最終更新日:2019/4/17

  • 正社員
  • 既卒可

小田急バス(株)

  • 陸運(貨物・バス・タクシー)
  • 不動産
本社
東京都
資本金
1億円
売上高
153億4,900万円(2018年3月期実績)
従業員
1,330名(男:1,271名、女:59名)
募集人数
若干名
  • 業種 陸運(貨物・バス・タクシー)、不動産
  • 本社 東京都
  • 資本金 1億円
  • 売上高 153億4,900万円(2018年3月期実績)
  • 従業員 1,330名(男:1,271名、女:59名)
  • 募集人数 若干名

多くのお客様にご利用いただく公共交通機関として、「地域に貢献できる企業」を目指し、常に新しい挑戦を続けています。

  • 積極的に受付中

地域貢献企業~小田急バス~ (2019/04/17更新)

2020年卒業予定の皆さん、こんにちは。
小田急バス 人事部 採用担当です。

数ある採用情報の中から、弊社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。
少しでも弊社にご興味をお持ちいただけましたら、
「小田急グループ共通エントリーシステム」よりお早めにご予約ください。
現在、2020年度新卒採用のエントリー、会社説明会・一次選考を受け付けております!

皆さまのご応募お待ちしております!

小田急バス(株):人事部採用担当

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
小田急グループの一員として、地域社会に貢献していきたい。そんな熱い想いを持った方のご応募をお待ちしています。
PHOTO
東京・多摩・神奈川北部エリアを中心に路線バスを運行。「お客さまに喜ばれ、愛されるバス会社」を目指して社員一同力を合わせて取り組んでいます。

社員一人ひとりが自らの責任を果たし、安全・快適なバス事業を支えています!

PHOTO

公共交通機関としての社会的使命を理解した上で、日々チャレンジを続ける先輩社員の皆さん(上から立川さん、亀田さん、田倉さん)

「業務が多岐にわたるので、一つひとつを着実に理解」
■吉祥寺営業所 事務係 2018年入社 立川 絢子
事務係はお金の精算、定期券やシルバーパスの発券事務、お客さま対応、遺失物管理など業務が多岐にわたります。入社1年目の私にとっては、覚えることばかり。仕事に慣れるまでは、とにかくメモを取ることを心がけました。また、分からないことがあったら、できるだけその場で先輩に聞くようにしました。皆さん、質問にはしっかりと答えていただけるので頼もしいです。

「まずは経験を積み、一日も早く経理のエキスパートに」
■財務企画部財務企画担当 事務員 2014年入社 亀田 裕太
仕訳・入金データ・伝票類の確認、収支表・決算表の作成などさまざまな業務を担当しています。財務企画部へ異動してまだ間もないので、今は毎日覚えなければいけないことだらけです。経理はどの会社にもありますが、バス会社ならではの処理方法があるところに面白みを感じています。まずは、経験を積み重ね、一日も早く高度な専門知識を備えた経理のエキスパートになることが目標です。

「ダイヤを作成するには、明確なロジックが不可欠」
■運輸計画部 事務員 2004年入社 田倉 大輔
現在私は、路線バスのダイヤ(運輸計画図)の作成・修正や路線周りの調査・情報収集などの業務を行っています。ダイヤを組むにあたっては、明確な裏付けや根拠が求められます。「なぜそう考えるのか」を理論武装しておかないと上司からOKは貰えません、そんな時に有難いのは、先輩からのアドバイスで、新たな視点を得ることができます。また、できる限り現地を見にいくようにもしています。

会社データ

プロフィール

小田急バスは、小田急グループの一員として、武蔵野・三鷹・調布・狛江・世田谷・稲城・町田および神奈川県川崎市北部・横浜市北部を中心に、地域の足として路線バスを運行している公共性の高い会社です。

基幹事業である路線バスを中心に、地域のお客様にご愛顧いただきながら事業の拡大を続けてきた私たちは、2020年に設立70周年を迎えます。築き上げてきた実績と信頼を維持しつつ、これからの少子高齢化・人口減少時代を生き残っていくために、当社は安全輸送の徹底はもちろんのこと、多様化する輸送のニーズに応えていく様々な取り組みを実施しています。

例えば、大型バスが進入できなかった住宅街に小型コミュニティバスを運行させるなど、地域にお住まいのご高齢のお客さまが外出しやすい環境を創り出しています。またお客さまに安全・快適にご乗車いただくために、ノンステップバスも業界に先駆けて積極的に導入。安全対策では、安全運転訓練車の導入や、運転士の研修所を設置。そのほか、保有車両の増強やバス路線の拡張、また環境保全の観点からは、アイドリングストップバスやハイブリッドバスなどの導入およびグリーン経営認証(一定レベル以上の環境保全に取り組む事業者に与えられる称号)の取得を通じて、常に地域のお客さまに貢献できる「地元密着の企業」を目指し、新しいチャレンジを続けています。

地域社会に根差しながら、新たな時代へ向けての目的意識を持ち、常に「便利さ」「安心感」「快適さ」を追求する小田急バス。私たちとともに、多くのお客さまから喜ばれる企業を創っていきませんか。

事業内容

PHOTO

「安全・安心・快適」のために。お客様の「足」となり、地域に密着した企業を目指しています。

1.一般乗合旅客自動車運送業(乗合バス)
2.特定旅客自動車運送業
3.一般貸切旅客自動車運送業(貸切バス)
4.不動産業
5.旅行業
本社郵便番号 182-8567
本社所在地 東京都調布市仙川町2-19-5
本社電話番号 03-5313-8211
設立 1950(昭和25)年9月1日
資本金 1億円
従業員 1,330名(男:1,271名、女:59名)
売上高 153億4,900万円(2018年3月期実績)
事業所 本社
吉祥寺営業所、武蔵境営業所、狛江営業所、登戸営業所、町田営業所、若林営業所
関連会社 小田急シティバス(株)、川崎交通産業(株)、新立川交通(株)
平均年齢 47.8歳
当社のココがポイント! ・路線バスという公共性の高い事業に携わることで地域社会に貢献できます。
・小田急グループの一員として経営の安定性も魅力です。
・1950年の会社設立以来、長年にわたり積み上げてきた実績が、あなたの成長を支えていきます。
・小田急グループ全体で行われる合同研修など、研修が充実しています。
・担当業務や階層別に合わせた各種研修も用意。スキルアップが望めます。
・地域社会に根差した社会的使命の大きな仕事を通じ、自身も成長できます。
沿革
  • 会社の沿革
    • 当社は、小田急電鉄(株)が1950年9月1日、
      武蔵野乗合自動車(株)(創業1932年6月1日)を買収し、
      新たに「小田急バス(株)」として発足した。
  • 1950年 9月
    • 小田急バス(株)発足
  • 1951年 3月
    • 一般貸切事業開始
  • 1953年 7月
    • 国内旅行業営業開始
  • 1966年 3月
    • 不動産業営業開始
  • 1988年 2月
    • 高速バス(新宿~秋田)運行開始
      ※現在は小田急シティバスに譲渡
  • 1997年 8月
    • 特定輸送業開始
  • 1998年 11月
    • コミュニティバス(三鷹市)運行開始
      ※その後、武蔵野市、稲城市、世田谷区、調布市、町田市、狛江市に拡大
  • 2000年 2月
    • 小田急シティバス(株)設立
  • 2000年 7月
    • 空港連絡バス運行開始
  • 2001年 9月
    • バスロケーションシステム導入
  • 2002年 4月
    • Web時刻案内システム導入
  • 2007年 3月
    • IC乗車券「PASMO」導入開始
  • 2008年 9月
    • アクアライン高速バス(新宿駅~木更津駅)運行開始
      ※小田急シティバス運行
  • 2010年 4月
    • ドライブレコーダー導入
  • 2010年 9月
    • 会社創立60周年
  • 2012年 9月
    • マスコットキャラクター「きゅんた」デビュー
  • 2013年 11月
    • 生田研修所開設
  • 2014年 2月
    • 営業所・案内所にPOSシステム(窓口レジ管理)導入
  • 2016年 2月
    • デジタルタコグラフ導入
  • 2016年 5月
    • OBCビジョン(車内行先案内表示)導入
平均勤続勤務年数 14.2年(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 21.6日(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒182-8567 東京都調布市仙川町2-19-5
小田急バス(株)
人事部 採用担当
TEL:03-5313-8214(受付時間/10:00~17:00)
URL http://www.odakyubus.co.jp/
交通機関 京王線「仙川駅」より徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp88356/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
小田急バス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
小田急バス(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ