最終更新日:2019/4/22

  • 正社員
  • 上場企業

(株)新日本科学【東証一部上場】

  • 薬品
  • 受託開発
本社
東京都
資本金
96億7,907万円
売上高
107億800万円 (株)新日本科学/2018年3月期
従業員
907名
募集人数
36~40名
  • 業種 薬品、受託開発
  • 本社 東京都
  • 資本金 96億7,907万円
  • 売上高 107億800万円 (株)新日本科学/2018年3月期
  • 従業員 907名
  • 募集人数 36~40名

「60年、そして100年企業へ」

(株)新日本科学 新卒採用チームです。 (2019/03/01更新)

こんにちは!
(株)新日本科学 新卒採用チームです。

以下の職種の説明会を開催致します。
【前臨床事業部】
・研究職(創薬に関わる安全性試験、薬物動態試験、分析試験等)
日本国内ではトップクラスのシェアを誇る前臨床受託機関です。近年、バイオ医薬品関連の試験や、海外製薬企業からの試験の受託が増えています。また再生医療等にもいち早く取り組んでおります。

・研究職※統計解析担当(生物統計の手法を用い、前臨床試験結果の解析・検証を担う)
主にSASプログラミング・システムを利用した統計解析業務を行っております。

【トランスレーショナルリサーチ事業】
・創薬開発職
弊社は、製薬会社が医薬品開発を行う過程で必要不可欠となる、安全性や有効性の試験データを提供する受託研究機関として、半世紀以上にわたり飛躍を続けてきました。この間実績を重ねるなかで、SNBLグループは日本、米国、中国、カンボジアとグローバルに事業を展開し、医学分野における一貫した研究受託のサービス体制を確立。その総合力を活かしながら、現在では世界中のクライアントが抱えるあらゆる創薬ニーズにお応えするとともに、基礎研究から後期臨床試験に至るまで、医療における研究開発のあらゆる分野において迅速かつ的確にサービスを提供しています。

・事務系総合職
管理部門(事業戦略、財務、経理、総務、人事等)や直接部門への配属)事業領域および事業エリアの拡大に伴い、今まさに変革の時期を迎えております。こうした中で、将来的に経営の中核を担い、幹部候補として様々な活躍が期待できる人材を求めています。
説明会のご予約をお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
SNBLは、医薬品開発試験のプロセスを一貫して受託可能な新日本科学グループの母体であり、前臨床試験受託における国内トップクラスの企業。
PHOTO
専門性とコミュニケーション力を身につけながら、着実に大きく成長できる環境がある。東京本社が入るビルには、隅田川を見ながらリラックスできるオープンスペースも完備。

「60年、そして100年。」

PHOTO

経営者マインド研修と称し、全社員に毎朝メールで仕事の心得や人生の意義など、メッセージを発信する永田良一代表取締役社長。仕事の基本は「感謝すること」と語る。

新日本科学は、1957年日本初の医薬品開発受託研究機関として創業しました。日本各地、そして世界へと舞台を広げ、医薬品開発のあらゆるフェーズにおける支援を行っています。
近年では世界規模での受託事業に加え、基礎研究から臨床研究へと橋渡しをする、トランスレーショナル・リサーチ事業にも力を注いでいます。2012年には、
東京理科大学(設立当時東京大学) 和田教授、ハーバード大学 Gregory L. Verdine教授とのコラボレーションで「Wave Life Sciences Ltd.」を設立しました。この会社は昨年11月、米国ナスダック市場に上場し大きなニュースとなりました。日系のバイオベンチャーが米国で上場し高い評価を受けることは、非常に稀です。このことは今後の海外事業展開に好影響を与えると確信しています。

私たちのこうした歩みの根本には、「創薬と医療技術の向上を支援し、人類を苦痛から解放する」という使命、そして「環境、生命、人材を大切にする会社であり続ける」という理念があります。変化を恐れず果敢に挑戦し続ける一方、卓越した技術を磨き、深い信頼を構築し、変わらない理念を受け継いできました。

私たちの使命と理念に共感できる人。自分自身の成長のための努力を惜しまない人。そして、仕事の先にある一人ひとりの幸せに貢献したいと願っている人。そんな人材と共に未来へ向けた歩みを進めて行けることを願っています。

会社データ

プロフィール

■(株) 新日本科学
1957年、日本初の医薬品開発受託研究機関として鹿児島に誕生しました。1960年に前臨床試験受託を開始して以来、約60年にわたって経験とノウハウを蓄積し、前臨床試験受託ナンバーワン企業に成長、国内において確固たる事業基盤を築いています。近年では、研究者やバイオベンチャーを支援し、協働関係を構築する新事業領域、「トランスレーショナル・リサーチ事業」にも積極的に取り組んでいます。また、日本国内に留まらず、欧米や中国に現地法人を設立。いち早くグローバルバリューチェーンを構築し、総合力を世界に向けて発信しています。

事業内容
  • 受託開発

PHOTO

■(株) 新日本科学
 ・医薬品開発受託事業
  前臨床試験受託:安全性試験、薬物動態試験、分析試験
 ・トランスレーショナル リサーチ事業 
  創薬支援:シーズ技術・新規物質開発支援、経鼻投与技術研究開発
募集会社1 本社郵便番号 104-0044
募集会社1 本社所在地 東京都中央区明石町8-1 聖路加タワー28階
(株)新日本科学
募集会社1 本社電話番号 03-6278-7121
創業 1957年4月
設立 1973年5月
資本金 96億7,907万円
従業員 907名
売上高 107億800万円 (株)新日本科学/2018年3月期
売上高推移 2009年3月期 125億5,881万円【単体】 195億4,021万円【連結】
2010年3月期 128億9,874万円【単体】 190億5,031万円【連結】
2011年3月期 126億2,077万円【単体】 173億7,194万円【連結】
2012年3月期 108億9,891万円【単体】 152億7,396万円【連結】
2013年3月期 114億2,894万円【単体】 171億5,405万円【連結】
2014年3月期 125億6,300万円【単体】 169億2,639万円【連結】
2015年3月期 132億7,472万円【単体】 178億3,503万円【連結】
2016年3月期 95億7,541万円【単体】 147億5,007万円【連結】
2017年3月期 99億1,954万円【単体】 172億4,450万円【連結】
2018年3月期 107億0,806万円【単体】 166億0,055万円【連結】
関連会社 (株)新日本科学PPD
SNBL Nature(株)
(株)CLINICAL STUDY SUPPORT
AXIS(株)
SNBLアセットマネジメント(株)
Bhutan Fortune(株)
(株)メディポリスエナジー
ふれあい・ささえあい(株)
SNBL U.S.A., Ltd.
University Medicines International, LLC.
Ruika Therapeutics, Inc.
新日本科学(亜州)有限公司
肇慶創薬生物科技有限公司
SHIN NIPPON BIOMEDICAL LABORATORIES (CAMBODIA) LIMITED
ANGKOR PRIMATES CENTER INC.
TIAN HU (CAMBODIA) ANIMAL BREEDING RESEARCH CENTER Ltd.
福澤科技(嘉興)有限公司
Koufuku International Private Limited
(株)新日本科学ファシリティーズ
(株)メディポリス
(株)GEMSEKI
トランクソリューション(株)
FREESIA HD,Inc.
沿革
  • 1957年-1975年
    • ・鹿児島市に南日本ドッグセンター(動物病院併設)を創業
      ・日本で最初の受託研究機関として安全性試験(前臨床試験)の受託開始
      ・商号を「(株)新日本科学」に変更
  • 1983年-1991年
    • ・GLP対応の安全性試験開始
      ・米国支社をメリーランド州に設立
      ・米国支社をSNBL U.S.A.,Ltd.(現連結子会社)として分社
  • 1998年-1999年
    • ・和歌山海南市に薬物代謝分析センターを新設、分析及び薬物動態試験を受託開始
      ・臨床開発事業本部を東京と大阪に新設、SNBL U.S.A.,Ltdをワシントン州に移転し、安全性研究所を新設
  • 2003年-2004年
    • ・東京証券取引所マザーズ市場上場
      ・米国メリーランド州立大学ボルチモア校内にSNBL CPC, IncのPhase1施設開設
  • 2005年
    • ・米国メリーランド州立大学ボルチモア校内にSNBL CPC, IncのPhase1施設開設
      ・Translational Research (株)の経鼻投与技術のライセンス導出並びに(株)バイオアクティスの経鼻デバイスの販売につき、Tokai Pharmaceuticals, Inc.(本社:米国マサチューセッツ州)と基本契約締結
  • 2008年-2016年
    • ・東京証券取引所市場第一部へ市場変更
      ・安全性研究所がAAALAC International完全認証取得
      ・臨床事業を分割会社とし、(株)新日本科学PPDを分割承継会社とする会社分割を行い、国内のグローバル臨床試験の実施体制を構築
平均勤続勤務年数 (株)新日本科学
10.7年(2018年3月末時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) (株)新日本科学
15.0時間(前年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 (株)新日本科学
28名(うち女性28名)(前年度実績)
前年度の育児休業取得者数 (株)新日本科学
28名(うち女性28名)(前年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 (株)新日本科学
16.7%(前年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 採用担当窓口
鹿児島本店:
住所:〒891-1394 鹿児島県鹿児島市宮之浦町2438番地
TEL:099-294-1064

※採用・選考は各社、各拠点で行います。
※他拠点での説明会、面接についても、上記鹿児島の窓口までご連絡をお願いします。
交通機関 【東京本社】
*東京メトロ日比谷線「築地」駅徒歩約7分
*東京メトロ有楽町線「新富町」駅徒歩約8分
*都営大江戸線「月島」駅徒歩約11分
*JR京葉線「八丁堀」駅徒歩約14分

【鹿児島本店】
*鹿児島空港から車で約25分
*JR鹿児島中央駅から車で30分
*鹿児島市街地から車で25分

【薬物代謝分析センター(和歌山)】
*JR紀伊本線「海南」駅徒歩約20分、海南駅から車で約10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp83375/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)新日本科学【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)新日本科学【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ