最終更新日:2019/1/16

阪神高速技術(株)【阪神高速グループ】

  • 建設
  • 設備工事
本社
大阪府
資本金
8,000万円
売上高
233億円(2017年度実績)
従業員
約400名
  • 業種 建設、設備工事
  • 本社 大阪府
  • 資本金 8,000万円
  • 売上高 233億円(2017年度実績)
  • 従業員 約400名

関西交通インフラの大動脈である阪神高速を守るスペシャリストとして、豊かな社会を維持することに貢献します。

会社紹介記事

PHOTO
関西経済の大動脈、阪神高速道路を守り続ける、それが私たち阪神高速技術(株)
PHOTO
高速道路の点検から診断、補修まで、一括した管理体制を確立

私たちは、最高水準の技術とノウハウで動き続ける社会、そして未来を守り続けます。

PHOTO

阪神高速道路で培った技術とノウハウを新たな事業へと展開

● 関西都市圏を支える大動脈の「みちもり」
阪神高速道路は、関西都市圏の大動脈として経済、文化、市民生活全般において欠かすことの出来ない大動脈です。この大動脈を常に安全・安心・快適な状態に保ち、豊かな社会を維持することに貢献することが阪神高速技術(株)の経営理念です。一年365日、一日24時間、片時も休むことなく動き続ける大動脈を維持管理する「みちもり(道守り)」。それが私達に課せられた責務です。

● 進化を続ける「阪神高速技術ブランド」創り
お客様に安心して阪神高速道路をご利用いただくには、私達が築いた維持管理技術が最高の品質を作り出し、お客様から全幅の信頼を得られるものでなければなりません。最高の品質と全幅の信頼、それが私達の追い求める「阪神高速技術ブランド」です。社員の創意工夫を大切にし、常に新しい技術を追い求める会社風土から「阪神高速技術ブランド」が生まれます。

● 「躍動する阪神高速技術」は社員の力で
新しく社会資本を創る時代から良好な状態で長持ちさせる維持管理の時代へと世の中は変化しています。高速道路の点検から診断、そして補修までの維持管理全般を担う阪神高速技術には時代の要請に応えねばならない魅力ある仕事が満ちあふれています。創意工夫に意欲を燃やし、未知にチャレンジする気概に満ちた人材の登場を心よりお待ちしております。

<阪神高速技術(株) 代表取締役  西岡 敬治>

会社データ

事業内容

PHOTO

さらなる安全・安心・快適を追求し、トータルマネジメントを実現します

■土木
より安全で、より安心、しかも快適であること。関西の大動脈である阪神高速道路をはじめとする、道路構造物の維持管理では、定期的な「点検」、適切な「診断」、そして計画に沿った「補修」のサイクルが重要になります。当社は、点検から補修まで一括して維持管理できる強みを生かし、損傷の早期発見、適切な診断による速やかな補修をめざし、日々の維持管理に取り組んでいます。
さらに、計画的な維持管理を実現することで、道路構造物の耐用年数を延ばす、ライフサイクルコストを考慮した長期的な予防保全にも積極的に取り組んでいます。

■施設(電気・通信、機械設備、建築施設、情報システム)
時代の変化や技術の革新により、各種システム・設備などの施設は、より複雑・高度化しています。例えば、阪神高速道路にはETC設備などの複雑なシステムが設置されていたり、トンネルの換気や排水など、走行中には見えないところにも機械設備が数多く存在します。
さらに、それらの重要な設備を収容する建物やパーキングエリア、料金所など、さまざまな施設が高速道路の機能を支えているのです。こうした、安全な走行を守り、快適な利用環境を確保するさまざまな設備を24時間体制で監視し、故障や障害に対して速やかに機能復旧のための維持管理を行います。
また、社会のニーズに応えるべく、予防保全することで、機器の寿命を延ばすことをめざした取り組みも実施しています。

■技術開発
当社の大きな強みは、「技術力」にあります。常に未来を見据えた技術開発を推進できるのは、点検から補修までを一括管理体制で行い、現場の技術ニーズを直接把握できること。
こうした現場のニーズに、当社は各種研究機関や機器の開発メーカーと連携し新技術を開発し、これまで困難とされていた点検・補修業務を可能にするだけでなく、点検の効率化による維持管理コストの削減や道路構造物の長寿命化にも貢献しています。

■新たな取り組み
当社では、阪神高速道路だけでなく、自治体などと連携し、これまで培った技術とノウハウを生かし、さまざまな道路や関連施設の維持管理を行っています。
また、補修工事に必要な作業車、道路管理を行う特殊車両、パトロールカーなどのリースやレンタルを実施。
さらには、トンネル工事で発生する土をリサイクルするなど、さまざまな事業を展開しています。
本社郵便番号 550-0005
本社所在地 大阪市西区西本町1-4-1 オリックス本町ビル
本社電話番号 06-6110-7200
設立 2005年10月5日
資本金 8,000万円
従業員 約400名
売上高 233億円(2017年度実績)
事業所 【大阪エリア】 本社・大和田事業所・淀川維持作業所・阿倍野事業所・四つ橋事業所・ 設備監視室・情報管理課・大阪港管理所
【兵庫エリア】 深江浜事業所・藍那事業所・京橋事業所
【京都エリア】 京都事業所
【奈良エリア】 第二阪奈小瀬管理所
株主構成 阪神高速道路(株)100%子会社
主な取引先 阪神高速道路(株)、近畿地方整備局、大阪府、福岡北九州高速道路公社、奈良県道路公社、大阪市港湾局、神戸市みなと総局など
グループ会社等 ■グループ会社:阪神高速技研(株)、阪神高速サービス(株)、阪神高速パトロール(株)、阪神高速トール大阪(株)、阪神高速トール神戸(株)

■子会社:内外構造(株) 、(株)情報技術、(株)テクノ阪神、(株)ハイウエイ管制、阪神施設調査(株)

■関連会社:阪神施設工業(株)、阪高プロジェクトサポート(株) 
月平均所定外労働時間(前年度実績) 35.7時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13.8日(2017年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

阪神高速技術(株)【阪神高速グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
阪神高速技術(株)【阪神高速グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ