最終更新日:2019/6/4

  • 正社員

鈴与マタイ(株)【鈴与グループ】

  • その他メーカー
  • 商社(鉄鋼・金属)
  • 商社(その他製品)
  • 環境・リサイクル
  • 商社(機械・プラント・環境)
本社
長野県
資本金
5,000万円
売上高
65億1,904万円(2018年8月期)
従業員
166名(男101名 女65名)(2018年9月1日時点)
募集人数
1~5名
  • 業種 その他メーカー、商社(鉄鋼・金属)、商社(その他製品)、環境・リサイクル、商社(機械・プラント・環境)
  • 本社 長野県
  • 資本金 5,000万円
  • 売上高 65億1,904万円(2018年8月期)
  • 従業員 166名(男101名 女65名)(2018年9月1日時点)
  • 募集人数 1~5名

クラフト紙袋、鋳物、太陽光発電システムなど幅広い商品を取り扱うメーカー兼専門商社です!

  • 積極的に受付中

営業の仕事に興味のある方募集中!! (2019/06/04更新)

合同説明会、会社説明会の情報等をお知らせしています。
6月の会社説明会の日程を追加しました!ぜひご参加ください。


◇◆◇会社説明会開催スケジュール◇◆◇

6月18日(火) 14:00~16:00
6月19日(水) 14:00~16:00
6月20日(木) 10:00~12:00/14:00~16:00

会社紹介記事

PHOTO
南側に設置された20kWの太陽光発電システムが目印の当社の本社棟です。事務所の電気はこの太陽電池で発電したものを使用しています。
PHOTO
新鮮な視点を持つ新入社員は会議でも多く意見が求められ、アイデアが採用されることも。風通しが良く和やかな雰囲気の社内は、新しさに挑戦する意識の高さがあります。

積極的に新しいものに取り組むことで、社会に確かな価値を構築しています。

PHOTO

「同じ理念を共有しつつも個性的な社員が多い当社は、森林に例えると雑木林。単一林に比べて台風や病害虫等の環境変化に強く順応力がある」と話す管理部長・塩川さん。

当社のロゴにも使用している「newest」の文字。「新興」の意訳であるこの言葉には、常に「最新の会社」であろうとする当社の姿勢が凝縮されています。
例えば、当社には、太陽光発電システムを主力商材とする「環境エネルギー事業部」という事業部があります。もともとクラフト紙袋のメーカーであった当社が、なぜ太陽光発電システムの専門商社として業界屈指の取扱量を誇るまでに成長することが出来たのか?そのカギは、「newest」にあると思っています。
遡ること約20年、国が初めて一般向けの太陽光発電システムに補助金を出した1994年に、当社の環境エネルギー事業部は産声をあげました。これは、新事業への挑戦という「newest」です。当時は、クラフト紙袋メーカーが畑違いの太陽電池の扱いを始めても、うまくいく訳がないと言われる事も少なくありませんでした。実際に立上げ当初は試行錯誤の連続でした。販売チャネルは?市場のニーズは?広告宣伝はどうやる?苦心しながら、手探りで一歩一歩進む日々は、毎日新しい課題が沸き起こる「newest」の連続でした。そうした課題に対し、論理をしっかりと積み重ね、解決をしていく中で、今の当社の環境エネルギー事業は、出来てきたといえると思います。
これはほんの一例ですが、同じ事の繰返しは退行と考える当社では、各部署に、人それぞれに、日々「newest」が生まれているといっても過言ではありません。当社の特長の一つ「newest」についてご紹介させて頂きました。

会社データ

プロフィール

当社は約70年前の1946年に長野県佐久市で創業しました。

創業当初は、麻袋(マタイ)の製造・販売をしていましたが、
時代の流れとともに麻袋の需要が低下。
麻袋に代わって、クラフト紙袋を製造・販売するようになりました。

クラフト紙袋の販売拡大を目指すなか「袋の中身の販売」という視点に着目。
ここから「クラフト紙袋のメーカー」としてだけではなく、
「様々な商品を販売する商社」としての事業をスタートさせました。

現在では「物流・包装資材事業部」「商事事業部」「環境エネルギー事業部」の
3事業部体制で事業を行っています。


袋の販売という物流・包装資材事業からスタートした当社が、
商事事業、環境エネルギー事業と様々な事業を展開するに至った背景には、
常に最新の会社でありたいという思いがあります。

最新を意味する造語「newest」を合言葉に、
ここ数年だけでも鈴与グループへの加入、全社的な営業マニュアルの整備、
衛生面に配慮した工場設備の導入、ノートPC・スマートフォン等の
最新システムの導入、風力発電事業への参入検討、小水力発電事業会社への
出資等様々な取り組みを行って参りました。


また、新しい取り組みは事業に関してだけではなく、
社員が働く環境の面でも様々な取り組み行っています。

2012年には新事務所を建設。
明るく広々としてオフィスはパーテーションなどの仕切りがなく、
全部署の営業・事務の社員約60名が同じフロアで仕事をしています。

ワークライフバランスを充実させる取り組みとして、
労働時間短縮のための業務効率化にも力をいれています。
2018年からは優れた業務効率化の取り組みを表彰する改善提案制度を
新しく開始しました。

2019年度の年間休日は111日を予定していますが、
2012年と比較すると7年間で10日休日が増えました。
休日日数を増やすことができたのも、この業務効率化の取り組みが大きく
関係しています。


今後も「newest」の志のもと、事業を通じての社会への貢献、
より働きやすい職場環境の整備に取り組んでいきます。

事業内容

PHOTO

当社工場で製造するクラフト紙袋。食品や化成品、飼料などの容器として幅広い業界で使用されています。

当社は、メーカー兼商社として3つの事業を行っています。
3事業ともBtoBの形態をとっており、日本各地の企業と取引きがあります。


■「産業を包む」物流・包装資材事業部
・メーカーとして大型のクラフト紙袋のデザイン・設計から印刷・加工・縫製
 まで、すべての工程を自社工場で行っています。
・工場では1日に最大15万枚の製造が可能であり、国内でも最大規模の
 クラフト紙袋工場です。
・製造する紙袋は、食品や化成品などを製造する各種メーカー様を中心に
 様々な企業でご利用いただいています。


■「日本のものづくりを支える」商事事業部
・商社として金属製品、凍結防止剤、土木建設資材等の販売を行っています。
・金属製品の販売では、原材料から製品の完成までを当社にてプロデュースし、
 メーカーに近い商社として活躍しています。
・主なお客様は、機械メーカーや化学品メーカー、官公庁などです。
・当社で取り扱っていない、新しい商品の発掘にも取り組んでいます。


■「地球環境を守る」環境エネルギー事業部
・商社として太陽光発電システムの設計、施工、販売を行なっています。
 20年以上の経験、実績があり、太陽光業界の中でもかなり早い段階から
 販売を続けています。
・太陽光発電システムの他、蓄電池やエコキュートなどの販売も行っています。
・主なお客様は工務店や訪問販売の企業です。長年の経験を活かし、商品の販売
 だけではなく、販売手法、施工技術、関連法規等に関するお客様への
 コンサルティングも行なっています。 
本社郵便番号 385-0051
本社所在地 長野県佐久市中込1-10-1
本社電話番号 0267-62-1111(代表)
創業 1946(昭和21)年
設立 1967(昭和42)年2月
資本金 5,000万円
従業員 166名(男101名 女65名)(2018年9月1日時点)
売上高 65億1,904万円(2018年8月期)
売上高推移 実績年月   売上高
──────────────
2018年8月   65億1,904万円
2017年8月   69億1,761万円
2016年1月  117億3,327万円
2015年1月  158億9,344万円
2014年1月  162億7,591万円
2013年1月  125億6,784万円
2012年1月   98億7,354万円
※2016年より決算期を8月へ変更しています。
総資産および純資産 総資産:47億7,568万円
純資産:36億1,607万円
(2018年8月期)
基本理念 理は道 理は利
経営目標 理に則った新しさへの挑戦を通じて、
社会に確かな価値を生み出すとともに、
社員に成長の機会と生活の安定を提供する。
行動指針 1. ゆっくりと、立体的に理解する。
2. 新しさを尊重し、変化を楽しむ。
3. 勇気と敬意をもって人と交わる。
事業所 ■本社・工場(長野県佐久市中込1-10-1)
■さいたま支店(埼玉県さいたま市北区櫛引町2-271-1)
組織 ■管理部
 ・経営財務企画課、管理課

■物流・包装資材事業部
 ・営業課、品質管理課、生産管理課、製品管理課、第1工程課、第2工程課、
  第3工程課、製品加工課、コンテナ製品課

■商事事業部
 ・技術営業課

■環境エネルギー事業部
 ・営業課、技術サービス課

■さいたま支店
平均年齢 38歳
代表者 代表取締役社長 谷津 和孝
許認可 ■建設業許可(許可番号(特-24)第22930号)
■ISO9001:2000(登録番号 JQ1732D)
  認証範囲
  1. クラフト紙袋の設計・開発及び製造
  2. フレキシブルコンテナの設計・開発及び製造
  3. 鋳造部品及び金属加工部品の製造委託
取引銀行 八十二銀行、三井住友銀行、長野銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行
加盟団体 ・(社)長野県環境保全協会 ※
・(社)太陽光発電販売施工協会 
・自然エネルギー信州ネット
・自然エネルギー佐久地域協議会
・日本太陽エネルギー学会
・全国クラフト紙袋工業組合
・日本フレキシブルコンテナ工業会
・豊かな環境づくり佐久地域会議
 他
 ※ 当社関係者が理事を務める団体
沿革
  • 1946年
    • 麻袋(マタイ)の製造・販売を目的として新興麻袋を創業。
  • 1952年
    • クラフト紙袋の製造を開始。
  • 1966年
    • 商事事業を開始。
  • 1967年
    • 新興マタイ(株)設立。
  • 1994年
    • 太陽光発電システムの販売を開始。
  • 1999年
    • 京セラのフランチャイズ全国第1号店として、
      京セラソーラーFC佐久を開設。
  • 2003年
    • ISO9001認証取得。(認証範囲:クラフト紙袋、
      フレキシブルコンテナの設計・開発及び製造)
  • 2004年
    • 太陽光発電システム研究棟を建設。8種類の太陽光発電
      システムが、同一条件で比較可能となる。
  • 2006年
    • 研究棟の太陽電池にて得た売電収入を、
      長野県環境保全協会および佐久市に寄付。(現在も継続中。)
  • 2008年
    • 環境省メガワットソーラー共同利用モデルとして、
      佐久市に合計430kW の発電設備を設置する。
  • 2010年
    • ・佐久市内の小中学校に、合計250kW の発電設備を設置。
      (スクール・ニューディール)
      ・「PV EXPO」、「PV JAPAN」に出展。
  • 2011年
    • 鈴与グループ入り。
  • 2012年
    • ・新本社棟完成。
      ・第4代社長に谷津和孝が就任。
  • 2014年
    • ・サッカーJ1清水エスパルスとスポンサー契約締結。
      ・株式会社京セラソーラーコーポレーションの
       『トップフランチャイジー賞』を受賞。
      ・太陽光発電システム研究棟をリニューアル。
       主要メーカー製品に加え、軽量モジュールを新たに追加。
  • 2016年
    • 社名を「新興マタイ(株)」から「鈴与マタイ(株)」へ変更。
  • 2017年
    • 小水力発電事業会社への出資を行う。
平均勤続勤務年数 10年(2018年8月期実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間45分(2018年8月期実績)
前年度の育児休業取得対象者数 4名 うち 男性4名、女性0名(2018年8月期実績)
前年度の育児休業取得者数 新規0名(2018年8月期実績)
※前年度から継続しての取得1名(女性)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%(2018年8月期実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 管理部管理課 伴野茜(ともの あかね)
〒385-0051長野県佐久市中込1-10-1
TEL:0267-62-1111(代表)
URL http://www.newest.ne.jp
E-mail 伴野 茜:a.tomono@newest.ne.jp
交通機関 JR小海線「中込駅」より徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp82997/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
【有力企業グループ特集】鈴与グループ

ページTOPへ