最終更新日:2019/6/18

  • 正社員
  • 既卒可

医療法人社団元気会(横浜病院)

  • 医療機関
  • 福祉サービス
  • 教育
  • 専門コンサルティング
  • サービス(その他)
本社
神奈川県
資本金
200万円
事業収入
21億3,000万円(2018年3月期実績)
従業員
310名(常勤227名、非常勤83名)
募集人数
若干名
  • 業種 医療機関、福祉サービス、教育、専門コンサルティング、サービス(その他)
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 200万円
  • 事業収入 21億3,000万円(2018年3月期実績)
  • 従業員 310名(常勤227名、非常勤83名)
  • 募集人数 若干名

【経営革新推進賞受賞!】横浜病院だからこそ実現できる、医療と介護の融合。これからの超高齢社会で必要とされるプロフェッショナルになろう。

  • 積極的に受付中

『就職活動の教科書』プレゼント特典あり!採用直結説明会を開催中 (2019/06/18更新)

≪説明会参加特典:就活テクニック集をプレゼント!≫
・志望業界・業種の絞り込み方
・人事担当が履歴書をみるポイント
・志望動機・自己PRの考え方 など
*大学で実施される就活セミナーとは異なり、
実際に選考を行う人事担当の目線で解説します。

≪募集職種≫
・ケアキャスト(介護職)*既卒応募可能
・総合職(経営幹部候補)
・管理栄養士

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ケアキャストと医師や看護師、栄養士などによるチーム活動を展開。少数精鋭のチームで日本の高齢者医療におけるトップレベルの水準を目指しています。
PHOTO
入社後は専用の研修フロアで座学・実技講習に参加。人が基本と考える当院では、他病院の4倍以上もの教育研究費をかけて、介護のプロフェッショナルへと育てます。

超高齢社会の中核を担う、業界の先端をゆく人材を育てます。

PHOTO

”生きること”と向き合う仕事だからこそ、得られるやりがいや成長は計り知れません。当院独自の研修で学び、介護の最前線で活躍しませんか?(理事長/北島 明佳)

■認知症700万人時代の到来に向けて
日本の高齢化が急速に進み、2025年までには65歳以上の5人に1人が認知症になるというデータが厚労省の調査で明らかになりました。もはや介護の問題は、国民の誰もが関わらざるを得ない身近な問題となっています。これまで横浜病院ではいち早く高齢者医療に注力し、患者様にとって最適な医療・介護を提供するべく、さまざまな取り組みや事業を展開してきました。

例えば、新しい認知症ケア技法「ユマニチュード」の導入。当院にはインストラクター資格を持つ専門スタッフがおり、院内にこの技法を浸透させることで認知症症状の緩和に繋げています。また、認知症初期集中支援事業の受託、認知症外来の開設、訪問診療など、地域の医療・介護ニーズに合わせて私たちの果たすべき役割も進化しています。

■高齢者医療のエキスパートとして
当院では患者様にとって一番近い存在である介護職を“ケアキャスト”と呼び、一つの専門職として位置づけています。医師や看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師など多職種との連携を強めるほか、人材育成に努めています。

患者様ご自身が生きる喜びを見つけ、人生を楽しんでほしいという想いから、患者様お一人おひとりに合わせたケアを実践しています。

■学びを深め、広がるキャリアパス
当院では、若いうちから最先端の介護技術を磨くことが可能です。入社後はオリジナルの教育システム『介護開発室』にて、介護の基礎を習得。ケアキャストは院内イベントの企画や外部セミナーの運営などにも参加し、医師が講師を務めるセミナーでは、医療的知識も伝授しています。国家資格である介護福祉士の資格取得支援も充実。受験に必要な実務者研修を院内で受講できるほか、受験対策講座も外部講師を招いて実施します。介護職としてより高度な技術を習得できるだけでなく、活躍フィールドも無限に広がっています。
総合職においても、将来の中核としての活躍を期待しており、理事長直下の勉強会を通じて病院経営に関するマネジメント術を学びます。また、新たに『元気会ユニバーシティ』も発足させ、志向性に合わせたキャリア形成にむけて体制を強化しています。
当院では、“地域で共に生きる病院”というビジョンを掲げ、今後も新しい挑戦と改革を続けていきます。より高度な医療・介護サービスを目指す横浜病院で、あなた自身も大きく成長しませんか。

会社データ

プロフィール

■これまでの医療、介護の常識を覆す質の高いサービスの提供
医療法人社団元気会 横浜病院は、1981年の開院以来、
高齢者を対象とした療養型病院として多くの患者様と寄り添い、
質にこだわった医療・介護サービスを提供してきました。

たとえ病気があっても、最期まで楽しく、人間らしく過ごしてほしい。
そんな想いから、高度な医療体制と最先端の介護技術を強みに
患者様自身が生きる力を育めるようサポートしています。

慢性期医療において重要な認知症ケア・摂食嚥下・褥瘡治療の3領域では、
日本トップレベルを目指しています。
最新の認知症ケア「ユマニチュード」の導入や身体拘束ゼロ活動、
認知症外来の開設、認知症初期集中支援事業の受託、訪問診療の開始など、
社会的ニーズに合わせた専門性の高いケアを実践しています。

全ては患者様の明るく豊かな人生のために――。
私たちは努力を惜しみません。

■超高齢化社会を共に歩む介護のプロを育て上げる
2025年、日本の人口の約3割が高齢者になると言われており、
首都圏では現在の2倍近くになると見込まれています。

一方で、医療人材が不足しているのが現状。
限られた人数で増加する高齢者をケアしていくためには、
看護師や介護職の役割も一層拡大することが予測されます。

こうした現状の中で「量」の問題ばかりが叫ばれ、
医療や介護に関する「質」については決して十分な議論はなされていません。

だからこそ、長年、高齢者を対象とした療養型病院として
多くのご高齢の患者様と寄り添い続けた当院は、
介護の「質」についてもより一層充実させていきたいと考えています。

そのために取り組んでいるのが、ケアキャストの育成です。
患者様やご家族の満足を生むのは、最新の医療設備だけではありません。
医療も介護も、全ては「人」こそが本質。
ケアキャストを医師や看護師に並ぶ一つの専門職と位置づけ、人材の育成に投資をしています。

全国公私病院連盟が実施する病院経営実態調査によると、
収益における教育研究費の割合は0.4%。
それに対し、当院の教育研修費の割合はおよそ1.7%。
専門性を重視しているからこそ、待遇面も整えており、
給与水準も業界トップクラス。

万全な体制を築くことで、サービスの質的向上を実現し、
「この病院に来て良かった」と
満足していただけるプロフェッショナルを育成します。

事業内容

PHOTO

認知症ケア技法「ユマニチュード」を導入し、資格を持つスタッフが研修を実施。最適な介護を提供するべく、当院とスタッフの双方で技術力向上に励んでいます。

■療養型の病院だからこそ築ける患者様との絆

横浜病院は、在宅や介護施設での看護・介護が困難で、
長期の医療・療養を必要とする高齢者のための病院です。

普段みなさんが病気で利用する病院とは役割が異なり、
ご高齢の患者様を中心に入院の受け入れを行っています。

一般の病院では、治療を目的とし、短期間の入院が基本となりますが、
横浜病院のような療養型での入院期間は、
数カ月から数年と長期間であることが大きな特長です。

【病院理念】
◎こころを元気にする病院~医療・介護を通じてみんながしあわせになる社会をつくります~
◎患者様が「生きていてよかった」と実感できる場にします
◎私たちは人生の大先輩から学び、成長します
◎医療・介護を通じて、世界中の人々がしあわせになる社会づくりに貢献します

【病床数326床】
介護保険適用/112床、医療保険適用/164床、精神療養病棟/50床
本社郵便番号 226-0013
本社所在地 神奈川県横浜市緑区寺山町729
本社電話番号 045-933-1011
開院 1981(昭和56)年
資本金 200万円
従業員 310名(常勤227名、非常勤83名)
事業収入 21億3,000万円(2018年3月期実績)
事業収入推移 決算期       事業収入
────────────────
2006年3月      17億5,000万円
2007年3月      17億7,000万円
2008年3月      18億円
2009年3月      18億9,000万円
2010年3月      19億1,000万円
2011年3月      18億9,000万円
2012年3月      19億4,000万円
2013年3月      19億4,000万円
2014年3月      19億2,000万円
2015年3月      19億6,000万円
2016年3月      20億5,000万円
2017年3月      20億5,000万円
2018年3月      21億3,000万円
平均年齢 43.8歳
沿革
  • 1981年12月
    • 横浜病院創立、一般病床189床
  • 1989年10月
    • 病床数17床増床 206床
  • 1990年01月
    • 病床数70床増床 276床
  • 1991年02月
    • 個人病院を法人病院に変更
      医療法人社団元気会 横浜病院となる
      理事長 北島 淳
  • 2002年02月
    • 1号館(276床)療養病床として開棟する
  • 2003年06月
    • 2号館(50床)精神療養病棟として開棟
      1号館、2号館あわせて326床となる
  • 2006年04月
    • 理事長 北島 明佳
  • 2010年02月
    • JHQC Aクラス認証
  • 2012年04月
    • 理事長 北島 明佳、院長に就任
  • 2013年07月
    • JHQC Aクラス継続認証
  • 2014年11月
    • 箱崎 幸也、院長に就任
      理事長 北島 明佳、院長 箱崎 幸也 となる
  • 2016年01月
    • 元気会アカデミーマネジメントコース(GMC)開講
  • 2016年05月
    • 介護実務者研修実施機関認定
  • 2016年09月
    • ユマニチュードインストラクター所属機関認定・JHQC Sクラス認証
  • 2017年09月
    • 認知症初期集中支援事業を受託
      認知症専門外来開設
  • 2017年12月
    • 訪問診療を開始
  • 2018年10月
    • 診療科目にリハビリテーション科を追加
  • 2018年11月
    • 経営品質協議会 経営革新推進賞を受賞
平均勤続勤務年数 4.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.98時間/月
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.7日
前年度の育児休業取得対象者数 5名(うち女性5名、男性0名 前事業年度実績)
前年度の育児休業取得者数 5名(うち女性5名、男性0名 前事業年度実績)

採用データ

取材情報

医療と福祉の新たな未来が、ここからはじまる。
想い描くキャリアの実現、それが叶う場所。
PHOTO

先輩情報

どう活かすかを考える
増永裕子
2012年入社
日本体育大学
体育学部健康学科
介護開発室主任
ケアキャスト
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒226-0013
神奈川県横浜市緑区寺山町729
TEL:045-933-1011(代表)
FAX:045-931-0862
LINE:@fhj2698g
※友だちに追加の上、メッセージにてご連絡ください。
URL http://genkikaiyokohama.jp/
E-mail recruit@genkikai.jp
交通機関 【最寄駅】
■JR横浜線 中山駅
■市営地下鉄グリーンライン 中山駅
■相鉄線 鶴ヶ峰駅

【中山駅~病院】
■中山駅南口より相鉄バス「鶴ヶ峰駅」行き→「境」下車 徒歩1分(乗車時間約6分)
■中山駅南口より市営バス「よこはま動物園」行き→「境」下車 徒歩1分(乗車時間約6分)
■中山駅南口より神奈中バス「中山車庫」行き→「境」下車 徒歩1分(乗車時間約6分)
■中山駅南口より病院まで徒歩20分
■タクシーにて約5分

【鶴ヶ峰駅~病院】
■相鉄バス「中山駅」行き→「境」下車 徒歩1分
※当院ホームページにバスの時刻表があります。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp88005/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
医療法人社団元気会(横浜病院)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ