最終更新日:2019/9/2

  • 正社員
  • 既卒可

(株)山岸製作所

  • 金属製品
  • 機械
  • その他メーカー
本社
群馬県
資本金
3,000万円
売上高
12億円(2018年5月実績)
従業員
119名
募集人数
6~10名
  • 業種 金属製品、機械、その他メーカー
  • 本社 群馬県
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 12億円(2018年5月実績)
  • 従業員 119名
  • 募集人数 6~10名

試作開発型への革新で、“NASA”から必要とされる企業へ。創造性あふれる活躍フィールドがますます拡がっています!

【お知らせ】 (2019/05/28更新)

この度は当社に興味をお持ち頂き、ありがとうございます。
マイナビ掲載情報をご確認頂き、少しでも興味をお持ち頂けた方はまずエントリーをお願い致します。


募集職種:■技術開発職
 ※全職種:学部学科不問です。
  文系の方もぜひ「技術開発職」にチャレンジしてください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社員教育に力を注いでいることも、山岸製作所の大きな特徴。2012年にはその企業姿勢が評価され、「日本でいちばん大切にしたい会社」(日本工業新聞社主催)にも選ばれた。
PHOTO
2010年3月群馬県認定「ヤマギシテクニカルセンター」設立。中小企業が開校するケースは稀。他企業で勤める方々も受け入れ、半年間、機械加工の基礎的な知識や技術を学ぶ。

技術フィールドの第一線で活躍する若手技術者2名に会社や仕事の魅力をインタビュー

PHOTO

(上段)文系出身ながら様々なチャレンジで活躍が期待される西澤さん。(下段)超高精度な加工に挑むことが面白いと語る化学系出身の尾内さん。

■専攻に関係なく、意欲しだいでやりがいのある仕事にトライできる環境です!
 大学で専攻したのは文科系でしたが、モノづくりがしたいと思っていました。その点、当社は「日本でいちばん大切にしたい会社」に選ばれるほど教育に力を入れていて、文系出身の自分でもスキルを無理なく身に付けられると思ったのです。実際、入社後は製造現場でモノづくりに携わりながら、「ヤマギシテクニカルセンター」でイチからモノづくりを勉強できました。また、当社のいい点は、やる気しだいで早くからやりがいのある仕事を任せてもらえることです。私の場合も、入社4年目で新しい加工技術の立ち上げを任せてもらいました。会社としても、知見のない加工技術だったので、大変でした。でも、それまで培った知識・スキルを総動員し、半年ほどで生産を開始できるようになりました。現在では、ロボットに関する技術習得にもチャレンジしています。
<西澤卓さん/第一製造課ピアスフォームG/2013年入社/文系学科卒業>


■超高精度や難削材など難しい加工にチャレンジしていく面白さを実感しています!
 私が入社したのは、ちょうど航空宇宙産業への参入を進めている時期でした。航空宇宙産業は、まさに最先端のテクノロジーが求められる分野であり、モノづくりの面白さが存分に味わえると思ったのです。入社後は、製造の現場で製品のキズや寸法をチェックする業務等で、モノづくりの基礎知識を習得。2年目から量産品の機械加工・製造を行うライングループで経験を積み、現在は新規品等の試作を手掛ける試作製作グループに所属しています。新しい製品を手掛ける際は、より高品質で効率よく加工する方法を考えるため、実際に試作してみるのです。そのため、超高精度の加工が求められたり、削るのが難しい材質を手掛けたりすることも珍しいことではありません。難しいですが、その分やりがいも非常に大きなものがあります。
<尾内昭さん/第一製造課試作製作G/2015年入社/化学学科卒業>

会社データ

プロフィール

私たち山岸製作所は1962年、群馬県高崎市で創業した製造会社です。
精密機械部品の製造と加工処理を中心に、“NASA”から必要とされる技術開発・企業になることを目標としています。

●新工場の建設で航空宇宙分野にも展開
 特徴ある技術フィールドのひとつである薄肉製品の切削加工では、直径400ミリの素材を厚さ0.5ミリ、真円度(円形に加工した場合の誤差)0.05ミリ以下に加工する技術を確立。これができるのは、北関東でも当社のみと自負しています。
 さらに2013年には、八幡工業団地に最新の5面複合加工機を導入した新工場を建設するとともに、翌年には県内の企業で初となる航空宇宙品質マネジメントシステム規格の「JIS Q 9100」の認証も取得。本格的に航空宇宙分野に進出する計画も進行中です。

●受託型から試作開発型企業へ
 こうした独自技術を駆使して目指しているのが、受託型から試作開発企業への展開であり、ひいてはNASAから必要とされる企業への飛躍です。従来は、お客様から依頼された製品を高精度に加工していましたが、近年では、社内に付加価値製品を試作し提案していく試作開発部を開設。3次元のCAD/CAMを導入して3次元加工にもトライするなど、新しい技術領域の開拓に乗り出しています。
 もちろん、先に紹介した航空宇宙分野への進出もその一環で、着々と目標の実現に向け歩んでいます。

事業内容

PHOTO

金属の精密加工をメインにした切削加工のスペシャリスト集団として、試作開発型企業へのイノベーションを展開している山岸製作所。

■金属加工業
■精密機械加工業
■CNC旋盤・マシニングセンター・複合加工機を用いての金属機械加工業
本社郵便番号 370-0081
本社所在地 群馬県高崎市浜川町590-23(浜川工業団地内)
本社電話番号 027-360-4100
創立 1962年
設立 1984年
資本金 3,000万円
従業員 119名
売上高 12億円(2018年5月実績)
事業所 群馬県高崎市
主な取引先 日本精工(株)
日本トムソン(株)
NEOMAXエンジニアリング(株)
(株)NCネットワーク
(株)ミネベアミツミ
TPR(株)
(株)相模精工
井上特殊鋼(株)
沿革
  • 1962年
    • 10月 高崎市大橋町に於いて現会長山岸鍋夫が「山岸製作所」の称号にて創立
  • 1977年
    • 10月 工場を群馬郡箕郷町生原に移転
  • 1980年
    • 8月 機械設備にコンピューター導入
  • 1984年
    • 9月 法人化により「(有)山岸製作所」と社名変更
         代表取締役 山岸鍋夫
  • 1985年
    • 12月 事務処理へコンピューター導入
  • 1993年
    • 1月 ロボットによる工場無人化へ挑戦
  • 1995年
    • 3月 法人組織を「(株)山岸製作所」に改める
         代表取締役 山岸良一
         資本金3,000万円となる
  • 1996年
    • 5月 崎市浜川工業団地に本社工場を移転
  • 2001年
    • 10月 「1社1技術」で群馬県より認定
      12月 ISO9001認証取得
  • 2002年
    • 10月 高崎市優良中小企業で表彰
  • 2004年
    • 3月 研究開発部門の強化
  • 2005年
    • 8月 第二工場増設
      11月 群馬県経営革新計画の承認を受ける
  • 2008年
    • 7月 人材育成プログラム「テクニカルマイスター制度」を立ち上げる
  • 2009年
    • 4月 県内中小企業9社による「ものづくりネットワーク高崎」発足。専務が代表を務める。
  • 2010年
    • 3月 「ヤマギシテクニカルセンター」、県知事より認定開校
      9月 「試作開発部門」「大型エコ部品」製造中心の第三工場増設
  • 2012年
    • 3月 「日本でいちばん大切にしたい会社」特別賞 受賞
  • 2013年
    • 1月 日刊工業新聞社賞 優秀経営者顕彰
      3月 群馬県優良企業表彰 ものづくり大賞
  • 2013年
    • 11月 キャリア支援企業表彰 厚生労働大臣表彰
         県協会情報優良企業表彰 優秀企業賞
  • 2014年
    • 4月 高崎市剣崎町に八幡工場 新設
      11月 「日経トップリーダー・人づくり大賞」特別賞 受賞
  • 2015年
    • 3月 がんばる中小企業・小規模事業者300社に選定される
  • 2017年
    • 12月 地域未来牽引企業に選定される
前年度の育児休業取得対象者数 7名(うち女性1名、男性6名)2018年度実績
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性1名、男性0名)2018年度実績

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒370-0081
群馬県高崎市浜川町590-23(浜川工業団地内)
総務部 採用担当:岡田
TEL:027-360-4100
URL http://yamagishi-ss.com/
交通機関 【関越自動車道】前橋ICから、車で約25分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp89851/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)山岸製作所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ