最終更新日:2020/2/13

  • 正社員

(株)ワールドインテック【テクノ・SI事業部】

  • 機械設計
  • 人材派遣・人材紹介
本社
福岡県
PHOTO

携わったシステムが使う人に役に立っている事が実感できます!

本庄 雅博
東京デザインテクノロジーセンター専門学校
情報処理学科
SI事業部 インフライノベーション課
社会インフラに関連するシステム開発

現在の仕事内容

現在携わっている仕事は、社会インフラ向けに提供するデータ分析を行うアプリケーションソフトウェアの開発およびシステムの保守業務を主に担当しています。社会インフラに関連するシステムと言っても多種多様なものがありますが、現在担当しているシステムに関しては生活の場には登場しません。データ分析を行う際に必要なデータを使って、利用者(利用する顧客)によってどういう使い方をするのか?という事を念頭においてシステムを開発するため、使い方次第では利用方法の改善や改修といった事が発生する事があります。この仕事に就いた時、解決方法は1つではなく、様々な解決方法がある中でどの解決策を採用するか?というのを決める事がとてもやりがいがあると感じてます。


今の仕事のやりがい

入社当時に携わった時の生保で使用するシステム開発のエピソードとなります。担当するプログラム開発を1人で製造する事になった時、専門学校で習得した知識だけでは到底難しいと分かっていましたが、そのサポートを職場にいた先輩からOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング=職業教育)を通じて1つのシステムを無事作り上げる事が出来ました。この時にサポートして頂いた先輩のおかげで担当したプログラムを作り上げた事の「喜び」があったのを今でも忘れません。また、自分が担当したプログラムを現場で利用する事になった時、自分が製造したプログラムを利用者に利用して頂く事の「喜び」を経験出来る事と同時に、利用者に「使って頂いている」という達成感を是非味わって頂きたいと思います。


この会社に決めた理由

私がワールドインテックで仕事をしている決め手は、多種多様な業種の仕事と自分に見合ったスキルに応じた仕事が長くできる事で、自分自身のモチベーションアップにつながる事や、年に数回の社員間の懇親会などで新しい仲間と交流を持てる場がある事で、より一層会社間でのコミュニケーションを図れる事だと思います。


ページTOPへ