最終更新日:2019/3/6

  • 正社員
  • 既卒可

富山県生活協同組合

  • 生活協同組合
本社
富山県
出資金
37億103万円(2017年3月)
総事業高
79億6,186万円(2018年3月)
職員数
288名(2018年3月)
募集人数
11~15名
  • 業種 生活協同組合
  • 本社 富山県
  • 出資金 37億103万円(2017年3月)
  • 総事業高 79億6,186万円(2018年3月)
  • 職員数 288名(2018年3月)
  • 募集人数 11~15名

富山県生協は つなぐ・結ぶ・支え合う地域を築きます。

【説明会開催中!】積極的にエントリーを受付しております。 (2019/03/06更新)

2020年度卒の新卒採用を開始いたしました。

皆様にお会い出来ることを楽しみにしております。

PHOTO

会社紹介記事

いつも、生活のなかに。手と手を合わせ、手から手へ。

PHOTO

本部と富山センターを2005年に統合(上)、『デイサービスまる~な』は、日帰りの通所介護とショートステイで利用者とご家族をサポート。

■私たち地区担当者は、商品を届けるだけではありません《繋がる楽しさがある》
人と話すのも、身体を動かすのも好き、この職場は自分に合っているのでは?と思い入協を希望しました。実際、自分に合っている仕事だと7年目の今も感じています。年数を重ねるごとに責任感がつよくなり、運転や商品チェックは慎重に、営業は時に勇気をもって、組合員さんとは礼儀正しく和やかに、とさまざまな経験を通して精神的に鍛えられました。生協の基本コンセプトは“安心・安全”。添加物に厳しい基準を設けていることなど、商品自体に信頼があります。あらゆるご要望も組合員さんから直接聞くことができ、また毎週同じ曜日、同じ時間の配達を、孫に会うかのように楽しみに待っていて下さる方もいらっしゃるんですよ。そんなふれあいも嬉しいです。インターネットで買い物を済ませる方も増えるなか、顔を見て、手から手へ商品をお届けするところが、やはり生協らしさではないでしょうか。最初から全てが備わっていなくても、うまくいかないところは先輩からアドバイスをもらって足していき、やがて自分流にしていけばよいと思います。今度は私もサポートします!<富山センター職員(2011年入社)>

■生協がつくる福祉のかたち《変化していくおもしろさがある》
今は現場と窓口を兼務しながらリーダー職に就いています。とりまとめ役は簡単ではありませんが、仕事の悩みを聞いてくれる先輩もいます。志を共にした仲間と成長できる環境がここにはあります。当生協には、私の勤める『ゆとり~な』はじめ、デイサービスセンターやヘルパーステーションがあり、今後新しい施設も増える予定です。私のように最初から福祉を目指して入ってくる人が多いのですが、時には配送や共済の仕事を通し地域の方とふれあううちに、介護の仕事に興味が湧き資格を取得した方も実際にいらっしゃいます。生協の仕事は、人の役に立ちたいという「想い」をいろんな形に変えて挑戦ができる職場です。
<デイサービスゆとり~な職員(2004年入社)>

会社データ

プロフィール

わたしたちは、一人ひとりの組合員に喜ばれる「くらしの伴奏者」を目指し、日々の生活に役立つ事業を展開していています!

生協は、よりよい「くらし」をめざして、消費者が出資し、協同して事業・運営をおこなう組織です。
富山県内に在住、在勤の方は、どなたでもご加入いただけます。現在7万人あまりの方が加入され、組合員となっています。

事業内容
1.宅配事業
「安心・安全」「便利」をコンセプトに、組合員さんの暮らしに欠かすことのできない食料品を中心にカタログで注文いただき、生活スタイルに合わせた配送形態で生協商品をお届けする事業です。
 
2.福祉事業
富山県生協の福祉事業は、誰もがいつまでも自分らしく、幸せでいられるよう、心の通い合う支援を目指すことを理念としています。
組合員さん・利用者さんとそのご家族、地域の方、職員が共に「わかちあい、かたりあい、ささえあい」3つの愛を大切にし、生協らしい福祉事業所となるよう取り組んでいます。
小規模多機能型居宅介護事業、デイサービス(通所介護)事業を中心に、ショートステイ(短期入所生活介護)、訪問介護事業、福祉相談などを行っています。

3.共済事業
コープ共済は、生協ならではの組合員同士の助け合い制度です。
もし病気やケガがあったら保障する事によりお役立ちする事業です。
本社郵便番号 930-0873
本社所在地 富山県富山市金屋555
本社電話番号 076-443-8800
設立 1959年4月
出資金 37億103万円(2017年3月)
職員数 288名(2018年3月)
総事業高 79億6,186万円(2018年3月)
事業所 <配送センター>     富山市、滑川市、高岡市
<介護福祉施設>     富山市3カ所、黒部市1カ所
             高岡市1カ所
             2018年10月富山市1カ所開所
<訪問介護ヘルパーステーション>  富山市
<コープハウス>     県内5カ所
業務提携先 日本生活協同組合連合会、日本コープ共済生活協同組合連合会
コープ北陸事業連合、SBSゼンツウ(株)、(有)けんせいきょうサービス
企業風土 生活協同組合としては全国的にも歴史があり、それゆえ、幾多の辛苦を乗り越えてきた強さがバックボーンにあります。また、若者が多い職場でチャレンジする精神や目的指向の強い職場風土です。
また、富山県生協は、職員一人ひとりが働きがいがある職場風土に努めています。 
福祉事業 富山県生協の事業として、富山市内でディサービスを2カ所、ヘルパーステーションを1カ所を展開しています。県内施設では少ない、ディとショートを同じフロアーで行なっているなど他の施設にはない経験が出来ます。
2015年3月には黒部市、2017年6月に高岡市で小規模多機能型居宅介護支援事業所を開所しました。そして、2018年8月には、富山市内で小規模多機能型居宅介護支援事業所を開所する計画をしております。
入協後のスキルアップも支援しており、より高度な資格取得の支援も積極的におこなっていますので、働きながら更なるチャレンジも可能です。
福利厚生制度の充実 「男女共同参画推進」に積極的に取り組んでおり、富山県「とやま子育て応援団認定」「女性が輝く元気企業とやま賞受賞」「元気とやま!仕事と子育て両立支援企業賞受賞」厚生労働省「均等・両立推進企業表彰受賞」など様々な評価を頂いております。
また、各種福利厚生制度も充実しており働いてからの満足度も高い組織です。
平均年齢 38.2歳
平均勤続年数 9.4年
安心・安全への取り組み 富山県生協では「安全な商品を、安心して利用したい!」と言う組合員の願いにお応えするため、商品の取扱いに対する考え方を下記の様に整理し、取扱いを進めています。

1.安全であること
2.安心できる品質であること
3.適正価格であること
4.生鮮商品は新鮮であること
5.環境負担が少なく、地域作りに寄与する商品であること

また、良質の商品を提供するため、その中心に生協のPB(プライベートブランド)商品である「コープ商品」「コープ北陸開発商品」「県生協開発商品」や「産直商品」があり、さらにNB(ナショナルブランド)商品(一般市販商品)もあります。NB商品や市場手配の農産物などにつきましても、仕様書や産地などを確認し、県生協の食品添加物使用基準に沿った商品のみを取り扱っています。2009年度にはISO22000(食品安全マネジメントシステム)認証取得し、より食の安全安心に関して強化しました。
沿革
  • 1959年
    • 富山県労働者消費生活協同組合 設立
  • 1983~1990年
    • 共同購入を全県下に広げる活動
      富山センター開設(富山市上赤江町)
      コンピュータ導入による個人別注文システム導入
      西部センター開設
      牛乳パック回収運動スタート
      リサイクルロールの開発
  • 1993年
    • 東部センター開設(滑川市上小泉)
      北陸3県の6生協(コープ北陸)で事業連帯
  • 1995年
    • 阪神淡路大震災への支援
      店舗でのトレー回収運動スタート
  • 1997年
    • 新西部センター開設(高岡市戸出)
  • 1998年
    • 拠点大型班「コープハウス」開始
      個人宅配開始
      共同購入でのトレー回収スタート
  • 2000年
    • デイサービスセンター「まる~な」開設
      食品の安全請願署名過去最大
  • 2001年
    • ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
      くらしの助けあいの会「にこり~な」設立
      個人宅配県下全域スタート
  • 2002年
    • 食品安全認証システムをスタート
  • 2003年
    • デイサービスセンター「ゆとり~な」開設
  • 20034
    • 第1回せいきょうまつりを開催(以降、毎年開催)
  • 2005年
    • 「新富山センター」を富山市金屋企業団地内に開設(本部と富山センターを統合)
  • 2006年
    • 訪問介護(ヘルパーステーションまる~な)開設
      配送センターとデイサービスセンターを「こども110番の家」、全車両を「こども110番の車」に認定
  • 2007年
    • アイドリンクストップ車輌導入
      バイオディーゼル(BDF)燃料を使用した車輌導入
      富山県「とやま子育て応援団」認定
      富山県「女性が輝く元気企業とやま賞」受賞
  • 2008年
    • 職場風土改革促進事業所実施事業主指定
      富山県「元気とやま!仕事と子育て両立支援企業賞」受賞
      生協法60周年記念「厚生労働大臣表彰」
      商品安全管理室設置
      ISO22000(食品安全マネジメントシステム)認証取得
  • 2009年
    • 富山県生協創立50周年
      厚生労働省「均等・両立推進企業表彰」受賞
      デイサービス「まる~な」新築移転
  • 2010年
    • BDFタンクの設置及び車両増車
      環境とやま県民会議会長表彰受賞(地球温暖化対策部門)
      ISO14001 10年継続賞受賞
  • 2011年
    • けんせいきょう物流センター完成
      デイサービス「ゆとり~な」増床
      東日本大震災支援活動
  • 2012年
    • 富山県「子育て支援富山賞(とやま子育て応援団部門)」受賞
      国際協同組合年記念シンポジウム
  • 2013年
    • 夕食宅配事業開始
      太陽光発電事業開始
      富山センター、西部センター増設
      富山県「とやまストップ温暖化アクト賞」受賞
  • 2014年
    • 小規模多機能型居宅介護「輝くろべ」開設
      地域見守り活動に関する協定 2市4町と締結
  • 2015年
    • 富山県環境部門功労表彰受賞
      夕食宅配事業を西部エリアに拡大
  • 2016年
    • 夕食宅配事業を東部エリアに拡大
      地域見守り活動に関する協定3市と締結
      介護ロボット「パルロ」を導入
  • 2017年
    • 組合員人数75,000名に到達
      小規模多機能型居宅介護「輝城東」開設
      地域見守り活動に関する協定1市1村と締結
  • 2018年
    • 小規模多機能型居宅介護「輝ゆとり~な」開設
      地域見守り活動に関する協定県内全市町村と締結
平均勤続勤務年数 9.3年(男性10.8年、女性5.9年)<2018年3月>
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20.8時間<2017年度実績>
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.3日<2017年度実績>
前年度の育児休業取得対象者数 6名(男性3名、女性3名)<2018年度実績>
前年度の育児休業取得者数 5名(男性2名、女性3名)<2018年度実績>
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 20%(25名中、女性5名)<2018年度実績>

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 930-0873 富山県富山市金屋555
TEL:076-443-8800
富山県生活協同組合
管理部 人事労務グループ 保江
URL http://www.toyamaken-coop.or.jp/
E-mail m-yasue@tks.coop
交通機関 金屋口バス停留所(富山地鉄バス)より徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp80256/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
富山県生活協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。
富山県生活協同組合を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ