エントリー受付開始まであと12日。気になる企業は 予約リスト に登録しておきましょう

最終更新日:2019/2/12

(株)大賀薬局

  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
本社
福岡県
資本金
5,000万円
売上高
237億円6,400万円(2017年9月)
従業員
1,285名(うち薬剤師404名)
  • 業種 調剤薬局、ドラッグストア
  • 本社 福岡県
  • 資本金 5,000万円
  • 売上高 237億円6,400万円(2017年9月)
  • 従業員 1,285名(うち薬剤師404名)

「従業員の満足が一番。それがお客様・患者様満足に結びつく」こんな気持ちを持った企業です

会社紹介記事

PHOTO
患者様に対してはもちろんのこと、スタッフもおたがいに思いやりをもった温かい薬局の雰囲気は、一人ひとりが心にゆとりを持って働ける職場環境から生まれています。
PHOTO
キャリアアップによって、スタッフの管理・教育から販売促進まで、店舗運営のすべてを任せられるようになります。幅広い経験により、人間性にも磨きをかけられる仕事です。

キャリアアップして店舗を動かすダイナミズム、そして真に患者様のために働ける喜び。

PHOTO

「社員を大切にしてくれていると実感できるから、大変な時も乗り越えられる」と本田さん(上)。「気持ちに余裕を持って働けるから、みんな優しい!」と坂元さん(下)。

【本田 圭助/第一経済大学経済学部卒業(2008年入社)】
学生時代、大賀薬局の五条店でアルバイトをしていた時、ドラッグストアでの仕事の楽しさ、そして社員同士の仲の良さを体感し、就職を決意しました。人と接する仕事は好きだったのですが、ドラッグストアではお客様から「ありがとう」と声をかけられる機会が多く、そこにやりがいを感じていました。入社後は4店舗を経験し、2年前に野芥店の店長に就任。ここは九州では他社に先駆けてオープンしたドラッグストアとコンビニが融合した店舗で、最初は新しいことばかりで大変でした。ですが、店長になりたての私でも新業態の店舗を任せてもらえることにやりがいを感じるとともに、先のキャリア形成を考えてくれる当社のあたたかさを感じました。数カ月後、店舗も軌道に乗り、徐々に自分自身のアイデアも店舗運営へと反映させられるようになりました。コンビニにお買い物に来られたお客様に向けて甘酒など健康食品の試飲活動を行うなど、この店舗でしか行えない販促活動を行い売上を伸ばすことができました。キャリアアップするにつれて与えられる裁量が大きくなるので、年々仕事が面白くなってきています。

【秀島 美穂/福山大学薬学部卒業(2013年入社)】
店舗見学に参加した際、働く皆さんの仲が良さそうで、私にも気さくに話しかけてくださったことに好印象を抱き、「ここに就職したい!」と考えるようになりました。実際に入社すると、なぜこんなに社風が良いのかが良く分かりました。というのも、それぞれの薬局にゆとりを持った人員配置をしているので、忙しい時間帯もあるものの、1日の中で業務分配を上手く行うことができています。そのおかげで、職場の人間関係は抜群ですし、患者様ともきめ細かく接することができます。ただお薬をお渡しするだけでなく、きちんと飲んでいただくまでが薬剤師の仕事だと私は考えているので、この環境は理想的です。ある患者様から「たくさん目薬がありすぎて、どれをいつ点眼していいか分からなくなる」とご相談頂いた際には、分かりやすい1日のスケジュール表を手づくりしてお渡ししました。ここまでできるのは、大賀薬局だからこそ。また、海外や国内のテーマパークの中から行き先を選び、好きなメンバーで行ける社員旅行など、福利厚生が充実しているというところも、楽しく仕事を続けられている理由のひとつとなっています。

会社データ

事業内容

PHOTO

まごころと優しさを表した「ハート」と医療と慈愛を表す「クロス」を併せた大賀薬局の「Heart Cross」

大賀薬局では、「調剤薬局事業」「ドラッグストア事業」の2大柱で展開しております。売上高237億6,400万円(2017年9月)

【調剤薬局事業】
九州有数の薬剤師数404名擁します。
調剤薬局80拠点(単独店64店、ドラッグストア併設店16点)を展開し、福岡市及びその近郊の店舗網は、全国大手薬局に劣らない店舗ネットワークを有します。現在、福岡県を初めとし佐賀県基山町、鳥栖市、熊本県熊本市、大分県大分市、鹿児島県鹿児島市、沖縄県那覇市にも店舗を展開。
総合病院門前をはじめ、面対応の大型薬局、専門的な科目(漢方、がんなど)を応需する薬局など、幅広い薬局展開を行っています。
潤沢な薬剤師数を活かしたOJT、また現場の薬剤師が作り上げる教育研修制度で皆さんの活躍をバックアップします。

【ドラッグストア事業】
福岡市内を中心にドラッグストア14店舗、調剤薬局併設店16店舗、化粧品正専門店3店舗、合計33店舗を展開しています。福岡市内の繁華街である博多エリア、天神エリアに多くの店舗を展開しているのも特徴です。
100年以上に亘り、地域に密着したドラッグストアを展開してきました。
大賀薬局のドラッグストアは単なる「物売り」ではなく、美や健康のパートナーとして、お客様に喜んで頂ける「相談できるドラッグストア」でありたいと考えています。
昨今では日本最大級のコンビニエンスストアコラボ店(ファミリーマート+ドラッグ大賀野芥店)の出店や、福岡への外国人観光客の増加に対応し、既存店舗の免税店化など、とどまるところを知らない挑戦を続けています。
本社郵便番号 812-0011
本社所在地 福岡市博多区博多駅前3丁目9-1 大賀博多駅前ビル3F
本社電話番号 092-483-8777
創業 1902年
設立 1949年11月
資本金 5,000万円
従業員 1,285名(うち薬剤師404名)
売上高 237億円6,400万円(2017年9月)
事業所 ■管理本部、調剤薬局事業本部、ドラッグストア事業本部、開発本部、経営企画室、管理本部
/福岡市博多区博多駅前3-9-1 大賀博多駅前ビル3F

■物流センター/福岡県糟屋郡志免町別府北2丁目1-1
        
■店舗/福岡、佐賀、熊本、大分、鹿児島、沖縄の各県内100店舗
平均年齢 薬剤師:36.4歳
医療事務:32歳
産休育休取得率 100%(2017年9月期)
有給休暇取得率 85%(2017年9月期)
沿革
  • 1902年
    • 創業者大賀可壮が筑紫野市二日市に「大賀商店」を開店。
  • 1927年
    • 天神町に進出。医薬品卸問屋を開店。
  • 1949年
    • 天神町西鉄街(現天神コアの場所)に新店舗を出店。天神地区での本格的な出店を開始。
  • 1962年
    • 福岡ビルに「福ビル大賀クスリセンター」を開店。医薬分業とういう言葉の無い時代に「調剤薬局」という新たな挑戦を行う。
  • 1976年
    • 天神地下街開業と同時に「天神地下街店」をオープン。
  • 1979年
    • CI(Corporate Identity)の一環として、新ロゴマーク「Heart Cross」を制定。
  • 1990年
    • 九州初の大規模ドラッグストア「宇美店」を開設。
  • 2000年
    • 24時間365日処方せん受付「野芥調剤店」開局。
  • 2011年
    • 福岡初、地下鉄駅構内に「地下鉄福大前店」開局。
  • 2013年
    • 九州初コンビニエンスストア融合店「ファミリーマート+大賀薬局店屋町店」オープン。
  • 2014年
    • サービス付き高齢者向け住宅「万葉の郷」建設。
  • 2015年
    • 門前医療機関の無い面対応調剤薬局・ドラッグストア併設店「別府店」をオープン。
平均勤続勤務年数 7.6年(2016年【平成28年】12月時点)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 53%(2017年【平成29年】12月現在)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)大賀薬局と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)大賀薬局を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ