最終更新日:2018/9/14

日の出屋製菓産業(株)【ささら屋・富山柿山】

  • 食品
  • 専門店(食品・日用品)
  • 農林・水産
本社
富山県
資本金
8,000万円
売上高
36.7億円(2018年2月末実績)
従業員
360名(パート110名を含む)
  • 業種 食品、専門店(食品・日用品)、農林・水産
  • 本社 富山県
  • 資本金 8,000万円
  • 売上高 36.7億円(2018年2月末実績)
  • 従業員 360名(パート110名を含む)

企業理念は『類ありて比なし』、富山名物のしろえびせんべい等の他には真似できない高品質なこだわり米菓を作り続けて95年。大正13年に創業した老舗のお菓子メーカーです。

会社紹介記事

PHOTO
1924年の創業以来、昔ながらの製法を貫き米菓づくりを続けてきた伝統ある企業。地域に根ざした経営をモットーに、原材料には安全で安心な富山米を100%使用。
PHOTO
2017年秋にオープンしたささら屋高岡店。直営店としては県内6店舗目。キッズスペースを備え小さな子ども連れでもゆっくり買い物が楽しめる。米菓に合うお茶のサービスも。

富山の伝統的な米菓づくりを継承し、幅広い世代に愛される店づくりを

PHOTO

「あんたに会いにきたよと声をかけてくださるお客さまも。笑顔を大切にしています」(小林=写真左)。「子育て世代の女性も多い、和気あいあいとした職場です」(篠嶋)。

 高岡店の店長として接客や販売、お店やスタッフのマネジメントを行っています。
 2007年に入社し、通信販売の部署に配属になりました。その後福光本店に移り、当時は苦手だった接客をすることになりましたが、お客さまや周りのスタッフに温かく接していただき、いつしかお店が私にとって居心地のいい場所になりました。お客さまからの「ありがとう」の声がうれしく、日々やりがいを感じています。
 店舗の立ち上げから関わる高岡店は、売り場面積を減らし、休憩スペースを広くとりました。癒しの空間として利用していただけるよう、店内から美しい庭が眺められるデザインとなっています。また、ママさんのお客様も多いため、店舗の中にキッズスペース、トイレにはおむつ交換スペースを設け、幅広い世代の方々にご来店いただいています。 

 実は私、当初パートとして入社しましたが、その後中途採用という形で正社員となりました。それまでは特にやりたいこともなく、仕事を転々としていた私が、こんなにも長く、イキイキと働けているのは、お客さまや共に働く仲間たちのおかげです。この温かい雰囲気も、日の出屋製菓の良い所の一つですね。
(ささら屋高岡店 小林時美)

 商品企画室は、新商品や季節商品の企画などをしています。発売の約半年前から構想を練り、企画書の作成や商品の内容量の決定、パッケージデザインの考案、商品ポップの製作など、仕事は多岐に渡ります。
 企画の上で第一に考えるのは、“日の出屋製菓らしさ"です。富山米100%の米菓という高級感や安心感を損なわないよう、上品さを大切にしています。
 学生時代は食物栄養学を学び、食に関わる仕事がしたいと考えていました。企業研究を進める中で、原材料に安全で安心な地元米を使用し、伝統的な米菓づくりを行う当社の方針に魅力を感じ、私も富山の伝統や食文化の継承に貢献したいと思い、志望しました。

 中学校卒業まで続け、入社後に再開した書道が特技で、店頭に並ぶ商品の中には、私の書いた文字がパッケージのロゴに使われているものもあります。特技が仕事に活きているのもうれしいですし、なんと言っても、自分たちが企画した商品を買っていただいた時はやりがいを感じますね。
 第二子出産のため1年間の産休・育休に入りますが、女性が出産を経ても働ける制度が整っている点も当社の良さだと思います。
(商品企画室 篠嶋美樹)

会社データ

事業内容

PHOTO

富山県南砺市田中という住所名のとおり、田んぼの中にある本社と工場。自然環境に恵まれたロケーションで商品を製造しています。

当社はお米のお菓子「米菓」を製造・販売するメーカーです。

お客様においしい商品をお届けするために原料のお米は最高品質の富山県産米を100%使用し、富山県内にある3カ所(福光地区2工場、立山1工場)の自社工場で製造しています。

販売に関しては「日の出屋製菓」「ささら屋」「富山柿山」等の自社ブランドを販路別に使い分ける営業展開を行っています。
ささら屋は全国12カ所にある直営店と通信販売事業、富山柿山はお取引先の売場で主に銘店や専門店・高級スーパー等、そして日の出屋製菓は問屋を通じてスーパーや量販店等で販売されています。

2010年からは自社直営農場の「結ふぁーむ」で農事業をスタートし、収穫された野菜を直営店で販売したり、自社商品の副原料として使用したりしています。
また収穫したサツマイモを自社内で素材菓子へ加工して販売するなど、米菓以外の菓子食品の製造・販売も新しい試みとして取り組みを進めています。
本社郵便番号 939-1694
本社所在地 富山県南砺市田中411
本社電話番号 0763-52-3011
創業 1924年2月26日
設立 1954年3月2日
資本金 8,000万円
従業員 360名(パート110名を含む)
売上高 36.7億円(2018年2月末実績)
事業所 本社 〒939-1694 富山県南砺市田中411

【工場】
福光本社工場 〒939-1694 富山県南砺市田中411
福光本店工場 〒939-1701 富山県南砺市遊部40
立山工場 〒930-0212 富山県中新川郡立山町沢端21

【営業所】
東京営業所 〒181-0002 東京都三鷹市牟礼5-3-5
大阪営業所 〒558-0051 大阪府大阪市住吉区東粉浜2-17-2
名古屋営業所 〒452-0806 愛知県名古屋市西区五才美町151

【直営店】
ささら屋
(福光本店、立山本店 、福光新町店 、富山金泉寺店 、とやマルシェ店 、高岡店、金沢高柳店 、東京九段店 、東京三鷹店 、東京八王子店 、大阪住吉店)
富山柿山
(大和富山店、大和高岡店、名鉄エムザ店)
多聞堂
(金沢あんと店)
主な取引先 イオンリテール(株)、(株)種清、カナカン(株)、(株)JRサービスネット、(株)山星屋、アルビス(株)、三菱食品(株)、(株)高山、(株)明治屋、(株)クイーンズ伊勢丹、(株)成城石井、(株)三浦屋、(株)シェルガーデン、富山県いきいき物産(株)、中部コンフェックス(株)、(株)吉寿屋、(株)紀ノ国屋、イズミヤ(株)
子会社 (株)多聞堂
平均年齢 39.2歳(正社員)
男女比 男性43% 女性57%
離職率 1.7%(正社員 2017年実績)
沿革
  • 1924年
    • 富山県南砺市(福光町)新町で川合宣之が創業
  • 1954年
    • 個人事業から法人へ組織変更し、(株)日乃出屋製菓所として発足
  • 1955年
    • 東京営業所開設
  • 1956年
    • 堂さまあられを発売開始(現在も発売中の当社最長ロングセラー商品)
  • 1964年
    • 富山市金泉寺に富山金泉寺工場が完成
  • 1965年
    • 大阪営業所開設
  • 1967年
    • 富山県南砺市(福光町)遊部に本社並びに福光本店工場が完成
  • 1968年
    • 名古屋営業所開設
  • 1970年
    • 日の出屋製菓産業(株)へ商号変更、川合昭至が代表取締役社長に就任
  • 1972年
    • 富山県南砺市(福光町)田中に福光本社工場完成、稼動開始
  • 1984年
    • 福光本社工場内に商品管理センター完成 
  • 1989年
    • ささら屋の屋号で通信販売事業を開始
  • 1992年
    • ささら屋福光本店オープン
  • 1998年
    • 新本社完成(福光町遊部から田中へ移転)
  • 1999年
    • 川合声一が代表取締役社長に就任
  • 2008年
    • 最新の設備を備えた立山工場が完成、工場併設店舗ささら屋立山本店がオープン
  • 2010年
    • 自社農場「結ふぁーむ」で農事業スタート
  • 2011年
    • ささら屋金沢高柳店オープン
  • 2012年
    • ささら屋東京九段店オープン
  • 2014年
    • 川合雅之が代表取締役社長に就任
  • 2015年
    • ささら屋とやマルシェ店(富山駅内)オープン
  • 2016年
    • 富山大学理学部と産学共同のゴマ栽培プロジェクトを開始
  • 2016年
    • 立山工場が食品衛生優良施設として厚生労働大臣表彰を受賞
  • 2017年
    • ささら屋高岡店オープン
平均勤続勤務年数 15年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 4.5時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 有給休暇取得率 50%
(平均取得日数 8.5日 / 平均付与日数 17日)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 23.2%(56名中女性13名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

日の出屋製菓産業(株)【ささら屋・富山柿山】と業種や本社が同じ企業を探す。
日の出屋製菓産業(株)【ささら屋・富山柿山】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ