最終更新日:2019/8/8

  • 正社員
  • 上場企業

(株)瑞光(ZUIKO)【東証二部上場】

現在、応募受付を停止しています。

  • 機械
本社
大阪府
資本金
18億8,851万円
売上高
220億9,314万円(2018年2月期)
従業員
310名(2018年2月)
募集人数
11~15名
  • 業種 機械
  • 本社 大阪府
  • 資本金 18億8,851万円
  • 売上高 220億9,314万円(2018年2月期)
  • 従業員 310名(2018年2月)
  • 募集人数 11~15名

【夏採用】国内シェア90%。世界トップ3に入る衛生用品製造機械メーカー(上場企業)!「技術深耕」を企業理念に高い技術力でグローバル企業に飛躍!

【選考直結&工場見学アリ!】 説明会予約受付中! (2019/06/11更新)

ZUIKOのページをご覧いただきありがとうございます。

説明会では当社についての説明の他、
一台数億円という、当社の製造した機械も見られる、工場見学を実施(本社開催のみ)
滅多にない機会ですので、ぜひご参加ください!

追加日程は決まり次第、エントリーしていただいた方に優先的にご連絡いたします。
ご都合が合わない方も、マイナビよりエントリーしてお待ちください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
瑞光が作り出す機械は、どれも巨大なものばかり。巨大で無骨な機械であっても、人の肌に心地良い“やわらかさ”を実現させている。
PHOTO
グローバル企業として成長する過程にあるだけに、働く社員のグローバル化も着実に進んでいる。

紙おむつ・生理用ナプキンの製造機械の技術深耕でグローバルトップを確立

PHOTO

「粘り強さはもちろんのこと、独自性を持った人材を待っています」と話す和田昇社長。世界を知りたい、人を知りたいという探究心の強い人材を理想としている。

 当社は、紙おむつや生理用ナプキンの製造機械で国内90%以上のシェアを持っており、店頭に並んでいる商品はほぼすべて当社の機械で製造されたと言っても過言ではありません。こういった実績は、日本の消費者やメーカーの高いニーズを受け、より高品質でコストを低減させるモノづくりの技術が高く評価されたものと考えています。

 経営理念は「技術深耕」です。この「技術」は、これまではモノづくりの技術という意味で使っていました。生理用ナプキン製造機械の国産第一号は当社が製造しました。しかし現在は、単なる技術だけではお客様の満足度を高めることは難しい時代になっています。そのため、技術とは「お客様の満足度を高めるため」の技術であると考えています。単なるモノづくりではなく、お客様がどういったものを求めているのかを知り、それを実現するための機械をどう作るのかというハードとソフトの両面の技術を深く掘り下げることが大切だということです。

 現在、当社は積極的に海外に展開し、グローバルトップ企業の地位を得ることができました。おむつや生理用品を日常的に使用している人は、全世界で20億人程度に過ぎません。世界人口から考えると、まだまだ現状で満足するわけにはいかないのです。世界中に高い品質を持つおむつや生理用品を提供できるよう、さらに海外展開を推し進めることを打ち出しています。

 当社が求めている人材は、お客様のニーズをきちんと考えて技術として実現する人です。「お客様がこう言っているから」とその背景を考えないようでは、成長がないからです。また、世界各地の風習や文化について知りたいという気概を持った人を求めています。おむつや生理用品は生活に密着した商品であり、風習や文化を知ることは不可欠だからです。また、「粘り強さ」はもちろんのこと、プラスアルファの力を持っていると自負している人を求めています。当社のエンジニアには、粘り強く頑張る人が多くいます。だからこそ、同じような人材ではなく、より独自性を持った方にお越しいただきたいのです。当社をより前進させる新しい力に期待しています。

会社データ

プロフィール

「技術」と「人」
その両軸がZUIKOを突き動かす―

ZUIKO【(株)瑞光】は、衛生用品製造機械のメーカーであり、乳幼児用の紙おむつおよび女性の生理用ナプキン製造の分野で、国内トップシェアを誇っています。
また、近年ではそれらの分野で培ってきた技術を応用して、高分子吸収体や不織布など柔らかい特殊な素材を使用した、ペット用トイレシート・ウェットワイプ・母乳パッドなど、新分野の商品の製造機械を開発し、提供している企業です。

より付加価値の高い製品づくりにかける想いは止まることなく進み続け、それに追いつくように当社の技術もまた進み続けていることは確かです。

今後もこの動きを止めないためにも、人材の育成、採用と合わせて、それぞれが活躍できるステージを整えることを第二の目標とした改革や制度の見直しが進められ、評価制度の透明化やシステムの導入により、社員が仕事に専念できる環境づくりに力を注いでいます。

それに応えるように、若い社員たちの間でも「会社を創っていく存在」としての当事者意識が湧きはじめ、制度、体質ともに改革期を迎え始めています。

老舗企業ならではの技術とノウハウという強み、改革期を迎え、変わっていこうとする勢い、この2つのエンジンが会社を動かす今、ZUIKOは新たなステージを目指そうとしています。

事業内容

PHOTO

当社で生産する機械は全長約40~50mにもなります。クライアントのニーズに応じて作り上げるZUIKOの機械は、世界最高級と言われる日本の衛生用品の品質を支えています。

■紙おむつ製造機
国内90%という圧倒的トップシェアを誇る当社の中核事業の一つです。
日本の紙おむつは肌ざわりのよさや使い勝手の良さから国内だけでなく、海外からも高い評価を得ており、実はそのほとんどが当社の製造機から生まれています。
近年では日本にとどまらず、世界(特にアジア市場)へ飛び込んでおり、"MADE IN JAPAN"や"ZUIKO"ブランドを多くの消費者やメーカーに知ってもらうチャンスが増えてきたと感じています。

■女性用サニタリー用品製造機
当社の機器が社会に送り出した『イージーラップ(三つ折り・梱包包装一貫製造ライン)ナプキン』は業界に革命を起こしました。
製品にコンパクトで携帯に便利であるという、消費者にとってのメリットをもたせるだけでなく、大幅な工程短縮とコスト削減を実現したのです。ますます社会進出する女性のニーズに応えるためにスポーツタイプ、デオドラントタイプ、パンティライナーなど多様な製品の生産機器にも力を注いでいます。
ZUIKOはこの分野の製造機の開発においても国内トップシェアを誇っています。

■その他生産機器
当社は紙おむつや生理用ナプキンの生産機器を製造する過程においてペット用シート、母乳パッド・失禁パッドなど多様な派生商品の生産機器も開発してきました。
長年の生産機器の開発で得たノウハウを別の分野で活かしていこうという当社の企業姿勢です。
本社郵便番号 566-0045
本社所在地 大阪府摂津市南別府町15-21
本社電話番号 06-6340-2215
設立 1963年4月3日
資本金 18億8,851万円
従業員 310名(2018年2月)
売上高 220億9,314万円(2018年2月期)
売上高推移 272億6,300万円(2017年2月期)
335億5,900万円(2016年2月期)
276億5,800万円(2015年2月期)
287億8,500万円(2014年2月期)
221億1,614万円(2013年2月期)
162億8,857万円(2012年2月期)
120億1,766万円(2011年2月期)
90億2,412万円(2010年2月期)
91億6,651万円(2009年2月期)
事業所 工場:本社工場・鳥飼中工場・鳥飼上工場(第一・第二)・本町工場(第一・第二)・鶴野工場・大東工場・中島工場
関連会社 海外子会社:瑞光(上海)電気設備有限公司(中国)・ZUIKO INDUSTRIA DE MAQUINAS LTDA.(ブラジル) ・ZUIKO INC(アメリカ)・ZUIKO MACHINERY(Thailand)co.,ltd.(タイ)・PT.ZUIKO MACHINERY INDONESIA(インドネシア)

※インドネシア以外は100%出資子会社です。
沿革
  • 1963年4月
    • 瑞光鉄工(株)設立(大阪市東淀川区小松南通)
  • 1969年8月
    • 本社工場を大阪市東淀川区瑞光2丁目に移転
  • 1972年4月
    • 新ターンナップオムツ製造機械を開発
  • 1972年10月
    • パルプ粉砕機械を開発
  • 1973年1月
    • インドネシアよりナプキン製造機械1台受注。輸出第1号機
  • 1973年7月
    • 高速ナプキン製造機械を開発
  • 1978年4月
    • 第二工場を大阪市東淀川区瑞光2丁目に設置
  • 1980年1月
    • エラスティックオムツ製造機械を開発
  • 1980年12月
    • アメリカ・タンパックス社よりナプキン製造機械6台を受注
  • 1984年8月
    • 第三工場を大阪市東淀川区瑞光3丁目に設置
  • 1984年10月
    • 大人用パンツ型紙オムツ製造機械を開発
  • 1986年6月
    • 本社工場を現在地に移転(旧本社工場、第二工場を閉鎖)
      (株)瑞光と商号変更
  • 1989年10月
    • 大阪証券取引所(現:東京証券取引所)市場第二部(特別指定銘柄)に株式上場
  • 1994年12月
    • 鳥飼中工場を大阪府摂津市鳥飼中2丁目に設置
  • 1995年12月
    • 中国で合弁企業遼陽中達機械有限公司設立
  • 1996年1月
    • 大阪証券取引所(現:東京証券取引所)市場第二部銘柄に指定
  • 2003年3月
    • 海外子会社瑞光(上海)電気設備有限公司を設置
  • 2009年3月
    • ZUIKO INCをアメリカ シカゴに設置
  • 2012年10月
    • ZUIKO INDUSTRIA DE MAQUINAS LTDA.をブラジル サンパウロに設置
  • 2013年9月
    • ZUIKO MACHINERY(Thailand)co.,ltd.をタイ バンコクに設置
  • 2016年8月
    • PT.ZUIKO MACHINERY INDONESIAをインドネシア 西ジャワに設置
平均勤続勤務年数 9年1カ月(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13.4日(2018年度実績)

採用データ

取材情報

同期の若手3人がプロジェクトの中心となり、巨大な機械を完成させました!
新装置を搭載した1号機をヨーロッパのお客様のもとへ
PHOTO

先輩情報

より良い商品をめざして
磯田 大樹
2014年入社
28歳
京都工芸繊維大学
機械システム工学部
技術開発部(機械設計)
加工機部品の形状検討,図面作成
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)瑞光 管理部 人事採用チーム

〒566-0045
大阪府摂津市南別府町15-21

TEL :06-6340-7302
MAIL:zuiko-recruit@zuiko.co.jp
URL http://www.zuiko.co.jp/
交通機関 阪急京都線「相川駅」より徒歩20分
地下鉄今里筋線「井高野駅」より徒歩10分
大阪シティバス/阪急バス バス停「江口橋」下車 徒歩4分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp82487/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)瑞光(ZUIKO)【東証二部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ