最終更新日:2018/7/27

(株)ミクロ発條

本社
長野県
資本金
5,000万円
売上高
17億(2018年6月)
従業員
99名

目指すのは“世界一小さい○○”で世界に弾みを与えること<世界トップクラスのシェアを誇るアノ製品も。><長野県諏訪市>

会社紹介記事

PHOTO
ボールペンのインク量を調節している極微細バネは主力製品。高い技術とシェアを武器に、半導体や医療分野へ革命を起こすバネの開発にも挑戦している。
PHOTO
本社は長野県諏訪市。世界各国に安定供給するべく、上海、大連、マレーシアには工場を置いている。

ミクロに託した大きな夢!

PHOTO

イキイキとした表情で仕事に打ち込む岡本さん。ミクロ発條の魅力と、ミクロ発條で働くことのプライドを熱く語ってくれた。

■岡本弘毅さん
コイリング部門の生産管理を担当しています。就職活動の際は、独自の技術や強みを持った会社で、長く働きたいと考えていました。
ミクロ発條のオンリーワンの精密バネ技術を知り、ここだと思ったんです。
社のミッションは、とにかく品質が全てに優先すること。
精密な製品なので、些細な変化や違和感を感じたら即座に対応する。
チームで共有してスピーディに解決する。そこには密なコミュニケーションが必要なんですが、上から下まで適度な緊張感を持ちつつ、いいチームワークがある。それがミクロ発條の強みだと思います。精密バネにおいては世界最先端の技術を持つ会社だと自負していますが、実はすごくアットホームなんです。社員の誕生日とクリスマスには、必ず会長と社長からケーキのプレゼントがあります。
だから、自分で買う必要がないんです(笑)。
サークル活動が盛んで、僕は野球部とフットサル部、あとカヤック部にも所属しています。仕事も忙しいですが、それぞれのトレーニングもしなければならないんで、オフタイムも忙しくて大変です(笑)。
会社で出会った信頼できる仲間たちと、仕事では真剣に、オフではとことん楽しむ。
そんな毎日がとても充実しています。

■Q&A
Q:なぜ、ミクロ発條に入社しましたか?
A:ひとつの企業で定年まで勤務したいと思っていましたので、ミクロ発條の
 卓越した技術力に可能性を感じ、同時に、企業としての安定感を感じたからです。

Q:現在の所属は、
A:コイリング部門 生産管理(製品在庫管理など)

Q:ミクロ発條の魅力
A:安定した年収・福利厚生の充実。

Q:ミクロ発條で学んだこと
A:自己の成長を感じられる喜び、チームワークの大切さ。

Q:今後のビジョン
A:製造など別の職場も経験し中堅として信頼される仕事をしたい。

Q:ミクロ発條の福利厚生、働く環境は?
A:幅広いサークル活動(野球・フットサル・カヤック・マラソン)
 イベントの充実(家族会・誕生日・クリスマス)
 プライベートでの社員の交流も盛んでオンもオフともに充実。

会社データ

事業内容

PHOTO

ミクロ発條のバネ。半導体、電子部品、文具、自動車、医療などさまざまな分野に用いられている。

ミクロ発條は自社開発NCマシンにて超微細バネをはじめ、あらゆるユーザーのニーズに応えるスプリングをお届けしています。

<事業内容>
・精密バネの製造、販売、研究、開発
・バネを生産するための機械、またその付帯設備の開発、設計、製造、メンテナンスなど

本社郵便番号 392-0023
本社所在地 長野県諏訪市小和田南22番6号
本社電話番号 0266-52-3550
資本金 5,000万円
従業員 99名
売上高 17億(2018年6月)
事業所 長野県諏訪市、茅野市、富士見町
月平均所定外労働時間(前年度実績) 17.5時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 男性3名 女性1名(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 男性0名 女性 1名(2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 10%(2017年度)

取材情報

最微細のばねを生み出す、知る人ぞ知る会社がここに。
一人ひとりが技術を磨き、目標をもって新しい時代を作りだす。
PHOTO

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)ミクロ発條と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ