最終更新日:2019/5/17

  • 正社員

(株)シャルマン

現在、応募受付を停止しています。

  • 精密機器
  • その他メーカー
  • 商社(精密・医療機器)
  • 専門店(メガネ・貴金属)
本社
福井県
資本金
6億1,752万5,000円
売上高
173億円(2017年12月)
従業員
630名
募集人数
6~10名
  • 業種 精密機器、その他メーカー、商社(精密・医療機器)、専門店(メガネ・貴金属)
  • 本社 福井県
  • 資本金 6億1,752万5,000円
  • 売上高 173億円(2017年12月)
  • 従業員 630名
  • 募集人数 6~10名

メガネフレームの企画から生産、販売までを一貫して手掛ける国内シェアNo.1メーカー。先端医療機器の製造・販売を開始し、医療分野にも参入。

CHARMANT シャルマンのページへようこそ! (2019/03/01更新)

 メガネフレーム及びサングラスの商品企画・デザイン・製造・販売を手掛ける日本一のメーカー、国内はもとより海外100カ国に輸出し主要国に海外拠点を有するグローバルカンパニーです。
 長くメガネフレームの開発・製造を通じて培った最先端の素材開発や精密加工技術を活かし、チタン製品を中心とした先端医療器具の製造・販売を開始しました。
 国内1位、世界トップクラスのアイウェア企業という現状にも満足することなく、『これまでにないモノを、これまでにないやり方で』という創業からのマインドは失われていません。圧倒的なお客様の支持を得られる会社を目指し、日々新しいアイデアを生みだしています。

 まずはエントリーしてください。説明会や会社訪問のご案内をします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
重くて鼻が痛くなる、外した時の鼻パッド跡や化粧はげが気になる、というサングラスの不満を解消したちょこサンが、アイウェア・オブ・ザ・イヤー2016サングラス部門を受賞
PHOTO
2014年度グッドデザイン金賞を受賞した脳外科マイクロ剪刀。命を預かる現場のための高品質、信頼性を体現し、精密なデザインと技術を形にしたと高く評価されました。

日本のモノづくりのすごさを世界に発信する、国内トップのアイウェアメーカーです。

PHOTO

包み込むようなかけ心地と驚くほどの軽さがラインアートの特長。一般的なメガネ製造には200~250の工程があるが、ラインアートは更に100以上多くの工程を必要とする。

【優美さとかけ心地を両立した究極のメガネ「ラインアート」誕生秘話】
 “メガネのための最適な素材”を目指し、シャルマンが8年の歳月をかけて東北大学と共同開発した次世代チタン合金「エクセレンスチタン」。この新素材を使い2009年に発売されたブランド「ラインアートシャルマン」はそのデザイン性の高さと“奇跡のかけ心地”と呼ばれる圧倒的なかけ心地の良さから、シャルマン創業以来最高のヒット商品として現在も躍進し続けている。しかし「デザイン開発から発売までの3年間、その道のりは決して平坦なものではありませんでした」と話す企画統括部 国内企画部の山本亮一。デザイン開発はまず、エクセレンスチタンが持つ抜群のしなやかさと熱を加えると形状記憶するという特性を活かし、丸線を極限まで細くしたフレーム=WireArtをデザインの基本コンセプトとして設定した。「ただ、極細ワイヤーでは枠の強度を持たせることが難しく簡易試作を制作したり、自転車や鉄塔、椅子など様々なデザインを参考にしながら十分な強度と魅力的なデザインを両立するプロダクトアイディアを模索し続けました」。試行錯誤を繰り返した結果、ワイヤーを2重アーチにしてバネ構造にした試作がかけ心地・構造剛性の面からも性能が良かったことから5本線モデルとしてテスト生産を開始(この独自構造は2012年、特許を取得)。シャルマンと大阪大学、ふくい産業支援センターの共同研究によって開発した新技術「レーザー微細接合技術」を活かし全く新しいデザイン性と機能性を兼備した「ラインアートシャルマン」が完成した。発売当初は年間予定数をわずか3カ月で完売するほどの脅威的な人気を誇る。現在、ラインアートはレディス・メンズ合わせて全16種類のコレクションを展開し、数々のメディアでも取り上げられ著名人にも多くの愛好者を持つ注目の商品に成長した。「メガネは決して芸術品ではない。“視力を矯正する”という本来の目的を第一に考えながら、デザインはもちろんホールド感や、ずれない、壊れにくいといった機能性を十分に満たした商品づくりを目指していきたい。ラインアートはまだまだ完成形ではなく、さらに良い商品となるよう改善を続けていきます」と話す山本。シャルマンの新しい扉を開いた新ブランドは今後も更なる高みを目指し進化し続ける。

会社データ

プロフィール

社員数10名足らずの小さな部品メーカーからスタートしたシャルマン。
歴史と伝統のあるメガネ業界において、わずか30数年で世界のメジャー企業に仲間入りをした。

『これまでにないモノを、これまでにないやり方で』実現するというチャレンジ精神しか、シャルマンにはなかった。後発メーカーだからこそ、徹底的に常識を疑い、数々の革命を業界に起こしてきたのだ。

商品の企画、製造からマーケティングや販売までを行うスタイルも、シャルマンが生み出した。今でこそ当たり前だが、チタンを使用したフレームを世界中に広めたのもシャルマンだ。現在はさらにメガネフレームに最適な金属の研究を重ね、東北大学との共同研究によりエクセレンスチタンの開発に成功した。レーザー接合技術は大阪大学と共同研究し、シャルマンだけが開発できる、独自の商品「ラインアート」を発売している。
そのほかにも毎日使用するものだからこそ、斬新なデザインだけでなく、機能性にも富んだ商品を数多く展開している。

国内1位、世界トップクラスという現状にも満足することなく、『これまでにないモノを、これまでにないやり方で』という創業からのマインドは失われていない。圧倒的なお客様の支持を得られる会社を目指し、日々新しいアイデアを生みだしている。

事業内容
■メガネ、サングラスの商品企画・デザイン・製造・販売、及び先端医療器具の開発・製造・販売
【国内】東京・名古屋・大阪・札幌・仙台・福岡・大宮・静岡・福井・広島に支店(営業所)あり。
【海外】アメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、中国、香港など主要国に販売拠点あり。

どんな斬新なデザインでも、それに応えられるだけの技術がなければ実現できません。新技術の開発が可能であるからこそ、シャルマンにしかできないデザインを生みだせるのです。必要に応じて製品を加工する機械すらも自分たちで製造してしまうほどの技術力が、事業を支えています。

【自社ブランド】
Line Art CHARMANT、MENS MARK、CHARMANT Z 他

社内からのアイデアで、続々とプロジェクトチームが立ち上がっています。トータルマーケティング戦略で商品コンセプトづくりからブランドメイキングまで一貫して自社で実施。長く使うものだからこそ、掛けごこちなどの機能性を追求した商品が中心になります。

【ライセンスブランド】
ELLE、ESPRIT、NINA RICCI 他

各ブランドから出されるモチーフをもとに、メガネの企画・デザイン、設計・製造、販売を行います。商品の品質の高さと毎年100カ国に輸出するその全世界の販売ネットワークが評価され、ワールドワイドなファッションブランドから引き合いが来ています。

また、メガネフレームの開発・製造で培ってきた最先端の素材開発や精密加工技術を活かし、チタン製品を中心とした先端医療機器の製造・販売を開始しました。眼科用医療機器の開発・販売から始まり、脳神経外科、血管外科などの医療器具も開発・販売しています。
本社郵便番号 916-8555
本社所在地 福井県鯖江市川去町6-1
本社電話番号 0778-52-4141
設立 1968年1月
資本金 6億1,752万5,000円
従業員 630名
売上高 173億円(2017年12月)
事業所 東京・名古屋・大阪・札幌・仙台・福岡・大宮・福井・広島・静岡
「地域未来牽引企業」 地域内外の取引実態や雇用・売上高を勘案し、地域経済への影響力が大きく、成長性が見込まれるとともに、地域経済のバリューチェーンの中心的な担い手、および担い手候補である企業として経済産業省の「地域未来牽引企業」に選定されました。
平均年齢 44.7歳
平均勤続年数 19年
沿革
  • 1956年(昭和31年)
    • 堀川製作所として眼鏡部品製造を開業
  • 1968年(昭和43年)
    • 堀川製作所を(株)堀川製作所に法人改組
  • 1975年(昭和50年)
    • (株)堀川製作所の販売部門として(株)シャルマンを設立
      眼鏡小売店への直販を開始
  • 1980年(昭和55年)
    • 貿易部門を開設し、代理店への輸出開始
  • 1982年(昭和57年)
    • アメリカに販売子会社を設立
  • 1987年(昭和62年)
    • ドイツに販売子会社を設立
  • 1990年(平成2年)
    • イタリア企業との合弁会社を日本国内に設立
  • 1991年(平成3年)
    • 香港に販売子会社を設立
      中国に工場設立・生産開始
  • 1994年(平成6年)
    • イギリス・フランスに販売子会社・営業支店を設立
      当社初のインターナショナルブランドを投入
  • 1997年(平成9年)
    • 欧州にデザイン・商品開発
  • 1999年(平成11年)
    • ニューヨークにショールーム開設
  • 2000年(平成12年)
    • 東京にプレスルーム開設
  • 2002年(平成14年)
    • ミラノにデザイン・商品開発オフィスを開設
      上海・広州に営業所を開設し、中国にて直販開始
  • 2005年(平成17年)
    • 北京事務所開設
      アメリカにデザイン・商品開発オフィスを設置
  • 2006年(平成18年)
    • ドイツにインターナショナル・ライセンス事業部を設置
      上海に販売子会社シャルマン・チャイナを設立
  • 2009年(平成21年)
    • 革新的な新素材の開発に成功
      次世代メガネ“Line Art CHARMANT”“MENS MARK”発売開始
      中国・福建省アモイ市に製造合弁会社を設立
      ドバイに合弁会社を設立し、中東において直販を開始
  • 2010年(平成22年)
    • (株)ホリカワ(グループ製造子会社)と合併
      製版一体となったシャルマンに
      新素材エクセレンスチタンフレーム発売
  • 2011年(平成23年)
    • 「レーザー微細接合技術」がその功績を認められ、平成22年度レーザー学会産業賞(貢献賞)を受賞
  • 2012年(平成24年)
    • 第4回ものづくり日本大賞の産業・社会を支えるものづくり/製品技術開発部門において、特別賞を受賞
      メディカル事業に参入
      オリジナルブランド「CHARMANT Z」が「アイウェア・オブ・ザ・イヤー2013」機能・技術部門でグランプリを受賞
      グッドデザイン賞を眼科手術器具「前嚢破除鑷子」で受賞
  • 2013年(平成25年)
    • グッドデザイン賞を「ラインアート シャルマン」で受賞
  • 2014年(平成26年)
    • 平成26年度文部科学大臣表彰(科学技術賞 開発部門)受賞
      デュオ コレクションがアイウェア・オブ・ザ・イヤー2015 レディース部門を受賞
      脳外科マイクロ剪刀(はさみ)が2014年度グッドデザイン特別賞 金賞を受賞
  • 2015年(平成27年)
    • ちょこサンがアイウェア・オブ・ザ・イヤー2016 サングラス部門を受賞
  • 2016年(平成28年)
    • 社が大阪大と共同で進めてきたレーザ溶接加工技術に関する研究が、「井上春成賞」を受賞
      エム フリップがアイウェア・オブ・ザ・イヤー2017 機能・技術部門を受賞
      サーボプレスモーションの利点を活かした加工法により工程数を削減できたことにより、日本鍛圧機械工業会による「MF技術大賞」を受賞
平均勤続勤務年数 19.7年(2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 4.1時間(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 17名(うち女性8名、男性9名 2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 8名(うち女性8名、男性0名 2018年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員:0%
管理職:5.8%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒916-8555
福井県鯖江市川去町6-1 
人事・総務部 採用担当 河野・嵯峨
TEL:0778-52-4141
URL http://www.charmant.co.jp →リクルート
※facebook www.facebook.com/charmant.rookies
E-mail saiyo@charmant.co.jp
交通機関 JR北陸本線「鯖江」駅よりタクシーで20分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp80557/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ