エントリー受付開始まであと13日。気になる企業は 予約リスト に登録しておきましょう

最終更新日:2019/1/30

富士エンヂニアリング(株)

  • 機械
  • 重電・産業用電気機器
  • その他メーカー
本社
群馬県
資本金
6,000万円
売上高
15億円(2018年1月)
従業員
75名(男性67名・女性8名)
  • 業種 機械、重電・産業用電気機器、その他メーカー
  • 本社 群馬県
  • 資本金 6,000万円
  • 売上高 15億円(2018年1月)
  • 従業員 75名(男性67名・女性8名)

“社員は家族。人材がすべて”。 世界中から求められる一品一様のFAシステム。開発から設計・製作・設置・アフターフォローまで一貫対応の総合エンジニアリング会社です。

会社紹介記事

PHOTO
産業用ロボットとビジョン(視覚)センサーによる位置決め技術を活用したセンタリング・システム。形状のついたシートでも、正確に位置決めを行うことができます。
PHOTO
FAメーカーとして、世界でただ一つの生産設備を創り続けてきた富士エンヂニアリング。卓越した技術力が高く評価され、世界17カ国以上に導入されています。

“メイド・イン・富士エンヂニアリング”の生産設備で、世界中のものづくりを支える!

PHOTO

「世界各国と取引がありますが、今後は国内のお客さまとの取引に注力していく方針。日本のものづくりを力強く支えて行きたいですね」と、和田社長。

それは今から50年以上前、高度経済成長期の最中のこと。日本の生産現場は大量生産への移行を受けて、より効率よく大量に品質の良い製品を作ることが求められていました。このミッションをクリアするには、生産設備の自動化が不可欠。そこで、“生産設備の自動化”を担う会社を設立。これが富士エンヂニアリングの原点です。

まずは自動車の生産設備の自動化からスタートし、家電や自動販売機など、その領域を拡大。今では、自動車・電機・鉄鋼・化学・住宅・環境・医療・食品など、あらゆるメーカーとお取引があります。さらに、海外のニーズにも応えており、アメリカ、イギリス、ドイツ、ブラジル、カナダなど17カ国とお取引しています。

私たち富士エンヂニアリングがお客さまに提供するのは、世界でただ一つの“生産設備”です。お客さまが抱えている課題を抽出し、当社がもっているFA(ファクトリーオートメーション)技術をもってどのような解決ができるかをご提案していくコンサルティング力と技術力に強みがあります。

「より少ない工程で生産できるような環境にしてほしい」「可能な限り、生産にかかるコストを減らしたい」など、お客さまの課題は多種多様ですが、私たちには50年以上にわたって培ってきた歴史と実績があります。この技術を若手エンジニアに継承していくため、技術の標準化を実現。そして、機械設計や制御設計、営業、資材購入など、さまざまな部門の社員が一つのチームを築き、力を合わせることでオンリーワンの生産設備を提供しています。

経営理念に「社員は家族。」を掲げており、就活生の皆さんとも当社らしい温かみある関わりをしています。
例えば、会社訪問をしていただき、社内をすべてご覧になってもらった上で、応募の意思を示してもらっていること。職種別採用を行っており、望まない部署への配属はないこと。そして、入社後は新入社員の成長を全力でバックアップしていること。部署を超えた交流ができるよう、社内イベントやサークル活動も活発に行っていること。

世界中のものづくりの現場に、私たちが開発・製造した生産設備が使われている――これほどまでにワクワクする仕事はほかにはないと自負しています。近い将来、皆さんと一緒にオンリーワンのものづくりに取り組める日が来ることを楽しみにしています。ぜひ一度、当社にお越しください。
【和田 隆義/代表取締役】

会社データ

事業内容

PHOTO

自動車、電気、鉄鋼、住宅、化学、環境、医療、食品などの分野の生産設備の自動化、コンサルティング、設計、製作、販売の総合エンジニアリング会社です。
全製品100%受注生産で全てオリジナル。同一システムはなく、1システムごとに研究開発。
取引先は国内だけでなく、海外との取引も盛んで、アメリカ、カナダ、中国、アルゼンチン、台湾、ブラジル、韓国、イギリスなど世界17カ国で当社の製品が稼動中です。
本社郵便番号 379-2303
本社所在地 群馬県太田市寄合町19番地143
本社電話番号 0277-78-6262
設立 1967年2月6日
資本金 6,000万円
従業員 75名(男性67名・女性8名)
売上高 15億円(2018年1月)
売上高推移 15億円(2017年)
14億円(2016年)
13億円(2015年)
15億円(2014年)
15億円(2013年)
10億円(2010年)
10億円(2009年)
11億円(2008年)
11億円(2007年)
11億円(2006年)
事業所 本社/群馬県太田市寄合町19番地143
主な取引先 《国内》
(株)IHI・アイダエンジニアリング(株)・(株)アクセス・アドバンエンジ(株)・いすゞ自動車(株)・AGC(株)・NSKステアリングシステムズ(株)・(株)エイチワン・沖電気工業(株)・(株)協豊製作所・(株)小島鐵工所・コマツ産機(株)・(株)小松製作所・(株)コーセー・坂本工業(株)・三恵技研工業(株)・JX日鉱日石エネルギー(株)・(株)ジーテクト・スズキ(株)・(株)SUBARU・積水化学工業(株)・大黒食品工業(株)・大同特殊鋼(株)・ダイハツ工業(株)・東亜工業(株)・トピー実業(株)・トヨタ自動車東日本(株)・(株)中川製作所・日産自動車(株)・日鉄住金テックスエンジ(株)・日本鋳鉄管(株)・ニプロ医工(株)・パナソニック(株)・日立建機(株)・日野自動車(株)・(株)不二越・(株)ブリヂストン・ホンダエンジニアリング(株)・本田技研工業(株)・マツダ(株)・三菱自動車工業(株)・三菱ふそうトラック・バス(株)・八千代工業(株)・(株)山田製作所・(株)UACJ・UDトラックス(株)・(株)ヨシカワ ほか

《海外》
Aida Dayton Technologies Corporation・Dong Feng Nissan Passenger Vehicle・General Motors・Guangzhou Honda Automobile Co.,Ltd.・Hitachi Consumer Products Ltd.・Honda Automobile Do Brazil Ltd.・Honda Engineering Europe Ltd.・Honda Mexico S.A.・Honda of America Mfg. Inc.・Honda of Canada Mfg.・Honda UK Manufacturing・Hyundai Motor Manufacturing Alabama,LLC・Jefferson Southern Corporation・Jefferson Industry Corporation・KIA Motors Corporation・KTH Parts Industries Inc.・Maruti Suzuki India limited.・Nissan Motor India Private limited.・Nissan Motor Manufacturing Ltd.・Nissan North America Inc.・Renault Argentina S.A・Roehm GmbH.Chemische Febrik.・Subaru of Indiana Automotive Inc.・Toa,LLC・Topla Malaysia・Wuhan Auto Parts Alliance Co.,Ltd.
平均年齢 32歳
沿革
  • 1967年
    • 産業機械の総合エンジニアリング会社たることを目的として設立。
  • 1968年
    • 太田市に工場建設。
  • 1980年
    • 本社・工場を薮塚本町に新設。
  • 1987年
    • アメリカに進出。
      FUJI ENGINEERING USA設立。
  • 1993年
    • 群馬県合理化モデル工場に指定。
  • 1998年
    • ISO9001認証取得。
      通商産業大臣表彰受彰。
  • 1999年
    • 技術開発部100%CAD化完了。3次元CAD導入。
  • 2001年
    • 群馬県1社1技術に認定。
      中川威雄技術奨励賞受賞。
  • 2003年
    • IT推進モデル企業に指定。
      群馬県合理化モデル工場10年表彰受彰。
  • 2004年
    • 厚生労働省「高年齢者雇用開発コンテスト」厚生労働大臣表彰最優秀賞 受賞。
  • 2005年
    • 専務 和田隆義 代表取締役に就任。
      プレス用3次元サーボトランスファ開発。
  • 2006年
    • 代表取締役 和田隆義 太田機械金属工業協同組合青年部会長に就任。
  • 2007年
    • 超高速プレス自動化装置開発。
  • 2009年
    • 資本金6,000万円に増資。
      食品、医療分野向け装置開発。
      ビジョンセンタリング装置開発。
  • 2010年
    • 制御用PCを用いた、品質・生産・出荷管理システムを開発。
      微細電気部品自動組立装置開発。
  • 2011年
    • 製函機・封函機開発。
  • 2012年
    • 産業用ロボットによる食品原料製造工程自動化開発。
      プレス間高速搬送装置開発。
  • 2013年
    • ナチロボット会会員認定受領。
  • 2014年
    • 回生エネルギー利用の発電システム開発。
  • 2015年
    • 多関節ロボット用フィンガーハンド開発。
      医療機器検査装置開発。
平均勤続勤務年数 12.6年(2018年1月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(女性0名、男性0名)
前年度の育児休業取得者数 0名(女性0名、男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 25%(2018年度実績)

取材情報

生産設備のFA化に挑み、世界中のものづくりを根底で支える!
機械設計担当のエンジニアが語る“オンリーワン”を作る醍醐味
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

富士エンヂニアリング(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
富士エンヂニアリング(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ