最終更新日:2018/11/20

(株)EPファーマライン(EPSグループ)

  • 各種ビジネスサービス
  • 薬品
  • 医療用機器・医療関連
  • 化粧品
  • 医療機関
本社
東京都
資本金
4億3,367万円
売上高
83億300万円(2017年9月度実績)
従業員
1,250名(2017年9月) うち薬剤師約470名、MR約300名、看護師・管理栄養士等約120名
  • 業種 各種ビジネスサービス、薬品、医療用機器・医療関連、化粧品、医療機関
  • 本社 東京都
  • 資本金 4億3,367万円
  • 売上高 83億300万円(2017年9月度実績)
  • 従業員 1,250名(2017年9月) うち薬剤師約470名、MR約300名、看護師・管理栄養士等約120名

【東証一部上場イーピーエスグループ】98%の学生の方が「こんな薬剤師の働き方があるんだ!」と新発見!…薬剤師にしかできない、医薬品の最新情報と学術提供をするお仕事

会社紹介記事

PHOTO
東証一部上場のEPSホールディングス (株)のグループ企業の一員として、DI業務を核に、医療・医薬・ヘルスケア業界で多様なビジネスを展開しているEPファーマライン
PHOTO
一般的なコールセンター業務と異なり、対応するのは医師や薬剤師、MRといった医療・医薬のスペシャリストが中心。仕事を通じて知識とスキルを身に付けられる環境です。

医薬品スペシャリストとして、医師・薬剤師の問い合わせに最新の医薬情報を提供します

PHOTO

医療の現場を支えるやりがいを感じながら、日々業務に取り組んでいます。

■薬剤師としての知識と資格を活かし、医療の現場を支えています。
EPファーマラインは、製薬会社から、医療機関や患者さんなどに医薬品の正しい使い方を提供するユーザーサポート業務を受託するDI(ドラッグ・インフォメーション)事業を展開している企業です。
現在、私が担当しているのは外資系製薬会社の業務です。医師や薬剤師、製薬会社のMRの方々からの医薬品の使用方法や事例についての専門性の高い質問や、薬を処方されている患者さんの相談まで、幅広い内容の問い合わせがあります。医薬品の専門家として多くの方に対応する仕事なので、学校で学んだ薬剤師としての知識や資格を活かすことができますし、最新の医薬品の知識を勉強しながら、スペシャリストとして研さんできる環境にあります。
業務は受付時間が決まっているので、ほぼ毎日定時で帰宅できるのも大きな魅力です。チーム医療の一員として重要な役割を果たしながら、充実したプライベートを両立できます。(メディカルコミュニケーター O・N)

■文系出身者にも大きな活躍のチャンスのある会社です。
大学では福祉を専攻し、実習を通して医療の仕事に興味を持ったことからEPファーマラインに入社しました。私が担当しているのは医療機関から医薬品の「市販製造後調査」と呼ばれる情報収集の認可をとりつけるために必要な書類を作成する仕事です。新たに発売された医薬品の有効性などを確認するために必要な業務です。先輩のアドバイスを受けながら、日々勉強していますが、今後は今の仕事をより一層極めていきたいと思います。(カスタマーサービスセンター H・I)

医療関係の書類の作成は施設毎に形式が異なるので細心の注意を払っています。製薬会社のMRの方から感謝の言葉を頂いた時は自分が人の役に立っている実感が沸きました。当社は、現在も新たな事業分野を開拓しながら成長を続けているベンチャー企業で、社内には様々な経歴を持つ社員が在籍しており、常に新しい可能性を探っています。次はどんな仕事を任されるかという期待を持って働くことができる点に魅力があります。医療や医薬に携わるという公共性の高さだけでなく、企業としての勢いにも注目してほしいです。(カスタマーサービスセンター N・S)

会社データ

事業内容

PHOTO

■DI(Drug Information)事業
・院内薬剤師や保険薬局薬剤師、医師からの問い合わせ対応をする『くすり相談窓口』を製薬企業の代わりに受託している事業

■BPO(Business Process Outsourcing)事業
・市販後の医薬品の適正な使用法を確立するために行われる、製造販売後調査(Post Marketing Surveillance)を製薬企業の代わりに受託している事業
・薬の説明書きである『添付文書』や『おくすりのしおり』の作成を製薬企業の代わりに受託している事業

■CSO(Contract Sales Organization)事業
・医薬品を病院や診療所の医師・看護師に広めるための医薬品営業(MR:Medical Representative)を、製薬企業の代わりに派遣している事業

■MDS(Medical Device Support)事業
・手術器具や衛生用品などの医療機器を、病院や診療所の医師・看護師に広めるための医療機器営業を、医療機器企業の代わりに派遣している事業
本社郵便番号 171-0021
本社所在地 東京都豊島区西池袋3-27-12 池袋ウェストパークビル
本社電話番号 03-5979-8128
創業 2004年12月
設立 1997年11月4日
資本金 4億3,367万円
従業員 1,250名(2017年9月)
うち薬剤師約470名、MR約300名、看護師・管理栄養士等約120名
売上高 83億300万円(2017年9月度実績)
事業所 東京本社(東京都豊島区西池袋)
大阪支社(大阪市西区靱本町)
福岡支店(福岡市博多区博多駅前)
仙台支店(仙台市青葉区本町)
池袋研修センター(東京都豊島区池袋)
第三者審査部・アネックス(東京都豊島区西池袋)
売上高推移 20億1,600万円(2012年9月度実績)
24億1,800万円(2013年9月度実績)
59億7,200万円(2014年9月度実績)
67億8,800万円(2015年9月度実績)
75億900万円(2016年9月度実績)
83億300万円(2017年9月度実績)
株主構成 EPSホールディングス(株)
役員・従業員
主な取引先 内資・外資大手製薬企業(約85社)
内資・外資大手医療機器メーカー、食品会社
CRO、クリニック、医療系調査会社、大手通販会社等 計 約80社
グループ会社 EPSホールディングス(株)
イーピーエス(株)
(株)EPSアソシエイト
(株)イーピーメイト
イートライアル(株)
(株)EP綜合
(株)エクサム
(株)綜合臨床メデフィ
EPSインターナショナル(株)(日本)
益新国際医薬科技有限公司(中国)
EPS Global Reseach Pte. Ltd.(アジア・パシフィック)
EVER PROGRESSING SYSTEM PTE. LTD.(シンガポール)
EPS International Korea Limited(韓国)
益欣国際医薬科技股分有限公司(台湾) 他
EPS益新(株)
益新(中国)有限公司
益通(蘇州)医療技術有限公司
益通(南通)医療設備有限公司
蘇州益普思物業管理有限公司
蘇州市益普思職業培訓学校
GNI-EPS(HONG KONG)HOLDINGS LIMITED
益新四薬(常州)科技有限公司 他
EPI(株)
ジェイクルーズ(株)
EPI山梨(株)
益新健康科技服務(蘇州)有限公司
(株)イーピービズ
服装 男性:スーツ・ネクタイ着用 ※夏場のクールビズ期間あり
女性:オフィスカジュアル
※外出時や来客時などはジャケットまたはスーツ着用
沿革
  • 2004年12月
    • 南池袋平成ビルにアポプラスステーション(株)
      新規事業室開設
  • 2006年9月
    • (株)メディカルライン設立
      (アポプラスステーションからの新設分割により)
  • 2007年7月
    • 在籍薬剤師50名を突破
  • 2008年10月
    • 関西での事業基盤確立に向けて大阪支店開設
  • 2009年10月
    • 株主異動によりEPSグループ入り
      在籍薬剤師100名を突破
  • 2011年1月
    • 医薬情報推進室開設
      製薬企業の学術資材作成サービスを本格的に開始しました。
  • 2011年3月
    • 東北太平洋沖地震が発生。当社のコールセンターは震災前後も途切れなく、24時間体制のサービスを継続しました。
  • 2011年4月
    • 当社の社長とスタッフ2名が救援物資を届けに、東北の被災地(気仙沼、南三陸町、宮古市など)を回りました。
  • 2012年12月
    • 大阪コンタクトセンター開設(85席)
  • 2013年3月
    • 事業所内保育施設「メディママ保育園」開設
  • 2013年10月
    • (株)ファーマネットワークと合併、
      「EPファーマライン」として再スタート
  • 2014年3月
    • 福岡支店開設
  • 2015年4月
    • DIサービス全般の業務品質向上を目的とした
      「品質向上サポート部」新設
      学術資材作成に特化した
      「医薬情報推進部」を新設
  • 2015年6月
    • 仙台支店開設
  • 2015年9月
    • 本社増床
      研修センター新設
  • 2016年3月
    • 大阪支店コンタクトセンター増床(100席)
  • 2016年5月
    • PMS業務における品質保証機能向上のため「品質保証室」を新設
  • 2016年6月
    • 新規業務拡大のため「第三者審査部」を新設
  • 2016年12月
    • 池袋研修センター(KDXビル)始動
  • 2017年1月
    • 大阪支社に「医薬情報推進室」を新設
  • 2017年4月
    • 福岡コンタクトセンター開設 BCPセンターとして運用開始
  • 2017年6月
    • 「新規事業開発本部 事業企画室」を「営業企画部」と統合し、「事業企画部」を新設
  • 2017年10月
    • 「医薬情報推進部」、「品質向上サポート部」、「メディカルコールセンター」を編成し、「メディカルアフェアーズ(MA)本部」を新設
  • 2018年8月
    • 池袋コールセンター・別館が稼働開始
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間(2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 78名(うち男性1名、2016年4月1日~2017年3月31日の実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 全体55名(うち女性10名 男性45名 女性割合18.2%)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)EPファーマライン(EPSグループ)と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)EPファーマライン(EPSグループ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ