最終更新日:2019/3/11

  • 正社員
  • 既卒可

(株)メディアドゥ【メディアドゥグループ】

  • インターネット関連
  • 出版
  • 広告
  • 商社(複合)
  • コンサルティングファーム
本社
東京都
資本金
1億円
売上高
372億1,300万円(2018年2月期決算) ※メディアドゥグループ実績
従業員
135名 ※2019年2月現在
募集人数
1~5名
  • 業種 インターネット関連、出版、広告、商社(複合)、コンサルティングファーム
  • 本社 東京都
  • 資本金 1億円
  • 売上高 372億1,300万円(2018年2月期決算) ※メディアドゥグループ実績
  • 従業員 135名 ※2019年2月現在
  • 募集人数 1~5名

電子書籍業界のリーディング・カンパニー。デジタル化した著作物を独自の配信技術でひとりでも多くの読者に届け、日本の文化の発展と豊かな社会作りに貢献

  • 積極的に受付中

3/15.16.22.23.29.30 会社説明会開催!まずはエントリーを! (2019/03/11更新)

メディアドゥグループは電子書籍ビジネスで5年間で3倍近い成長を遂げ、
2016年2月には「東証1部上場」を果たした、
業界でも注目を浴びている「電子書籍業界のリーディングカンパニー」です。

グループ企業の中でも中核を担う(株)メディアドゥにて、
2020年度卒の新卒採用を募集しております。
3/15(金)、16(土)、29(金)、30(日)に東京本社、
3/22(金)、23(土)に大阪会場にて会社説明会を開催いたします。
※日程および定員を増やしました!

皆様にお会いできることを楽しみにしています!


(株)メディアドゥ 新卒採用担当
Mail:shinsotsu@mediado.jp
HP:http://www.mediado.jp/mediado/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
本社オフィスにはメディアドゥの躍進のきっかけとなった手塚治虫先生の名作がずらり。「著作物の健全なる創造サイクルの実現」という同社の理念を象徴している。
PHOTO
2016年に移転した千代田区竹橋の本社オフィスには、フリーアドレス制を導入。社員のcreativityを刺激する斬新なインテリアが採用されている。

日本文化の発展と豊かな社会づくりに貢献する企業

PHOTO

「ひとつでも多くのコンテンツをひとりでも多くの人へ」私たちはこの価値観を大切に仕事をしています。共感して頂ける方のご応募をお待ちしています(新卒採用担当)

■業界トップクラスの取次事業者として、電子書籍の普及を支えてきました。
スマートフォンの急速な普及によって、電子書籍はすっかり私たちの身近な存在になりました。移動する時は、スマートフォンにダウンロードしたお気に入りのコミックを楽しんでいるという方も多いと思います。しかし、電子書籍がどのような流れで電子書店の書棚に並び、皆さまに配信されているかを理解している方はほとんどいません。

私たち株式会社メディアドゥは、出版社と電子書店の間を取り持つ電子書籍取次事業者です。出版社が自ら電子書店を開拓し、個別に契約を管理するのは大変です。出版社にはデジタル化や印税分配などの面倒な作業から開放され、作家と良いコンテンツを作ることに専念していただく。一方、電子書店はシステム開発と運用に人員を充てる必要が無くなり、ユーザーの利便性などサービスの質向上に集中できます。どちらか一方の立場に寄るのではなく、中立の立場として両者を繋ぐことで、電子書籍の普及に貢献してきました。
加えて、作品の配信、ビューワーなど、電子書籍の普及に必要なあらゆるテクノロジーを自社で開発していることも大きな特徴です。LINEマンガ様などには弊社が100%システムを提供しています。

2019年3月にはグループ会社の株式会社出版デジタル機構と電子書籍取次事業を統合し、メディアドゥが国内最大手の電子書籍取次事業者になりました。取次システムを統一することで、流通コストの低下、出版社・電子書店双方によるマーケティングの高度化を実現し、電子書籍業界、出版業界の拡大に寄与できると考えています。「電子書籍取次事業」から、電子書籍流通全体を支える「Publishing Platformer」への転換を目指し、独自のポジションをフルに活用することで出版文化のさらなる拡大・進化に貢献していきます。

■「著作物の健全なる創造サイクル」を実現する
「著作物」は豊かな社会や人生の形成に必要不可欠なもので、社会インフラのひとつだと考えています。作者にきちんと収益が渡り、より良い作品が生み出し続けられる環境を作る事。それが私たちメディアドゥの願いでもあり使命であると考えています。
だからこそ「著作物」を公正利用し、作家に収益を還元できる「健全な創造サイクル」を私たちはITソリューションにより実現し、世界中の文化の発展、及び豊かな社会づくりに貢献していきたいと考えています。

会社データ

プロフィール

■電子書籍業界オンリーワンの存在として成長

 メディアドゥは、『電子書籍を皆様に配信する仕組みを提供』している会社です。
電子書籍が皆様の手元に届けられるには、「電子書籍コンテンツ」「配信エンジン」「ストアシステム」「ビューア」の4つのソリューションが必要です。
その4つのソリューション全てをトータルに提供できる企業は、電子書籍業界の中でメディアドゥだけ!

■成長を支えるメディアドゥ独自のシステム&テクノロジー

 成長を支える鍵は、『高度なデジタルコンテンツ流通ソリューション』にあります。
メディアドゥでは、電子書籍配信に必要なシステムを全て『自社開発』しており、以下のような安定的に安価に電子書籍を配信するシステムを提供しています。

□電子書籍コンテンツ
講談社、小学館、集英社、KADOKAWA等の大手出版社から中小様々な出版社のマンガ、書籍、雑誌等の電子書籍コンテンツを取り扱ってます。

□配信エンジン:『md-dc』
10年間の連続稼働率は99.999%(トラブル停止はゼロ)で、月間3億を超えるダウンロードに及ぶコンテンツ配信を支える堅牢なソリューションを提供しています。

□ビューア:『ユニバーサルフリック(2015年4月7日特許及び商標出願済み)』
新開発のタテヨコ自在読み機能を搭載した本棚&ビューアアプリ「MD Viewer」の提供をしています。

□ストアシステム構築管理システム:『MDCMS』
電子書店を簡単に、安く、早く構築することを実現しています。

事業内容

PHOTO

「日本文化を日本の中心から世界に発信していきたい」という思いを込め、2016年7月に皇居を一望できる「パレスサイドビル」にオフィス移転をしました。

メディアドゥでは大きく分けて3つの事業を展開しています。

□国内事業
書籍が電子化されることで、パッケージ化されたコンテンツはデジタル流通網を瞬く間に、物理的距離に関係なく移動しユーザーの元に届きます。デジタルコンテンツが持つ様々な課題を踏まえ、我々メディアドゥは電子書籍のリーディングディストリビューターとして、著作物の健全なデジタル流通を担い、皆様にひとつでも多くのコンテンツを届けています。

□海外事業
電子書籍市場は、単一国内市場での成長段階から、ボーダレス市場での成長に向けて動き始めています。メディアドゥは、日本の優れたコンテンツを世界に広めてくためのグローバルプラットフォームとなることを目指し、世界に向けて事業を展開しています。

□電子図書館事業
図書館は、基本的人権として「知る自由」をもつ国民に情報資料を提供する重要な任務を担っています。メディアドゥは、電子図書館サービスによって、図書館利用者の「物理的境界線」「利用時間制限」等のバリアと、図書館の「スペース確保」「運営コスト」等のハードルを低くすることで、日本全体の「知」の流通を促進させていきます。



本社郵便番号 100-0003
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F、8F
本社電話番号 03-6551-2806
設立 2017年9月1日
資本金 1億円
従業員 135名 ※2019年2月現在
売上高 372億1,300万円(2018年2月期決算) ※メディアドゥグループ実績
売上高推移 2010年2月期 26億5,000万円(従業員数85名)
2011年2月期 30億円(従業員数87名) 
2012年2月期 36億円(従業員数84名)
2013年2月期 40億8,000万円(従業員数102名)
2014年2月期 55億4,000万円(従業員数106名)
2015年2月期 80億7,400万円(従業員数106名)
2016年2月期 112億4,200万円(従業員数138名)
2017年2月期 155億3,200万円(従業員数163名)
2018年2月期 372億1,300万円(従業員数151名)
※2018年はメディアドゥグループ実績
事業所 ■本社
〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル5F、8F

■名古屋テクニカルオフィス
名古屋市中区丸の内3-5-10
名古屋丸の内ビル9F

■徳島木頭オフィス
〒771-6403
徳島県那賀郡那賀町木頭和無田字イワツシ5-23
主な取引出版社 アース・スター エンターテイメント/秋田書店/朝日新聞出版/イースト・プレス/一迅社/岩波書店/インプレス/SBクリエイティブ/NHK出版/オークラ出版/宙出版/太田出版/海王社/笠倉出版社/KADOKAWA/河出書房新社/くもん出版/グループ・ゼロ/幻冬舎/幻冬舎コミックス/講談社/コンデナスト・ジャパン/サンマーク出版/時事通信社/実業之日本社/集英社/秋水社/主婦と生活社/主婦の友社/小学館/祥伝社/少年画報社/松文館/昭文社/情報センター出版局/新書館/スクウェア・エニックス/すばる舎/世界文化社/ダイヤモンド社/大洋図書/竹書房/中央公論新社/ディスカヴァー・トゥエンティワン/手塚プロダクション/東洋経済新報社/徳間書店/日本文芸社/ハースト婦人画報社/ハーレクイン/白泉社/早川書房/PHP研究所/扶桑社/双葉社/ブックビヨンド/フロンティアワークス/ぶんか社/文藝春秋/報知新聞社/芳文社/マガジンハウス/マッグガーデン/読売新聞社/リイド社/リブレ出版/若生出版/ワニブックス/ワニマガジン社 など(敬称略 50音順)
主な取引電子書店 LINEマンガ(LINE(株))/dブック((株)NTTドコモ)/いつでも書店((株)ZITTO)/どこでも本屋さん((株)リブリカ)/honto((株)トゥ・ディファクト)/Kinoppy((株)紀伊國屋書店)/楽天kobo(楽天(株))/ブックパス(KDDI(株))/Reader Store(ソニーマーケティング(株))/iBooks(Apple)/Google Books(Google)/pixivコミック(ピクシブ(株))/comico PLUS(NHN comico(株))/じぶん書店((株)講談社/GEO マンガ((株)ゲオインタラクティブ) など(敬称略)
海外流通展開等 OverDrive:米国の90%が使う電子図書館サービス
Scribd.:50万冊読み放題定額制電子書籍サービス
LINEBook Distribution:海外版LINEマンガ
Creatubbles:こどもSNSサービス
平均年齢 33歳
グループ会社 (株)メディアドゥホールディングス
(株)出版デジタル機構
Media Do International, Inc.
(株)フライヤー
(株)マンガ新聞
アルトラエンタテインメント(株)
(株)メディアドゥテック徳島
Lunascape(株)
(株)Jコミックテラス
(株)徳島データサービス
沿革
  • 1994年
    • 代表、藤田が在学中に創業(大学3年時)
  • 1996年
    • 名古屋市に(有)フジテクノを設立
  • 1999年
    • 名古屋市に(株)メディアドゥを設立
  • 2000年
    • インターネット事業開始 、パケット通信量削減システム「パケ割!」を開発・サービス提供開始
  • 2001年
    • (株)フジテクノを吸収合併、メディアドゥ本社を名古屋市中村区名駅南に移転
  • 2004年
    • 「音楽」配信サービス開始
  • 2006年
    • コンテンツ配信システム「md-dc」を開発
      電子書籍配信事業開始
  • 2007年
    • コンテンツ配信プラットホーム「Contents Agency System(CAS)」提供開始
  • 2008年
    • 映像配信サービス開始
  • 2010年
    • ドコモ・ソフトバンク等キャリアへの電子書籍配信サービスの提供開始
  • 2012年
    • スマートフォン向け電子書籍配信ソリューションの展開開始
      共同運営アライアンス型電子書店展開の開始
  • 2013年
    • 東京証券取引所マザーズに株式上場
      LINEマンガとの事業連携を開始
  • 2014年
    • 米国OverDrive社と戦略的業務提携
      本社を東京都渋谷区に移転
      LINE・講談社・小学館とともに「LINEマンガ」のグローバル展開のための合弁会社を発足
  • 2016年
    • 東京証券取引所市場第一部に市場変更
      ビューアアプリ「MD Viewer」に関する日本特許等の取得及び
      海外出願
      米国カリフォルニア州サンディエゴ市に「Media Do International, Inc.」を設立
  • 2016年
    • 本社を東京都千代田区(竹橋)に移転
      書籍の要約サービスを提供する「(株)フライヤー」の株式を取得、子会社化
  • 2017年
    • 「(株)マンガ新聞」の株式を取得、子会社化
      徳島に合弁子会社である「(株)メディアドゥテック徳島」を設立
      「(株)出版デジタル機構」の株式を取得、子会社化
      「アルトラエンタテインメント(株)」の全事業を譲受
  • 2017年
    • 「Lunascape(株)」の株式を取得、子会社化
      IRIグループ(インターネット総合研究所、エーアイスクエア)と資本業務提携
      「(株)出版デジタル機構」の株式を100%取得し、完全子会社化
      「(株)MediBang」と資本業務提携
  • 2017年
    • 毎日新聞、ブロードバンドタワーとベンチャー支援の「(株)毎日みらい創造ラボ」を設立
      会社名を「(株)メディアドゥホールディングス」とし、持株会社体制へ移行
      「(株)メディアドゥホールディングス」の100%子会社「(株)メディアドゥ」を新規設立
  • 2018年
    • 親会社である「(株)メディアドゥホールディングス」が「(株)Jコミックテラス」の株式を取得、子会社化
      親会社である「(株)メディアドゥホールディングス」が「(株)徳島データサービス」の株式を取得、子会社化
  • 2019年
    • グループ会社である「(株)出版デジタル機構」が「(株)メディアドゥ」を吸収合併し、
      名称を「(株)メディアドゥ」に変更
      「(株)メディアドゥホールディングス」の100%子会社「(株)出版デジタル機構」を新規設立

月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間程度
前年度の育児休業取得対象者数 育児休業取得対象者数 3名(女性2名  男性1名)
前年度の育児休業取得者数 育児休業取得者数 3名(女性2名 男性1名 )

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F

(株)メディアドゥ
人事部 新卒採用担当 宛
TEL:03-6551-2806
Mail:shinsotsu@mediado.jp
URL http://www.mediado.jp/mediado/
E-mail shinsotsu@mediado.jp
交通機関 東京本社
東京メトロ東西線「竹橋」駅 1b出口直結
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp90130/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)メディアドゥ【メディアドゥグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)メディアドゥ【メディアドゥグループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ