最終更新日:2019/3/4

  • 正社員
  • 既卒可

(株)青森テレビ

  • 放送
本社
青森県
資本金
3億円
売上高
37億8,800万円(2018年3月実績)
従業員
115名(2019年2月現在)
募集人数
若干名
  • 業種 放送
  • 本社 青森県
  • 資本金 3億円
  • 売上高 37億8,800万円(2018年3月実績)
  • 従業員 115名(2019年2月現在)
  • 募集人数 若干名

キャッチコピーは“ハートにジンジン。ATV” 「心にひびく」ニュース・情報・エンターテイメントをお届けします!

採用担当者からの伝言板 (2019/03/01更新)

2020年度卒の新卒採用を開始いたしました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
災害発生時「確固たる情報源」として、全ての社員が使命感を持って望みます。志を持って地域を守る「チームATV」多彩な発想力で地域を元気にする「チームATV」
PHOTO
2018年4月入社・千葉県出身の岸波香桜さん。報道記者として県内で起きた事件や事故の現場に赴き、取材してます。休日は温泉や観光スポットでリフレッシュしています。

チームATVを掲げ、節目を迎える。これからも地域から愛される放送局を目指して

PHOTO

番組と企業と視聴者を繋ぐ「放送局の大黒柱」営業部に所属する舘野さん(写真左)と、番組を確実に視聴者に届ける「放送局の要」技術部に所属する渡辺さん(写真右)

【技術局技術部 渡辺拓樹/2007年入社】
私が所属する「技術」という仕事は、番組放送を視聴者に届けるために絶対に必要な役割です。放送局の要と言っても過言ではない中枢を担う部分だと自負しています。
現在は、制作技術として、社内外で制作した番組のカメラマンやスイッチャー(カメラの切り替え作業)、中継車の操作、VIDEOエンジニア、スポーツ中継の技術担当などを、複数人でシフトを組み担当しています。弊社の強みはジョブローテーションで業務の効率化を図っているところ。専門分野に特化する会社と違い、全員が同じレベル、同じスキルで、全業務を担当できるオールラウンドプレイヤーになります。突発的に入ってくるニュースや予想できない自然災害があっても、誰でも対応できるとともに、他の人のサポートも可能になります。まさに「チームATV」。2019年12月に迎える「開局50周年」もこのチームであれば、視聴者に喜んでもらえる番組作りができると思っています。
日々進化するメディア業界で、新しい事に取り組み、新しい技術を身につけ、よりよいモノを提供できるようにチーム力で高みを目指したいと思います。


【営業局営業部 舘野雄真/2015年入社】
放送局の大黒柱が「営業」という仕事だと思っています。主な業務内容は、テレビ番組のコマーシャル枠をスポンサー(企業)様や広告代理店様に企画・提案することです。入社半年間は上司に同行し、営業のノウハウを学びました。当時、直属の上司が営業部次長(管理職の方)だったため、取引先の社長様や役員の方と商談できたことはとても貴重な経験になりました。一般的な「営業(物販)」との違いは、顧客のニーズに対して、市況の調査や視聴者の動向、放送時間帯、年齢層などのメディア・マーケティングを行い、目に見えない“広告を販売する”ということ。効果測定がしにくい分、直接お客様に伺い、いただいた情報を社内共有したり、次の提案に繋げたりしています。
入社から4年目になり、着実に実績や経験を積み上げてはいますが、営業という仕事はまだまだ奥が深い職種だと感じます。入社当時の夢である「制作ディレクター」を追いつつも、営業として今やるべきことを常に念頭におきながら、「舘野くんだから頼みたい」と、“企画”ではなく、“人”に対して依頼してもらえるような営業担当を目指し、頑張りたいと思います。

会社データ

プロフィール

青森県内を放送エリアとするTBS系列の放送局です。1969年12月、青森県民待望の第2の民放局として放送開始し、2019年12月には50年を迎えるテレビ局です。
「県民に愛され、親しまれるテレビ局」を目指し、開局当初より自社制作番組に力を入れ、定時ニュースのほかに多くのレギュラー番組をてがけ、開局1年目にして月~金のベルト編成で生放送の生活情報番組草分け「おはようホームミラー」をスタートさせました。まもなくして「県民のテレビ局」として地域に根ざした、多彩で迅速な放送をしようと、当時として東北最大クラスのスタジオを完成させ、大型制作番組を可能としました。その後、1976年には県内のテレビ局としては初の夕方6時台に月~金ベルトの「ATVニュースワイド」を編成し、小型中継車の機動性を駆使したライブニュースをお茶の間へ届けました。時は移り変わり、デジタル放送に移行する今日まで「地域に根ざした」番組を送り続け、開局依頼掲げてきた「県民に愛され、親しまれるテレビ局」をモットーとして今日に及んでいます。
本社は青森市にあり、県内はもとより、東京・大阪・仙台にも支社を設置して各地域で営業活動や取材活動を行っています。
開局以来、ローカル局の使命として一貫し続けている生活情報番組は「おはようホームミラー」「おしゃべりハウス」とDNAを受け継ぎ2015年4月から夕方ワイド情報番組「わっち!!」へと引き継がれ、生活に密着した旬な情報やホットなニュースをお届けしています。
放送以外では、文化・芸能イベントなどを企画、開催し地域文化の向上にも力を入れていて、多彩な事業活動により地域に根ざした放送局として活動を行っています。また積極的に地域文化団体や小・中学生の社内見学を積極的に取り組み、青森テレビを知ってもらう努力を行っています。
めまぐるしく変化する時代の中で、私たちは地に足をつけ、番組を通じて、身近なテレビ局として地位を確立するための努力をおしみません。

事業内容

PHOTO

青森県をエリアとした民間放送事業。ほかに政治、経済、スポーツ、文化面の各種事業を開催。番組編成面では、JNNネットワークに加盟。

■放送事業
■放送番組の企画・制作
■文化事業
■デジタルコンテンツの制作・販売
本社郵便番号 030-8686
本社所在地 青森市松森1-4-8
本社電話番号 017-741-2233
設立 1968(昭和43)年12月23日
開局 1969(昭和44)年12月1日
資本金 3億円
従業員 115名(2019年2月現在)
売上高 37億8,800万円(2018年3月実績)
事業所 ■本  社:青森市松森1-4-8 
■東京支社:東京都中央区銀座3-9-11 紙パルプ会館7F
■大阪支社:大阪市北区中之島2-3-33 大阪三井物産ビル4F
■弘前支社:弘前市上鞘師町18-1 弘前商工会議所会館4F
■八戸支社:八戸市長苗代二日市10-3
■仙台支局:仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル2F
■むつ支局:むつ市中央2-26-36
関連会社 (株)エイティーブイ・ビジョン
沿革
  • 1969(昭和44)年
    • テレビジョン放送局本免許が交付され、青森県内、第2の民放局として本放送を開始
  • 1970(昭和45)年
    • 自社制作レギュラー番組「おはようホームミラー」スタート
  • 1976(昭和51)年
    • 毎週月~金曜日、報道番組「ATVニュースワイド」放送開始
  • 1985(昭和60)年
    • 本社新社屋が完成、移転。新社屋での業務開始。
  • 2006(平成18)年
    • 「ハートにジンジン、ATV。」をキャッチコピーに
      マスコットキャラクターとしてJINKOちゃんを起用。
  • 2015(平成27)年
    • 夕方ワイド情報番組「わっち!!」放送スタート
月平均所定外労働時間(前年度実績) 14.8時間(2017年度 実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒030-8686
青森県青森市松森1-4-8
総務局総務部 採用担当 澤頭
TEL:017-741-2233
URL http://www.atv.jp/
E-mail atv-soumu@atv.jp
交通機関 JR青森駅より 青森市営バス乗車「栄町1丁目」下車 徒歩10分(料金200円)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp87180/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)青森テレビと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)青森テレビを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ