最終更新日:2019/4/25

  • 正社員

技研工機(株)

  • 機械
  • 機械設計
本社
愛媛県
資本金
5,000万円
売上高
8億8,000万円(2018年3月実績)
従業員
54名(2019年2月現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 機械、機械設計
  • 本社 愛媛県
  • 資本金 5,000万円
  • 売上高 8億8,000万円(2018年3月実績)
  • 従業員 54名(2019年2月現在)
  • 募集人数 1~5名

世界トップクラスの大手メーカーを支える「技術」と「想い」。ニッポンのものづくりを愛するプロの技術者集団です。

4/20.27.5/7.11.17説明会開催!社長と話せる!交通費支給! (2019/04/15更新)

説明会では社長自ら技研工機について説明!交通費も支給します!
また、希望されれば1次選考も兼ねて行えますのでぜひご参加ください!
詳細&ご予約は説明会ページからお願いします!

YouTubeにて会社紹介動画公開中!
【愛媛のスゴ技】(3分01秒)https://www.youtube.com/watch?v=Atst7ClHRcc
【工場長の歩み】(5分15秒)https://youtu.be/WIpZoxUCDYc
YouTubeで「技研工機」と検索すれば出てきます。是非ご覧ください(^▽^)

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
大量生産ではなく、ひとつの設計図でひとつのモノを作る。技術者ひとりひとりが日々アイデアを出しあって、ルーチンワークとは違う、新しいものづくりに挑戦しています。
PHOTO
高い技術力を誇るパートナーとして、数々の日本有数の大手メーカーとも直取引。共同の研究・開発の依頼も数多く寄せられています。

私たちに、作れない部品はありません。

PHOTO

ひとりの技術者として自ら新しいものづくりに挑戦してきた宮崎社長。「皆がものづくりを楽しんで、皆が幸せになれる会社にしていきたい」という、あたたかい人柄が魅力だ。

日本を代表する製紙産業の町、愛媛県・四国中央市。私たちはその地で、紙製品をカットする「工業用刃物」の製作及び再生研磨から事業をスタートさせました。その技術は約半世紀の歴史の中で、どんどんフィールドを広げ、今では産業機械の「精密部品加工」「機械設計」を柱に、“私たちにしかできないものづくり”で、日本の暮らしと産業の核となる製造業を支えています。具体的には例えば、材料、熱処理や表面処理にも豊富な知見を持っていますので、材料から完成品まで一気通貫でものづくりができ、お客様に対してトータルでベストな提案をすることができます。また、5軸同時制御などの付加価値の高い工作機械を所有していますので複雑形状などの高い要求に応えることができます。そして、ミクロン単位の精度を出せる機械を含めて様々なタイプの研磨機を約30台所有していますので、高い表面粗度や厳しい寸法公差の要求にも応えることが可能になっています。

私たちが長年、日本全国の大手メーカーと直取引ができているのも、ものづくりに誠実に取り組んできた結果です。「ものづくりを愛するプロ集団」として、大手メーカーの期待に応えるために、「できない」ではなく、「どうしたらできるか」「もっといいものができるのではないか」と常に上を目指してきたことが、他社には負けない「技術」を育んできました。今では、「技研工機なら何とかしてくれる」と多くの大手企業から様々な依頼が寄せられています。

2016年度には最先端の機械の導入や老朽化した設備の更新で2億円近い設備投資を行いました。ただ、最先端のハードやソフトも、それを使う技術者に「心」が伴わなければ生かされません。AIなどの技術革新はものづくりの現場を進化させるはずですが、技術者がいかに工夫して知恵を絞るかによって、可能性にも歴然とした差が出てくるはずです。

当社は、技術者の「心」を磨くという面でも最適な環境です。私たちの仲間は、困難な課題があったとしても、それを乗り越えていくために、常に試行錯誤を繰り返しながらものづくりを行っています。そんなポジティブな技術者の周りには、自然と知恵を出し合ってくれる仲間が集まってきます。「心」が伴えば、技術は本物になっていく。そんなニッポンのものづくりの「誇り」を胸に、四国に根ざしながらも、日本全国の大手メーカーの事業を支えるダイナミックな仕事を手がけませんか。

会社データ

プロフィール

当社は1968年に設立して以来「工業用刃物」の製作に端を発し、加工、機械設計へとビジネス領域を広げてきました。現在では、工業用刃物の他に精密機械部品製作、樹脂原料ペレタイザー装置、粉体供給装置、各種カッティング装置、自動化機械の設計・製作を行っております。

私達の仕事は大きく2つに分類することができます。
■プラスチック射出成形機用の原料ペレット製造装置の設計・製造・アフターサービス
世の中には多くのプラスチック製品がありますが、このプラスチック製品を作るためには、先ず原料となる樹脂を溶かし「ペレット」を作ることから始まります。このペレットを作るために必要な機械を設計し、組立、アフターサービスまで行っています。その代表的な装置が「ストランドカッター」です。大手石油化学メーカーのプラントの最終部分に設置される重要な機械でして、取引先企業の技術者と打ち合わせをしながら仕事を進めています。その他にも、各種カッティング装置や自動化機械などお客様の要望に合わせた、オーダーメイド製品も製作しています。

■精密部品加工
工作機械の心臓部品等の製造を行っています。つまり、「機械をつくる機械」の重要な部品の製造を行っています。高い精度が要求される製品です。また、プラスチックの原料となるペレットを製造する押出機の重要先端部品の製作も行っています。内面湾曲加工と呼んでいる通常2次元で行われる加工を3次元に捉えて複雑な加工を精密に行うことを得意としています。

私達の技術力とお客様からの信頼は、お取引頂いているお客様の顔ぶれを見れば理解して頂けると思います。わずか52名の愛媛にある小さな会社が、日本の製造業のトップとお取引頂いているという事実が、技研工機にしかできないニッチな領域で存在感を顕している証であると自負しています。

事業内容

PHOTO

最新型同時5軸制御複合旋盤(オークマ製MULTUS U3000)

1.精密機械部品及び工業用刃物製作
2.機械設計・製作
 〔1〕樹脂原料ペレタイザー装置
 〔2〕各種カッティング装置
 〔3〕粉体供給装置
 〔4〕省力化・自動化機械
本社郵便番号 799-0111
本社所在地 愛媛県四国中央市金生町下分798-1
本社電話番号 0896-56-4535
設立 1968(昭和43)年4月1日
資本金 5,000万円
従業員 54名(2019年2月現在)
売上高 8億8,000万円(2018年3月実績)
事業所 愛媛県四国中央市金生町下分798-1
主な取引先 旭化成(株)
イーグルブルグマンジャパン(株)
出光興産(株)
川之江造機(株)
(株)神戸製鋼所
昭和電工(株)
住友化学(株)
東芝機械(株)
東ソー(株)
東レ(株)
トーヨーエイテック(株)
(株)日本製鋼所
三井化学(株)
三井デュポンポリケミカル(株)
三菱ケミカル(株)
ユニ・チャーム(株)
(株)リブドゥコーポレーション
沿革
  • 1965(昭和40)年 5月
    • 宮崎正親が本所在地に宮崎商会を創立。
      精密機械部品、機器、産業用機械及び紙工品の販売を開始。
  • 1966(昭和41)年 2月
    • 地元製紙工業へ各種機械刃物の販売を開始。
  • 1968(昭和43)年 4月
    • 資本金100万円にて技研工機(株)を設立、同商会の一切の業務を継続。
  • 1970(昭和45)年 8月
    • 本所在地に工場を建設、製紙工業用ドクターブレード、各種産業機械用精密部品、機械刃物の製作を開始。
  • 1972(昭和47)年 5月
    • 紙工業関係の機械製作を開始。
  • 1973(昭和48)年 3月
    • 先に建設した工場が狭隘となり解体し、新たに鉄骨にて改築する。
  • 1974(昭和49)年 6月
    • 資本金500万円に増資。
  • 1976(昭和51)年 8月
    • 資本金1,000万円に増資。
  • 1976(昭和51)年 9月
    • 工場を増築し生産品目を増強。
  • 1979(昭和54)年11月
    • 本所在地にあった工場を同市内山田井1818-1に全面移転する。
  • 1980(昭和55)年 4月
    • 資本金2,000万円に増資。
  • 1983(昭和58)年 4月
    • 資本金3,000万円に増資。
  • 1983(昭和58)年 7月
    • 倉庫一棟新築。
  • 1986(昭和61)年 8月
    • ストランドカッター1号機を試作、(株)日本製鋼所様へ納入。
  • 1988(昭和63)年12月
    • 山田井工場を増築し、機械を増設。
  • 1991(平成3)年 4月
    • 資本金5,000万円に増資。
  • 1991(平成3)年12月
    • 山田井工場機械組立棟増設。
  • 1998(平成10)年 3月
    • 複合化高機能設備を増強。
  • 2004(平成16)年 6月
    • 宮崎政博が代表取締役に就任
  • 2007(平成19)年 7月
    • マシニングセンターを2台増設し合計10台に。
  • 2013(平成25)年 9月
    • OKK製 5軸同時制御立型マシニングセンター導入
  • 2016(平成28)年 3月
    • オークマ製 5軸同時制御複合旋盤 MULTUS U3000導入
  • 2016(平成28)年 9月
    • 岡本工作機械製作所製 平面研削盤 PSG-157iQ(ストローク1500mm)導入
  • 2016(平成28)年11月
    • 放電加工機を最新型の三菱電機製EA28VM ADVANCEに更新
平均勤続勤務年数 18.6年(2018年11月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 26時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒799-0111 愛媛県四国中央市金生町下分798-1
TEL:0896-56-4535
採用担当:宮崎,原
URL http://www.giken-kohki.co.jp/
E-mail gkk-ho3@giken-kohki.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp95272/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
技研工機(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
技研工機(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ