最終更新日:2019/7/22

  • 正社員
  • 既卒可

公益財団法人 鉄道弘済会

  • 公益・特殊・独立行政法人
  • 財団・社団・その他団体
  • 福祉サービス
  • 幼稚園・保育園
  • 不動産(管理)
本社
東京都
基本財産
235億円
収益
96億9,300万円(2018年3月31日実績)
従業員
正職員:689(男:189・女:500)名
募集人数
若干名
  • 業種 公益・特殊・独立行政法人、財団・社団・その他団体、福祉サービス、幼稚園・保育園、不動産(管理)
  • 本社 東京都
  • 基本財産 235億円
  • 収益 96億9,300万円(2018年3月31日実績)
  • 従業員 正職員:689(男:189・女:500)名
  • 募集人数 若干名

不動産賃貸・開発事業で得る収益を、福祉施設等の公益事業に充てる独自スタイルが特徴。高い社会貢献性を実感できる仕事が、鉄道弘済会にはあります。

鉄道弘済会の魅力がわかる「就職説明会」予約受付中です! (2019/07/22更新)

★☆★☆★☆★総合職・7月の説明会日程を追加しました!★☆★☆★☆★

このたびは公益財団法人鉄道弘済会のページへアクセスいただき、
誠にありがとうございます。


★大卒総合職 就職説明会★
以下の通り、就職説明会を実施します。
少しでも興味をお持ちでしたら、ぜひエントリーをお願いいたします!
※説明会では、本法人所定のエントリーシートをお配りします。

日時:7月25日(木)10:00~11:30
会場:弘済会館4階(東京都千代田区麹町5-1)
その他、詳細は「説明会・セミナー」画面をご覧ください。


★弘済学園 福祉指導員 就職説明会★
就職説明会の参加予約を受付中です!
「弘済学園」の採用担当へ電話またはメールにてご連絡ください。
まずは「採用データ」をご覧ください。

<直近の就職説明会> 
日時:8月1日(木)、22日(木)
   9月5日(木)、17日(火)
   10月3日(木)、17日(木)、31日(木)
   ※時間はいずれも13:00~15:30を予定しています。
会場:弘済学園(神奈川県秦野市北矢名1195-3)
TEL:0463-77-3222
メールアドレス:gakuen-saiyou@kousaikai.or.jp

会社紹介記事

PHOTO
障害者や児童等、幅広く社会福祉に関する事業を公益事業として展開。世界的なスポーツ大会等に本法人の義肢装具士をメカニックとして派遣しています。
PHOTO
社会福祉事業を費用面で支えることを目的に、不動産賃貸・開発事業にも注力。利益追求ではなく、社会貢献につながるビジネススタイルが特徴。

不動産賃貸・開発事業の収益を公益事業に還元。「よりよい福祉」を目指して。

「鉄道弘済会」は”社会福祉事業”をメインに事業展開している公益財団法人です。

●鉄道弘済会のルーツ
法人名には、設立の原点である「鉄道」という言葉が入っています。
設立された当初は、鉄道業務に従事し、不慮の事故により障害を受けた方々を援護することを目的とする団体でした。
現在は、広く社会一般の方々へ福祉サービスを提供するとともに、そのサービス展開にかかる費用は、全国各地に保有している土地や建物を活用した”不動産賃貸・開発事業”で得られた収益を充てるというビジネススタイルをとっており、「自立型財団法人」として法人運営をしています。

●鉄道弘済会のミッション
今年で設立から87年となりますが、先人の志は変わらず受け継ぎつつ、さらに”よりよい福祉”を目指しています。社会から真に必要とされる社会福祉事業を提供することにより、誰もが暮らしやすい社会を実現することが鉄道弘済会の社会的使命であると考えています。
そのため、職員一人ひとりが、「”よりよい福祉”サービスを提供するために自分に何ができるのか」という視点を大切にし、それぞれの利用者の皆様・お客様のために、全力を傾注しています。社会福祉事業に携わる職員であれば、専門的かつ先駆的な福祉サービスの実践や専門知識の習得に努めることがあげられますし、不動産賃貸・開発事業に携わる職員であれば、安定的に社会福祉事業を運営するためにできる限り多くの収益をあげられるように不動産の活用に取り組むことが大切になってきます。

●鉄道弘済会の仕事の魅力
社会福祉から不動産の賃貸や開発に至るまで、業務は多岐にわたるため、担当する部門ごとに役割や立場はそれぞれ異なりますが、仕事を通じて社会貢献を果たしているという実感を持てることが、鉄道弘済会の仕事の魅力です。
これからも利用者の皆様の幸せを実現し、また”よりよい福祉”を共に創造していくためにも、新しく出会う皆さんのアイディアや行動力に期待しています。

会社データ

プロフィール

鉄道弘済会は社会福祉を主たる事業として行う公益財団法人です。
1932年に設立されて以来、長年にわたり、社会のニーズに幅広く応える福祉事業を展開する一方で、それにかかる費用をカバーするために不動産賃貸・開発をはじめとする収益事業を行っています。

事業内容
1.公益事業
●障害者に係る福祉支援事業
〔義肢装具サポートセンター〕
義肢装着が必要な方のための総合的リハビリテーション施設として、義肢装具の製作・修理から装着・機能回復訓練、更生相談等を医学的管理のもとに一貫して行い、さらに障害者スポーツ支援にも注力しています。
〔総合福祉センター「弘済学園」〕
知的障害児・自閉症児を主たる支援対象とする障害児入所施設の運営、地域生活を支援するグループホーム、生活介護、児童発達支援事業等を行っています。

●児童、青少年の健全な育成に係る福祉支援事業
〔札幌南藻園〕
児童養護施設として、家庭での養育が困難な児童を受け入れ、成長期にある児童を家庭的な雰囲気のなかで養育しています。
〔保育所・認定こども園〕
「一人ひとりの子どもを大切にし、保護者や地域社会から信頼され、選ばれる保育所を目指す」という保育理念のもと、全国24カ所で認可保育所・認定こども園を運営しています。

●社会福祉に関する知識・技術の向上に係る福祉支援事業
〔福祉資料室〕
福祉に関する図書・資料の閲覧・貸出しを無料で行っています。また、社会福祉の専門誌「社会福祉研究」の発行、社会福祉セミナーの開催など、社会福祉の理論と実践をつなぐ役割を果たしています。

●その他、福祉人材養成のための奨学金事業や、障害者に関わる福祉支援事業として朗読録音奉仕者感謝行事や他団体への協力を行っています。

2.収益事業
●不動産賃貸・開発事業
保有不動産を有効活用し、首都圏をはじめ、札幌、名古屋、大阪等でオフィスビル、一般・学生向けマンション、高齢者用福祉住宅、駐車場等を運営し、賃貸・開発しています。

●貸会議室・宴会場の営業
弘済会館ビルにおいて、貸会議室や宴会場の営業をしています。
本部郵便番号 102-0083
本部所在地 東京都千代田区麹町5丁目1番地
本部電話番号 03-5276-0313(総務部人事グループ)
設立 1932年2月25日
基本財産 235億円
従業員 正職員:689(男:189・女:500)名
収益 96億9,300万円(2018年3月31日実績)
事業所 ・本部(東京)
・支部(6)
(北海道、東北、東海、西日本、四国、九州)
・義肢装具サポートセンター
・総合福祉センター「弘済学園」
・札幌南藻園
・保育所・認定こども園(24)
(札幌、人見、旭川、釧路、青森、仙台、秋田、山形、郡山、高崎、与野本町駅前、上木崎、戸田駅前、南千住駅前、新津、長野、富山、福井、福知山、和歌山、松江、西条、門司、戸畑)
沿革
  • 1932年
    • 2月25日、内務大臣、鉄道大臣の認可により、国鉄の職域福祉事業を目的する財団法人鉄道弘済会を設立。
      4月1日、東京駅、上野駅ではじめて売店営業を開始。
  • 1936年
    • 授産事業として、はじめて授産場を名古屋市に開設。
  • 1943年
    • 育英事業として、はじめて東京都中野区に学生寮を開設。
  • 1944年
    • 義肢製作事業を東京都台東区で開始。
  • 1949年
    • 福祉の対象を鉄道関係者から一般に拡大(寄付行為(定款)の改正)
  • 1951年
    • 児童福祉事業として、はじめて保育所を和歌山市に開設。
  • 1953年
    • 千葉県山武郡日向村に知的障害児・者施設「日向弘済園」を開設。
      児童福祉事業として、児童養護施設「札幌南藻園」を札幌市に開設。
  • 1955年
    • 社会福祉法人東京弘済園を設立し、1956年養護老人ホームを東京都三鷹市に開設。以後、軽費老人ホームを増設。
  • 1957年
    • 日本盲人福祉委員会と共催の「点訳奉仕者感謝の集い」を開催して、奉仕者への感謝状の贈呈を開始。(以後1970年まで毎年開催。1971年以降は「朗読録音奉仕者感謝の集い」として継続して開催)
  • 1965年
    • 東京都千代田区の弘済会館に「福祉資料室」を開設。
  • 1969年
    • 身体障害者リハビリテーション施設「東京身体障害者福祉センター」を東京都新宿区に開設。
  • 1972年
    • 知的障害児・者施設「日向弘済学園」を神奈川県秦野市に移転し、総合福祉センター「弘済学園」として開設。
  • 1973年
    • 駅売店の愛称をKiosk(キヨスク)と制定。(全国の1,819駅で4,279キヨスクを営業)
  • 1987年
    • 国鉄の民営分割化に伴い、収益事業部門であるキヨスク事業の大部分を6つの株式会社に分離・独立させる。保有資産を活用し、社会福祉事業を行う「自立型財団法人」となる。
  • 1994年
    • 育英事業として、東京都練馬区に「富士見台学生寮」を開設。
  • 1999年
    • 総合福祉センター「弘済学園」に自閉症児施設(第二児童寮)を開設。
  • 2008年
    • 東京都新宿区の「東京身体障害者福祉センター」を東京都荒川区に移転、「義肢装具サポートセンター」に改称し開設。
      社会福祉法人東京弘済園に「ケアハウス弘陽園」と「弘済保育所(おひさま保育園)」を開設。
  • 2013年10月
    • 公益財団法人へ移行。
  • 2016年4月
    • 総合福祉センター「弘済学園」に児童発達支援センター、地域生活支援センターを開設。
  • 2017年11月
    • 埼玉県さいたま市に「上木崎保育所(ひだまり保育園)」を開設。
平均勤続勤務年数 14年(2017年度末時点)
(男性13年、女性15年)
前年度の育児休業取得対象者数 21名(2017年度実績)
(男性6名、女性15名)
前年度の育児休業取得者数 15名(2017年度実績)
(男性0名、女性15名)

採用データ

取材情報

「一人ひとりの“暮らしやすさ”を大切にする社会」をめざして
社会から真に必要とされる公益事業を展開
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒102-0083
東京都千代田区麹町5丁目1番地
公益財団法人鉄道弘済会 総務部人事グループ採用担当(杉村・松本)
TEL:03-5276-0313
URL ★企業研究にお役立てください★
・公式HP:http://www.kousaikai.or.jp/
・Twitter:https://twitter.com/tetsudokosaikai
・Facebook:https://www.facebook.com/kosaikai/
E-mail saiyou@kousaikai.or.jp
交通機関 JR中央線(快速)・中央総武線(各駅停車)、東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷駅」より徒歩5分
東京メトロ有楽町線「麹町駅」より徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp88778/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
公益財団法人 鉄道弘済会を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ