最終更新日:2019/3/1

  • 正社員

平和酒造(株)

  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)
本社
和歌山県

取材情報仕事・キャリアパスについて伝えたい

PHOTO

酒をつくる。ビールをつくる。お客様と蔵をつなぐ架け橋になる!

平和酒造の“フラッグシップ”になるようなクラフトビールをつくる!

日本酒だけでなくビールも好きな私は、入社当初から「クラフトビールをつくりたい」と言い続けました。2年目で「やってみるか」と言われビール担当に!いつ任されてもいいように設備や醸造法のことをコツコツ調べていたのですが、予想以上に早く希望が叶ってウキウキしながら醸造をスタート。3年後に『平和クラフト』が完成しました。販売当初から反響が大きく、応援して下さる方がいることに感激しました。発売2年目で、クラフトビールの国内コンペ「インターナショナル・ビアカップ」のアメリカン・ストロングペールエール部門で金賞を受賞したのもめちゃくちゃ嬉しかったです。 ビールづくりが3年目となった2018年は、売上が前年の1.5倍... 続きを読む

特集記事仕事・働き方を知る特集 「企業の存在価値」

PHOTO

伝統産業が新しい!?日本文化を伝えるフロンティアをめざして

人だけが、「おいしい」と幸せな気持ちになるお酒をつくれると思っています

平和酒造は、手づくりのお酒にこだわり続けています。味の決め手となる麹は100%人の手で、それ以外の工程も機械化はほんの一部だけ。なぜ、便利なツールがいくらでも手に入る時代にそんなことをしているのか?それは「おいしいお酒をつくりたいから」の一言に尽きます。 どれほど優れたAIが登場しても、おいしいお酒は人にしかつくれません。「手づくり」「ローテク」にしか出せない味わいがあるのです。これはなんとなく言っているのではなく、確かな根拠に基づいています。当社も10年前は、商品の99.9%は低価格の紙パック酒。酒造りのノウハウを知っているのは蔵のリーダーである杜氏だけ。蔵人は杜氏の指示でお酒をつくる。このままでは... 続きを読む