最終更新日:2019/9/30

  • 正社員
  • 上場企業

(株)プロネクサス【東証一部上場】

現在、応募受付を停止しています。

  • 専門コンサルティング
  • 印刷・印刷関連
  • シンクタンク・マーケティング・調査
  • 各種ビジネスサービス
本社
東京都
資本金
30億5,865万500円(2018年3月末現在)
売上高
224億5,400万円(2018年3月末現在)
従業員
724名(2018年3月末現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 専門コンサルティング、印刷・印刷関連、シンクタンク・マーケティング・調査、各種ビジネスサービス
  • 本社 東京都
  • 資本金 30億5,865万500円(2018年3月末現在)
  • 売上高 224億5,400万円(2018年3月末現在)
  • 従業員 724名(2018年3月末現在)
  • 募集人数 11~15名

金融マーケットを支え、日本経済も支える――ディスクロージャー・ビジネスのリーディングカンパニーで成長しよう

∵☆..*∵.★ 【(株)プロネクサスからのお知らせ】★∵..* ∵☆.. (2019/09/30更新)

就職活動中の皆さん、
当社にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

------------------------------------------
当社、2020年度新卒採用は終了いたしました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

株式会社プロネクサス 新卒採用担当 
------------------------------------------

▽当社HPもぜひご覧ください!▽
http://www.pronexus.co.jp/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
企業が自らの情報をステークホルダー(利害関係者)に開示することは、円滑な経済活動に不可欠です。またそれを正しく行うにはルールがあり専門知識が求められます。
PHOTO
私たちプロネクサスは、企業の情報開示をサポートすることで日本の経済を支えてきた、ディスクロージャーのプロフェッショナル集団です。

ディスクロージャー・ビジネスが実現する健全な金融マーケット

■情報開示のプロフェッショナル集団

ディスクロージャーには“物事を明らかにしていく”という意味があり、株式市場を含めたビジネスの分野では、企業情報をオープンにする際によく使われます。企業が行う“情報開示”といえば、より分かりやすいでしょうか。

プロネクサスが行っているのは、企業の開示業務のサポートです。「株主総会招集通知」などの株主総会関連、「有価証券報告書」などの決算関連をはじめ、IR関連、投信関連など、取り扱う商材は幅広くあります。私たちは、お客様となる多くの上場企業や上場予定企業、金融商品を取り扱う証券投資信託運用会社、不動産投資信託運用会社などのニーズを把握した上で、適切なサービスの提供を行ってきました。

株式市場が円熟していく中で、企業の持つ情報は、日々重みを増しています。それに伴って、ディスクロージャーの意味も大きく変わっていくでしょう。これからもプロネクサスは、ディスクロージャーのプロフェッショナル集団として、業界の知識はもちろん、法律、印刷、WEBなどの広範な知識を駆使することで、お客様に必要とされる存在であり続けます。

■ディスクロージャー・ビジネスの社会的な影響力

資本主義経済を支える株式会社が成り立つためには、金融マーケットが適切に機能することが必要です。そのためには、株主・投資家・取引先などのステークホルダーに、正しいルールのもと、正しい方法での情報開示が求められます。

また、金融マーケットを支えるプレイヤーには、監査法人や信託銀行、証券会社をはじめ、金融庁や東京証券取引所など多くの関係企業・機関が存在します。こうした金融マーケットを支えるプレイヤーには信頼感が必要です。

私たちは、取り扱うサービスを、最適な方法でクライアントに提供することで、ステークホルダーの期待にも応えてきました。それを通して、金融マーケットが最適に機能するための一翼を担ってきたのです。一方で、金融マーケットを支えるプレイヤーとも、相互にコミュニケーションを取ることで、信頼感のある金融マーケット作りにも関わってきました。

最適な金融マーケットの存在は、日本経済の信頼性にも結び付いてきます。私たちは、お客様のディスクロージャー業務をサポートすることで、金融マーケットだけではなく、日本経済までも支えているのです。

会社データ

プロフィール

■プロネクサスの歩み

プロネクサスの創業は1930年。当時、株券印刷から始まった事業は、88年の歴史の中で、拡大を続けてきました。

企業の情報開示に関わるドキュメントの作成実務を支援することで、“会社法”や“金融商品取引法”についての実践的なノウハウを蓄積。また、お客様の適正・適法な情報開示を支えるべく、コンサルティング部門の強化はもちろん、サイト上のIR情報の効率的・効果的な開示手段をさまざまな方法で提供してきました。私たちは、経済変化に伴うお客様のニーズに対応することで、成長を続けてきたのです。

現在、プロネクサスは、ディスクロージャー・ビジネスのリーディングカンパニーとしての地位を確立しています。それに伴って、資本市場における社会的インフラを支える責任も大きくなるでしょう。しかし現状に甘んじるつもりはありません。求められている社会的責任に対応するため、これからも日本企業の開示実務を、コンサルティングとITでトータルサポートしていきます。

ディスクロージャー・ビジネスを切り拓くことで、ビジネスシーンに新たな価値を生み出していく。それが、私たちプロネクサスです。

■プロネクサスの社名の由来

私たちの社名は、4つのプロ(PRO)が由来になっています。

1.PROfessional 高度な専門性の追求
2.PROper 適正さと正確さの追求
3.PROmpt 事業環境の変化と顧客ニーズへの迅速な対応
4.PROgress 進歩・前進の追求

この4つの“PRO”を具現化することが、当社のテーマです。また同時に、その融合からクライアント企業と社会、そして私たちの間の絆・結びつき(Nexus)を育みたいという願いも込められています。

――仕事を通じて社会へ貢献したい
――時代の空気を感じ取れる仕事がしたい
――プロとして誇りを持てる自分になりたい

こうした意志・意欲と真剣に向き合える環境が、プロネクサスにはあります。ディスクロージャー・ビジネスを通じて、あなたも“PRO”を自分のものにしてみませんか?

事業内容

PHOTO

■ディスクロージャー・IR実務支援サービス

当社は、上場企業を中心とした事業会社および金融商品運用会社が法的に求められるディスクロージャー書類や、企業価値の向上につながるIRツール、コンテンツの制作をトータルに支援する専門会社です。

企業のディスクロージャー・IR活動には、金融商品取引法や会社法等の根拠となる法に対する適法性、企業情報・財務情報をミスなく伝える正確性、必要な時期に迅速に開示する適時性、投資家に等しく開示される公平性が求められます。
こうした要件を満たすため、当社はディスクロージャー実務支援の専門会社として、お客様の企業価値の向上を支援しています。

(1)取り扱い商品(下記に関わる開示書類・デジタルコンテンツの作成)
株式公開関連、株主総会関連、決算関連、ファイナンス関連、IR関連、投信関連、REIT関連、証券印刷、一般印刷、データベース 他

(2)顧客支援サービス
コンサルティング・セミナー事業・情報サービス、デジタルサービス、セキュリティサポート 他

※主な実績として、
・上場企業約3,600社の約6割は、当社のお客様です。
・有価証券報告書は54.4%、招集通知は52.1%のシェアを占めています。
本社郵便番号 105-0022
本社所在地 東京都港区海岸一丁目2番20号 汐留ビルディング5階
本社電話番号 03-5777-3113
設立 1947(昭和22)年5月1日
資本金 30億5,865万500円(2018年3月末現在)
従業員 724名(2018年3月末現在)
売上高 224億5,400万円(2018年3月末現在)
事業所 【本社】
東京都港区海岸一丁目2番20号 汐留ビルディング5階

【支店】
大阪府大阪市中央区北浜一丁目8番16号 大阪証券取引所ビル
愛知県名古屋市中区栄三丁目8番20号 名古屋証券取引所ビル

【営業所】
北海道札幌市中央区北二条西三丁目1番地 敷島ビル
広島県広島市中区鉄砲町1番20号 第3ウエノヤビル
福岡県福岡市中央区天神二丁目8番30号 福岡天神第一生命ビル

【工場】
戸田、富山(情報センター)
業績推移 決算期(百万円)  売上高  経常利益
――――――――――――――――――――
  2005.3    18,368   2,906
  2006.3    20,545   3,713
  2007.3    21,577   4,109
  2008.3    21,823   3,148
  2009.3    20,351   2,324
  2010.3    18,771   1,656
  2011.3    18,296   1,056
  2012.3    17,271   1,513
  2013.3    17,485   1,686
  2014.3    19,013   2,108 
  2015.3    21,119   2,036
  2016.3    20,971   2,255
  2017.3    21,556   2,548
  2018.3    22,454   2,889
主要取引銀行 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほコーポレート銀行
先輩社員の声 経済学部出身で本好きのこともあり、株券などの印刷を行っている当社に興味を持ちました。会社説明会で印象に残っているのは、先輩社員のフランクな雰囲気です。それに惹かれて、「ここで働きたい」と思いました。
現在、私が行っているのは、有価証券報告書等の電子開示などをシステム面からサポートする業務です。経済を下支えしているという実感があり、当社で仕事ができて良かったと感じています。
【K.Oさん/経済学部卒】システムコンサルティング事業部所属


私の出身は理工学部です。大きな機械を使って研究を行っていたので、機械に関わる仕事がしたいと考えていました。当社は印刷業も行っているので、大きな機械を扱っています。最初、そこに興味を持ちましたが、入社の決め手はアットホームさです。
ドキュメントサポートセンターでは法律に関わるデータ入力を行っているため、間違いが許されません。しかし周りの先輩方がサポートしてくれるので、アットホームな環境で仕事に取り組め感謝しています。
【Y.Oさん/理工学部卒】ドキュメントサポートセンター所属


入社の一番の決め手は、OB・OGが多かったことです。就職活動中に、多くの先輩社員と話すことで、入社後のイメージを具体的に持つことができました。
当社は、若手にも多くのチャンスを与えてくれる環境です。また業界内で絶対的なポジションを築いているため、責任感を感じながら、成長することができます。こうした当社ならではの環境を活かして、ビジネスパーソンとして成長をしていきたいです。
【H.Oさん/社会学部卒】ファイナンシャル事業部所属
沿革
  • 1930年
    • 当社の前身亜細亜商会創業(東京都中央区)
  • 1947年
    • 株券、証券の印刷を目的として亜細亜証券印刷(株)を設立(東京都中央区)
      上野一雄代表取締役社長就任
  • 1952年
    • 本社工場を移転(東京都港区)
  • 1957年
    • 各証券取引所より上場会社の適格株券印刷会社として確認を得る
  • 1973年
    • 関西地区における営業強化のため、大阪営業所(現、大阪支店)を設置(大阪市天王寺区)
  • 1975年
    • 東京都港区に工場建物を購入、株券印刷専門の新橋第1工場とする
  • 1985年
    • 有価証券印刷、商法関連書類に加え、上場、決算、ファイナンスなど証券取引法関連開示書類を開拓、「ディスクロージャー・ビジネス」として事業分野を拡大
      本社および本社工場を新築(東京都港区)
  • 1986年
    • IPS(Integrated Publishing System=電子出版システム)を導入、文字処理の充実を図る
  • 1989年
    • 文字処理体制強化のため、富山市に(株)アスプコミュニケーションズを設立(現・連結子会社)
  • 1991年
    • 東海地区における営業強化のため、名古屋営業所を設置(名古屋市中区)
  • 1994年
    • 日本証券業協会に株式を店頭登録
      九州地区における営業強化のため、福岡営業所を設置(福岡市中央区)
  • 1995年
    • 顧客へのディスクロージャー実務関連情報サービス機関として、ディスクロージャー実務研究会を発足
      北海道地区における営業強化のため、札幌営業所を設置(札幌市中央区)
  • 1996年
    • 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 1997年
    • 事業規模の拡大に向け富山市に工場を新築、
      (株)アスプコミュニケーションズに貸与、同社本社を移転
  • 1999年
    • 中国地区における営業強化のため、広島営業所を設置(広島市中区)
      (株)アスプコミュニケーションズ内に「ASP情報センター」を設置
      お客様専用ハイセキュリティ送受信ネットワークASPNET運用開始
  • 2003年
    • (株)アスプコミュニケーションズが、情報セキュリティ国際基準「ISMS」の認証を取得
      インターネット経由での開示書類作成支援システム「エディッツ・サービス」を本格導入
  • 2004年
    • 東京証券取引所市場第一部銘柄の指定を受ける
      (株)アスプコミュニケーションズが、財団法人日本科学技術連盟より2004年度TQM奨励賞を受賞
  • 2005年
    • 大阪支店事務所を大阪証券取引所ビル内に移転(大阪市中央区北浜)
  • 2006年
    • (株)プロネクサス(英文名 PRONEXUS INC.)に商号変更
      証券印刷部門を簡易新設分割し、旧社名を引き継ぐ「亜細亜証券印刷(株)」として設立
      財務資料専門の翻訳会社「日本財務翻訳(株)」を合弁で設立
  • 2008年
    • 本社事務所を東京都港区海岸一丁目に移転
      情報セキュリティマネジメントシステムISO27001の認証を全社範囲で取得
      品質マネジメントシステムISO9001の認証を全社範囲で再取得
      開示業務支援システム「PRONEXUS WORKS」のサービス提供開始
  • 2009年
    • 会計連携開示支援システム「WORKS-i」発売
  • 2010年
    • 上野剛史代表取締役社長就任
      創業80周年
  • 2011年・2012年
    • 2011年 投資信託書類作成支援システム「PRONEXUS FUND DOCUMENT SYSTEM」
           サービス開始
      2012年 当社提供「朝イチマーケットスクエア『アサザイ』」がラジオNIKKEIで放送開始
  • 2013年
    • (株)日立ハイテクノロジーズの企業情報データベース「NEXT有報革命」を継承
      統合版データベース「eolDB」提供開始
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 株式会社プロネクサス
新卒採用担当

〒105-0022
東京都港区海岸一丁目2番20号 汐留ビルディング5階
TEL:03-5777-3113
URL http://www.pronexus.co.jp/
交通機関 ■JR山手線・京浜東北線 「浜松町駅 」下車、3分
■都営大江戸線・浅草線「大門駅」下車、3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp81895/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)プロネクサス【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ