最終更新日:2019/11/21

  • 正社員
  • 既卒可

あすか信用組合

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
東京都
出資金
65億円(2019年3月)
預金量
2,635億円(2019年3月)
従業員
226名(2019年3月)
募集人数
6~10名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 東京都
  • 出資金 65億円(2019年3月)
  • 預金量 2,635億円(2019年3月)
  • 従業員 226名(2019年3月)
  • 募集人数 6~10名

韓日の融合を金融面から支える地域密着型金融機関、それが私たち「あすか信用組合」です。

【12月/東京】あすか信用組合の会社説明会の日が決まりました。 (2019/11/21更新)

2020年度卒の会社説明会を12月20日に行います。

ハローワークを介しての説明会となりますので興味がある方はハローワークに
問い合わせしてください

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
融資業務はお客さまとの信頼関係を構築し、そのサービス内容をお客さま以上に知ることが必要。連絡を密に取り合い、お客さまのご期待に添えるよう努力を欠かさない。
PHOTO
窓口の職員は、あすか信用組合の“顔”。笑顔でお客さまに接する姿から、街を愛する心と、地域の人々を支えていきたいと願う使命感が伝わってくる。

地域の金融機関として、お客様の信頼に応えています!!

PHOTO

1966年設立。在日韓国人の相互扶助を目的に設立された。その後、統廃合を繰り返し、東日本地域に16の本支店がある。

私たちあすか信用組合は、関東地域のみならず北海道や東北地域など東日本に16店舗を展開しています。中小企業さまだけでなく個人のお客さまにも数多くご利用いただいており、高い金利がつく定期預金商品なども取り扱っています。その中で私が担当しているのは渉外課における融資業務。例えば、飲食店を営む方から「好調なので2号店を出したい」とご相談を受けると、オープン費用などを算出したり、お店の売上を詳細に分析したり、その他にも経営者さまの経歴などさまざまな資料を取りまとめたりして、当組合内の審査部へと回します。審査回答をお客さまに伝えるのも私の役割です。

実際に私が融資に関わり、2号店3号店と出店数を伸ばしているお客さまもいらっしゃいます。開店後にお店を訪ね、多くのお客さまで賑わっている様子を見るとホッとしますし、役に立てていると実感できます。金融機関で働くことは、真面目で硬い印象をもたれるかもしれませんが、非常にアットホームで研修体制も充実しており、職員が着実に成長していける環境が整っています。柔らかくて明るい信用組合です。
(本店営業部 渉外課 主任/2010年入組)

私は窓口業務を担当しています。当組合は定期預金が人気で、窓口に来られるお客さまの多くが定期預金のご相談です。もちろん入出金業務も行っており、1日に約20組のお客さまを対応します。本店は新宿区にあるため、お客さまは若い経営者の方から地域にお住まいのご年配の方まで幅広い層の方々。そのなかで心掛けているのがお客さまと十分にコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことです。お客さまとのやりとりから、特殊詐欺を防いだ店舗もあります。

充実した研修も当組合の特長で、新人は4月から10月まで半年間にわたる研修期間が設けられており、出納業務と預金業務のOJTを経てから本格的な業務をスタートします。通信教育や外部研修なども用意されているので、入職前は金融知識に自信がなくても大丈夫。本配属後も先輩が手厚くフォローしてくれますし、部署や店舗、時期にもよりますが残業もあまりなく、職員同士の仲も良いため働きやすい環境です。私自身も「長く働ける会社がいい」と考えて入職しました。実際にそれがかなう職場だと感じています。
(本店営業部 事務課 主任/2011年入組)

会社データ

プロフィール

あすか信用組合は地域における円滑な資金供給と金融サービスの提供を通じて地域社会の発展に寄与してまいります。
お客様と地域のことを第一に考える経営によりみなさまと共に成長する金融機関を目指しております。

事業内容
中小企業等協同組合法に基づく金融業務
本社郵便番号 160-0021
本社所在地 東京都新宿区歌舞伎町2-32-9
本社電話番号 03-3208-5175
設立 1966年8月
出資金 65億円(2019年3月)
従業員 226名(2019年3月)
預金量 2,635億円(2019年3月)
事業所 <関東>
■本部:東京都新宿区歌舞伎町2-32-9
■本支店:本店営業部、上野支店、恵比寿支店、立川支店、錦糸町支店
     池袋支店、足立支店、蒲田支店、浦和支店、熊谷支店

<北海道>
■支店:札幌支店

<東北>
■支店:仙台支店、青森支店、秋田支店、盛岡支店、郡山支店
経常利益 15億円(2018年3月)
貸金量 2,115億円(2019年3月)
主な取引先 地域の中小企業と個人
自己資本比率 9.00%(2018年9月)
平均年齢 42歳
平均勤続年数 14年1ヶ月
平均給与 34万円
沿革
  • 1966年8月
    • 仙台市に本店をおく在日韓国人の相互扶助を目的とした地域信用組合として設立
      名称を信用組合宮城商銀とする
  • 1966年9月
    • 仙台市青葉区二日町に本店を開設、業務開始
  • 1970年3月
    • 仙台市青葉区本町に本店移転
  • 1997年7月
    • 同所に本店を新築、営業開始
  • 1999年3月
    • 旧北海商銀信用組合の事業を譲受し、札幌支店・旭川支店・釧路支店を継承し、支店として営業開始
      同時に名称を信用組合北東商銀に改称
  • 2002年4月
    • 旧東京商銀信用組合の事業を譲受し、 東京・埼玉地区10店舗を継承
      名称をあすか信用組合に改称
  • 2002年7月
    • 青森商銀、秋田商銀、岩手商銀、福島商銀と合併し5店舗を継承
  • 2004年4月
    • 本店所在地を宮城県仙台市から東京都新宿区へ移転
  • 2010年2月
    • 札幌支店と釧路支店が統合
  • 2014年2月
    • 青森支店と八戸支店が統合
  • 2016年3月
    • 札幌支店と旭川支店が統合
平均勤続勤務年数 14年1カ月
前年度の育児休業取得対象者数 8名(うち女性8名 男性0名 2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 8名(うち女性8名 男性0名 2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-32-9
総務部 人事採用担当
TEL:03-3208-5175
URL http://www.asuka-c.jp/
E-mail soumu@asuka-c.jp
交通機関 JR山手線「新大久保」駅より徒歩10分
西武新宿線「西武新宿」駅より徒歩 5分
都営大江戸線「東新宿」駅より徒歩 5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp89946/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
あすか信用組合と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ