

これがラスト@大阪★内定まで2週間!宅配ボックスシェアNO1のフルタイムからお知らせ (2019/10/24更新)

◆◇------------------【5月1日は宅配BOXの日です!!】-----------------◆◇

はじめまして。
(株)フルタイムシステムの採用担当でございます★

今、巷で話題の宅配ロッカーを取り扱っているフルタイムシステムが、
ついに、今期最後の説明会を【大阪】にて開催することが決定しました!

【宅配ロッカー】ご存知ですか?
最近社会問題になり、その解決をするべく、キーとなる商品です。

さまざまなメディアに多数注目され、「宅配ロッカーといったらフルタイムシステム」という認識が確立してきました。

代表・役員・先輩社員とともに
【宅配ロッカー】の歴史から未来まで語らせていただきます。

必ず、あなたの為になる説明会。
お席に限りがありますので皆様お早めにご応募ください。

△▽なにかご不明点がございましたら下記までご連絡下さい▼▲

(株)フルタイムシステム 採用担当
03-5730-3729
--------------------------------------------------5月1日は宅配ボックスの日■◆-----

♯音楽好きな社員♯大学生♯笑ってこらえて♯離職率が低い♯アニメ・ゲームが得意な社員♯不動産♯メーカー♯一般職採用あり♯スポーツ大会♯夏採用♯秋採用♯教育制度も充実♯既卒歓迎♯教育制度充実♯広告・メディアに特集♯事務職採用

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社の営業チームの一部メンバーです。大手クライアントと対等に折衝できるのが当社の魅力の一つです。
PHOTO
フルタイムシステムのイベントの一つです。家族も呼んで、スポーツを通じ大交流会を行っています!

◆あなたの思いが商品になる…一緒につくっていきませんか?

PHOTO

社長の原 幸一郎(右)と副社長の原 周平(左)です。

私たちフルタイムシステムは、「宅配ボックス」を含む
ロボットシステム/ソリューション開発、運営管理する会社です。

社長の原幸一郎がマンションの管理会社を経営している中で、
居住者の立場になって様々なニーズにお応えしたいと考えるうちに、24時間365日、
居住者が不在の時でも荷物を出し入れできる「宅配ボックス」を世界で初めて開発し、
株式会社フルタイムシステムが誕生しました。

1985年の創業以来、住生活における困りごとの解決、
利便性や住生活の向上を常に念頭において
企業活動を行っております。


2019年5月には34期が始まります。
当社の強みを活かし、住生活においてさらに一歩上の快適を目指す
「宅配ボックス」ロボットシステムおよびサービスを展開してまいります。
お客様の声を形にすることが得意な当社は、2018年もグッドデザイン賞を2製品で受賞しています。
また、平成29年度には、環境省より環境保全功労者表彰を受けました。



    ーーーーーーー会社のモットーーーーー
       「チームワークと自主性」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自主性を持った集団が、一見して相反するチームワークを形成することにより、
あらゆる方向に柔軟に適正な社会貢献活動を行うことができると考えています。


このモットーとともに創業当時から一歩一歩進んでまいりました。


創業時も、現在も変わらないモットー「チームワークと自主性」を基に、
様々なサービスやアイデアを生み出し、世の中で起きた困りごとを解決する方法を考え続けること。
そして様々な感動創造事業を通じて、人と時間、人と空間、人と距離、人と人とのハートを
近づけることが、我々の仕事の根幹だと考えています。


今後ももちろん全社員がモットーと方向性を意識し、社会貢献性の高い事業を行っていきます。


会社データ

プロフィール

―設立経緯
当社代表がマンション管理業をしていた頃、社会的に宅配便の量・共働きの世帯が急増していました。
居住者が不在時に、マンションの管理員が代理で居住者の宅配便を預かっていました。
しかし、数々の問題が起き、ついには荷物の盗難事件が…

どうしたら宅配業界も受取人の管理人も効率的な生活ができるのか…
どうしたら安心・安全に荷物を預かり、受け取ってくれるのか…

代表が必死に考えた末、思いついたのが宅配ボックスでした。

そこから地道に開発を進め、1986年に『(株)フルタイムシステム』と『宅配ボックス』が誕生。誕生時にコントロールセンター、アフターメンテナンス体制を整えました。

<宅配ボックスが社会問題を解決>
▼利便性
不在時でも24時間受け取りが可能なので、個人の生活の時間を有効活用できます。

▼防犯性
自宅玄関の扉を開く必要がなく、強盗などの犯罪を防ぐことができます。

▼共有性
データに基づいた適正数の共用ボックスを設置、管理することにより、荷物の受取りだけでなく、マンション居住者のシェアリングボックスとしても活用でき、効率的な生活ができます。

▼環境負荷加減性
宅配便の再配達を少なくさせることにより、配送トラックから排出するCO2量を低減させることができます。

ー時代と顧客のニーズに合った事業展開
「クリーニングを宅配ボックスで行いたい」とあれば、
クリーニング業者と提携し宅配ボックスで運用できるようにしたり
マンションにレンタサイクルがほしいという声があれば、
レンタサイクルの貸出返却を無人で行えるようにロッカーに組み込んだり、
時代と顧客のニーズに合わせて、サービスを展開してきました。

今後は、『ドローンでの宅配』や『AIの導入』の展開を視野に入れています。

その結果、世界で1番最初に宅配ボックスを開発した功績が認められ、
日本記念日協会に創業記念日である5月1日が「宅配ボックスの日」として登録。

全国のマンションへの宅配ボックスの整備により、荷物の再配達を減らし、運搬時のCO2削減などを通じて地球温暖化の防止に顕著な功績が認められ、民間企業で唯一「平成29年度 環境大臣賞 環境保全功労者表彰」を受賞。

宅配ボックスのパイオニアとして、お客様の声を元に新サービスを展開するプラットフォーマーとして、常に先頭と時代の最先端を走り続けます!

事業内容

PHOTO

当社で扱っている宅配ロッカーです。お客様にヒアリングの上、ご要望に合わせて作っていきます。

当社は創業時から製品/サービス・コントロールセンター・アフターメンテナンス/エンジニアリングを核にした、マンションの共用設備のシェアを常に考え事業展開してきました。

現在はフルタイムロッカーを中心に
「マンションシェアシステム」を事業展開し、全国、本社を含め8拠点で活動しています。

《マンションシェアシステムとは?》
▼シェアする便利
空間や場所をシェアし、マンション生活をいっそう便利にします。

▼シェアする快適
居住者みんなで活用し、一人ひとりの暮らしをもっと快適にします。

▼シェアするECO
自動車・自転車・自然エネルギー発電等をみんなで利用し、エコな暮らしを助けます。

この3点をテーマにし、大きく分けて2本の軸がございます。

【フルタイムロッカー事業】
宅配ボックスとは、宅配物の受取り人が受取り先として利用できるシステムです。
配送業者は受取り人が不在でも再配達せずに配送が完了でき、受取り人は時間関係なく、宅配物を受取ることができます。
1983年に当社が世界で一番初めに開発し、『フルタイムロッカー』と名付け、
分譲マンションや戸建、駅などに普及を進めています。
現在では、宅配ボックスが設置されている分譲マンションのうち、当社の商品シェアは約7割となり、多くのメディアに取り上げられております。

【ライフアップマンションシステム事業】
マンション生活において、管理員さまの役目は多種多様です。
エントランスで往来の人を見守ったり、共同利用の自転車や自動車の鍵を管理したり、共用施設の予約を受けたり…。
そんな便利で快適なマンション生活を支援する事業です。
 
■サイクルシェアリング
マンションにおいて電動自転車や自動車のシェアサービスを行うことができます。

■マンションカーシェアリング
マンションで提供できるカーシェアリングサービスです。

■食配ラボ
提携をした食材配達会社やネットスーパーと提携し、食材留置サービスを展開しています。

※上記含め、12のサービスを展開しています。

この2軸で、様々な人と時間、人と空間、人と距離、そして人と人の心を近付ける事業を実践しています。
昨年は、顔認証、住戸前ロッカーなど、当社のIC入館セキュリティシステムを使った新サービスを展開し、電柱吊ロッカーなど新しい製品の開発にも力を入れています。

本社郵便番号 101-0032
本社所在地 東京都千代田区岩本町2丁目10番1号 他7拠点(大阪・名古屋・福岡など)
本社電話番号 03-3851-5831
設立 1986年5月1日
資本金 4億9,800万円
従業員 221名(2019年1月現在)
売上高 58億5,515万円(2018年4月実績)
事業所 東京本社/東京都千代田区岩本町2-10-1
売上高推移 ・46億4,700万円(2015年4月実績)
・43億4,200万円(2014年4月実績)
主な取引先 ・三井不動産レジデンシャル(株)
・野村不動産(株)
・住友不動産(株)
・日本郵便(株)
・(株)大京
・積水ハウス(株)
・大和ハウス工業(株)
・東急不動産(株)
・三菱地所(株)
・(株)コスモイニシア
・東京建物(株)
・新日鉄興和不動産(株)
・オリックス不動産(株)
・ナイス(株)
・スターツコーポレーション(株)
・(株)ゴールドクレスト
・山田建設(株)
関連会社 ◆(株)フルタイムシステム八戸
◆(株)チャレンジボックス
沿革
  • 1983年
    • マンション用の宅配ボックス開発
      宅配ボックス管理センターサービス開始(現:FTSコントロールセンター)
  • 1985年 5月
    • 宅配ボックスにて実用新案取得(1985年5月8日)
  • 1986年 5月
    • フルタイムロッカー(宅配ボックス)の製造・販売・運営を目的とし、東京都港区浜松町に(株)フルタイムシステムを設立
  • 1986年 12月
    • 本社を大阪市中央区本町に移転
  • 1988年
    • フルタイムロッカーに監視カメラを装備
      フルタイムロッカーによるクリーニング受け渡しサービス開始
  • 1993年
    • 東京都千代田区岩本町に東京支店開設
  • 1994年 7月
    • 旧郵政省において不在時における配達方法として通達が全国の郵便局に出る
  • 1995年 10月
    • 名古屋市西区に名古屋支店開設
  • 1996年 3月
    • 本社を東京都千代田区岩本町に移転
      大阪市中央区南本町に大阪支店開設
      名古屋支店を名古屋市中区丸の内に移転
  • 1996年 3月
    • フルタイムロッカーによる宅配便発送サービスを開始
  • 1997年 10月
    • 札幌支店開設
  • 1998年 10月
    • クレジット対応フルタイムシステムH型販売
  • 1999年
    • 無人ボックスが指定場所配達として認められ、郵便規則改正
      書留郵便物ついても同様に認められる
      書留郵便物受取ボックスサービス開始
      福岡営業所開設
  • 2006年
    • FeliCaを操作キーとして、マンション共用施設の開錠を行うF-ics(フルタイム ic システム)サービス開始
  • 2007年
    • フルタイムロッカーで電動自転車のバッテリー・鍵、共用施設キーを管理できるキー管理ボックス「F-rents(フレンツ)」サービス開始
  • 2010年
    • マンション用ネットワークEV充電システム、F-charge(エフチャージ)販売開始
  • 2012年
    • 仙台支店開設
  • 2013年
    • 広島支店開設
  • 2015年
    • 沖縄支店開設
月平均所定外労働時間(前年度実績) 19時間15分(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.08日

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-10-1
採用担当
TEL:03-5730-3729
MAIL:fts@saiyo-p-com
URL http://www.fts.co.jp/
交通機関 【最寄り駅】
都営新宿線「岩本町」駅A5番出口
営団日比谷線「小伝馬町」駅2番出口
JR山手線「神田駅」東口
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp79276/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)フルタイムシステムと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ