最終更新日:2019/4/4

  • 正社員

足立成和信用金庫

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
東京都
出資金
21億2,500万円(2018年3月期)
預金・融資量
預金量:4,929億円、融資量:2,356億円(2018年3月期)
役職員数
397名(男性226名 女性171名、2018年3月期)
募集人数
6~10名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 東京都
  • 出資金 21億2,500万円(2018年3月期)
  • 預金・融資量 預金量:4,929億円、融資量:2,356億円(2018年3月期)
  • 役職員数 397名(男性226名 女性171名、2018年3月期)
  • 募集人数 6~10名

地元・ふれあい・しんきん感

こんにちは! 足立成和信用金庫です!!  (2019/04/04更新)

学生のみなさん、こんにちは。足立成和信用金庫採用担当者です。

当金庫の説明会に参加を希望される学生の皆さん、エントリーをお願いします。

次回の説明会の日程が決まりましたらお知らせします。


人事部採用担当者

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
チームワークのよさが自慢の花畑支店のみなさん。「地元・ふれあい・しんきん感」をモットーに「地域のみなさんの役に立つためには?」と日々アイディアを出しあっている。
PHOTO
2年前にリニューアルした花畑支店は、木目を取り入れた優しい印象の外観で地域のシンボル的な存在になっている。利用客が多いため、ATMは平日夜9時まで稼働している。

~設立100年に向けて~ 狭域エリアで密度の濃い取り組みを展開中

PHOTO

お話を伺った花畑支店の榎本卓司支店長。「みんなで作り上げていくのが支店。地域に貢献するという志を持って、全員で“地域ナンバーワン店舗”を目指しています」。

足立区に本店本部を置く唯一の金融機関として、1926(大正15)年の設立以来、地域密着の姿勢を大切に、狭域な範囲で密度の濃い取り組みをしています。2016年に創立90年を迎え、2018年には土屋武司新理事長が就任しました。現在は、新理事長が提唱する「考えて動く“考動”、協力して働く“協働”、協力して創り上げる“協創”」の理念のもと、設立100周年に向けた活動を強化しようと職員全員で取り組んでいるところです。その中でキーワードとして掲げているのが、「課題解決型の営業」です。

例えば、「産・学・公・金」の連携の推進も「課題解決型の営業」の一環です。足立区にはすでにいくつか大学があるほか、教育機関の誘致も決まっていますので、当金庫がリーダーシップをとって、「産(地域の企業)・学(地域の大学)・公(行政)・金(当金庫)」のビジネスチャンスを創出するお手伝いをしています。ほかにも、創業しようとする人をサポートする「創業見守り」サービスの実施や、実際に創業した人を支援する施設「あかつき」の開設など、地域とともに歩むパートナーとしてさまざまな活動を展開しています。

私は、花畑支店や本店勤務等を経て2017年に支店長としてこの花畑支店に着任しました。目指しているのは「課題解決型の営業」を柱にした積極的なセールスです。花畑支店では、営業係、融資営業係、店頭営業係、清掃のパートも含め16名全員が「地域に貢献する」という同じ目標に向かって連携しながら日々努力を積み重ねています。役員も含め、全員が同じ方向を見つめて仕事ができるのはとても幸せなことだと思います。
当金庫では、長く安心して働ける職場であるよう「ワークライフバランス」の整備にも積極的です。育休や産休を使う女性職員が多いだけでなく、女性が営業や管理職として活躍しています。何にでも積極的に取り組めば、必ず可能性が広がるのが当金庫の魅力です。一緒に地域を盛り上げるために、ぜひ力を貸して欲しいですね。

会社データ

プロフィール

【いちばん身近な金融機関として】
地域社会の持続的発展に貢献することを社会的使命とする基本的な考え方のもと、地元のお客様からお預かりした大切な資金(預金積金)は、地元の中小企業、個人事業所、個人のお客様にご融資することで、地域経済の活性化に役立てております。
また、事業再生支援・金融の円滑化、お客様の利便性向上など地域経済・社会に、より密着した「顧客満足最優先」の活動を展開しております。

事業内容
預金、融資、内国・外国為替、日本銀行歳入代理店、各種代理業務、各種公金収納、国債等公共債の窓口販売、住宅ローン関連の長期火災保険の窓口販売、投資信託の窓口販売、年金保険の窓口販売、遺言信託業務の取次、貸金庫、税務・経営相談など信用金庫業務全般
本部郵便番号 120-0034
本部所在地 東京都足立区千住1-4-16
本部電話番号 03-3882-3227(人事部直通)
創業 1926(大正15)年11月11日
出資金 21億2,500万円(2018年3月期)
役職員数 397名(男性226名 女性171名、2018年3月期)
預金・融資量 預金量:4,929億円、融資量:2,356億円(2018年3月期)
業績 経常利益 6億1,000万円(2018年3月期)
自己資本比率 8.98%(2018年3月期)
経営理念 足立成和信用金庫は、金融サービスを通じて地域の繁栄と発展に奉仕し、感謝の気持ちを持って顧客満足を最優先する。
理事長 土屋 武司
事業所 店舗数/27店舗(うち3ローンプラザ)

〈本店〉
東京都足立区千住 1-4-16
〈支店〉
本木、亀有駅前、旭町、竹の塚、江北、佐野、南花畑、皿沼、六木、青井、古千谷、西新井駅前、入谷、柳町、綾瀬,中央、北越谷、本木関原、西新井、草加、花畑、弘道、八潮中央

〈ローンプラザ〉
六町ローンプラザ 北千住ローンプラザ 西新井ローンプラザ
子会社 (株)ビジネスパートナーズ
平均年齢 37.3歳【男性40.4歳/女性33.4歳】
(2018年4月1日現在の役員、嘱託を除く職員平均)
沿革
  • 1926年11月
    • 千住信用組合として創業
  • 1948年10月
    • 足立信用組合に名称変更
  • 1951年10月
    • 足立信用金庫に改組
  • 2002年12月
    • 同じ足立区を基盤とした成和信用金庫と合併し、足立成和信用金庫としてスタート
  • 2016年11月
    • 金庫創立90周年を迎えました
平均勤続勤務年数 2018年度
男性:17.9年、女性:11.9年 (平均15.3年)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 5.8%(85名中女性5名 2018年度実績)

採用データ

取材情報

先輩が語る足立成和信用金庫の仕事とやりがい、そして職場の魅力
お客さまとの関係も職場の雰囲気も温かいから安心して成長できる
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒120-0034 
東京都足立区千住1-4-16
足立成和信用金庫 人事部 人事グループ
TEL:03-3882-3227(直通)
URL http://www.adachiseiwa.co.jp/
E-mail jinji@adachiseiwa.shinkin.jp
交通機関 東武スカイツリーライン「北千住駅」下車、西口より徒歩8分
東京メトロ千代田線「北千住駅」下車徒歩8分
つくばエクスプレス線「北千住駅」下車徒歩8分
JR常磐線「北千住駅」下車徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp88466/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
足立成和信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。
足立成和信用金庫を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ