最終更新日:2019/3/20

  • 正社員
  • 既卒可

鮮コーポレーション(株)【すし鮮・すし辰 他】

  • 外食・レストラン
本社
広島県
資本金
1,000万円
売上高
26億1,000万円 (2018年3月期予測)
従業員
68名(他パート・アルバイト460名)
募集人数
6~10名
  • 業種 外食・レストラン
  • 本社 広島県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 26億1,000万円 (2018年3月期予測)
  • 従業員 68名(他パート・アルバイト460名)
  • 募集人数 6~10名

「新鮮な日々 鮮やかな人生を生きる」をモットーにフードビジネスを展開。社員の幸せを何よりも考えています!

  • 積極的に受付中

2020新卒 第1回会社説明会☆ (2019/03/20更新)

こんにちは!採用担当の小森智恵子です。



3月19日(火)第1回の会社説明会をおこないました!!


マイナビ合説でお会いした皆さま、留学生合説でお会いした皆さま、6名のご参加!!国際色豊かな開催となりました。


まず、雑談しながらワッフルを食べる・・・という一風変わった会社説明会。せっかく来てくださったのですから、緊張したまま話しを聞くだけで帰るのではなく、対話することを重視して、聞きたいことを気軽に尋ねることが出来る雰囲気を、まずは作りたい!!というのが、私たちの想いなんですよね(^^♪



ただ、楽しく終わるわけではなく合説でお伝えできなかった、会社のこと、働くスタッフのこと、動画や資料を見ていただきながら、取締役・人財開発部部長・社長と話しは続きました・・・。


次回は3月28日、4月11日と開催します。たくさんの学生さんに出会える機会。私たちも楽しみにしています!!



会社紹介記事

PHOTO
2018年3月、広島駅の「ekie」に新店がオープン。世界中から多くの人が訪れる広島の玄関口で、新たな食の魅力を発信していきます。
PHOTO
美味しいものへの追求や食材へのこだわりはどこにも負けません。お寿司を楽しんでいだける場所として、これからもブランド力を高めていきます。

今こそ変革の時。新たな“おいしい広島の食”の発信とブランディングへの挑戦

PHOTO

「元気なあいさつや笑顔に自信のある方をお待ちしています!積極的に自分の仲間を作っていくような気持ちで取り組んでみませんか?」【西田取締役】

鮮コーポレーションは、広島県庄原において祖父が70年前に創業した鮮魚店からのスタートでした。その後、私の父が社長に就任したことをきっかけに、食材を通じた新たな事業に挑戦。以来、本格グルメ回転寿司「すし辰」「すし鮮」をはじめとし、広島県内で多くの店舗を展開し、変化と成長を続けてきました。

現在、当社は大きな変革の時を迎えています。2018年春に広島駅の「ekie」、そして広島西風新都の「THE OUTLETS HIROSHIMA」にそれぞれ新店舗をオープン。広島で愛される企業として、これらをフラッグショップとし瀬戸内海の食材を発掘するなど地域色を出しながら、新たな“おいしい広島の食”をブランディングしていきたいと考えています。また、私が過去に海外の食品業界で働いていた経験もあり、将来は海外進出も視野に入れています。広島から世界に挑戦していくことで更なる成長を目指していきます。

また、当社は、「新鮮な日々 鮮やかな人生を生きる」を経営理念に掲げ、ここで働くスタッフの幸せを何よりも大切に考えています。働く者の人生が充実してこそ、お客様にも良いものを提供し、喜びを感じていただくことができる。現在の鮮コーポレーションの基礎を築いた父が、その人生経験から得た経営哲学でもあります。私自身も、店舗の印象を左右するのはスタッフであることを実感しています。だからこそ、人同士の関わりを大切にしたい、社員やその家族の幸せも見守りたい、そんな思いで人材育成にも積極的に取り組んでおり、一人ひとりの成長を考えた働きやすい制度の改革も進めています。
具体的には、家族の記念日などにお休みがとれるアニバーサリー休暇制度、学びたい意欲を書籍購入補助手当として支援する教育サポート制度、新入社員が働きたい店舗を自ら選べる配属逆指名制度などを導入予定。さらに社員の評価を成長シートに沿って行う人事考課制度も、さらなる充実に向けて改定に動いています。

受け継がれる歴史をバックボーンとし、新しいことに果敢にチャレンジしていく当社。柔軟な発想や変化を楽しみたいという方にはまたとない環境が整っています。

(取締役 西田 龍一)

会社データ

プロフィール

「食文化」という文化を極めたい。「すし鮮」「すし辰」「カルビ屋大福」「鄙の料亭 地御前」など、躍進を続けています!
「自分の働く店に、そこで働く自分に、誇りを持てる会社にしたい」
(代表取締役 西田 昌史)

私の20代は、家業である鮮魚店を継ぐことになったものの、仕事がイヤでイヤで仕方がなかった。何の目的も持たず、何の勉強もしない20代でした。
ところが30歳の時に父が他界したことをきっかけに、一人では何もできない自分に気づき、同時に、人は最後は自分の足で立って進んでいかないといけないのだと知りました。
その経験から、当社では、社員教育に力を入れています。どこでも通用する人材になってほしいからです。
また、社員のやる気や仕事を正当に評価し、利益を社員に還元する。
会社の利益第一にならぬよう、人を育てる。当社を支える社員が意欲的に仕事に取り組めるよう、『評価制度、教育制度、風通しの良い社風』など、社員が働きやすい環境づくりに力を入れています!

学生の皆さん、私たちとともに『食』で広島県を盛り上げていきましょう!

事業内容
1.本格グルメ回転寿司「すし鮮」「すし辰」のチェーン展開事業
2.新しいスタイルの焼肉屋「カルビ屋大福」のチェーン展開事業
3.鮮魚販売事業「新鮮市場」の経営
4.宮島外苑「鄙の料亭 地御前」の経営
本社郵便番号 727-0013
本社所在地 広島県庄原市西本町2-18-8 新興ビル4F
本社電話番号 0824-72-0135
創業 1949年
設立 1984年4月
資本金 1,000万円
従業員 68名(他パート・アルバイト460名)
売上高 26億1,000万円 (2018年3月期予測)
売上高推移 24億2,500万円(2015年3月期)
26億2,100万円(2016年3月期)
25億6,700万円 (2017年3月期)
26億1,000万円 (2018年3月期予測)
勤務先 広島市、呉市、庄原市、三次市、東広島市、三原市、廿日市市
※2018年3月広島駅新幹線口、2018年4月イオンアウトレット広島、出店
平均年齢 平均年齢:36歳
詳細としては20代24% 30代47% 40代以上29%です
沿革
  • 1949年
    • 創業「西田鮮魚店」西田昌男(故人、西田昌史社長の父) 
  • 1979年 7月
    • 庄原市のショッピングセンター ジョイフル開業と同時に「西田鮮魚店」出店
  • 1982年10月
    • 西田昌男 57才 他界 現社長 西田昌史 継承
  • 1999年7月
    • グルメ型 本格回転寿司 「すし鮮 西条店」(東広島市)開店 
  • 2001年4月
    • 「鮮コーポレーション(株)」に社名変更
  • 2001年 7月
    • ファミリー型焼肉店 「カルビ屋大福 西条店」(東広島市)開店 
  • 2008年5月まで
    • 鮮魚店1店舗、回転寿司5店舗、焼肉店2店舗と拡大
  •  2008年6月
    • 和食店「鄙の料亭地御前」(廿日市市)開店
  • 2015年6月まで
    • 回転寿司3店舗 開店。寿司部門、広島県内に8店舗となる。
  • 2018年3月
    • 広島駅新幹線口、EKIE飲食フロアに、
      「すし辰 ekie店」オープン
  • 2018年4月
    • 広島市五日市市のTHE OUTLET HIROSHIMAに、
      「すし鮮 THE OUTLET HIROSHIMA店」オープン
平均勤続勤務年数 2017年度 10年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2017年度 30時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒727-0013
広島県庄原市西本町2-18-8新興ビル4F
鮮コーポレーション(株)
採用担当窓口
TEL:0824-72-0135
URL http://www.v-style.co.jp/
E-mail saiyo@v-style.co.jp
交通機関 JR芸備線「備後庄原駅」から徒歩15分
「庄原バスセンター」から徒歩15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp86884/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
鮮コーポレーション(株)【すし鮮・すし辰 他】 と業種や本社が同じ企業を探す。
鮮コーポレーション(株)【すし鮮・すし辰 他】 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ