最終更新日:2019/7/2

  • 正社員
  • 既卒可

一般財団法人リモート・センシング技術センター

現在、応募受付を停止しています。

  • 情報処理
  • 専門コンサルティング
本社
東京都
基本財産
2億5,000万円
事業収入
40億4,535万円(2018年3月期)
職員数
157名(2019年7月1日現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 情報処理、専門コンサルティング
  • 本社 東京都
  • 基本財産 2億5,000万円
  • 事業収入 40億4,535万円(2018年3月期)
  • 職員数 157名(2019年7月1日現在)
  • 募集人数 6~10名

衛星データによるリモートセンシング技術を活用し、社会インフラとして定着させるために

追加募集中です! (2019/07/02更新)

7月2日より追加募集を開始しました。
応募書類については、募集要項にて示しておりますので、ご確認下さい。
なお、志願書については、財団所定のフォーム(財団ホームページに掲載)にてご作成下さいますようお願いします。

締切は、7月26日(必着)とさせて頂きます。

ご応募をお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
さまざまな専門性をリモート・センシング技術に応用できるフィールドがあることが魅力。通常業務内で自主研究も行っており、新しいビジネスを生み出す機会もある。
PHOTO
日本のリモート・センシング事業のパイオニア。地球観測情報の膨大なデータをソリューションとして提供。JAXAとの業務を中心に、さまざまな研究機関や企業と事業を展開。

「知らないことを知りたい!」という好奇心が、私を成長させる原動力です

PHOTO

「知らないことを知ることはとても快感です」と笑顔で話す入社2年目の山田さん。好奇心を大切にしており、現在いちばん興味のあるAIの勉強に日々楽しみながら励んでいる。

2001年に見たしし座流星群に感動したことがきっかけで宇宙に興味を持ち、大学では天文学を専攻しました。その後、就職活動を始めた際に教授の勧めで参加した「宇宙就活」。宇宙に関わる仕事を目指す人のための就活イベントです。そこでさまざまな企業が宇宙に関わっているのを知りました。気がつくとそのイベントを運営する学生団体で企画・運営を行っていましたね(笑)。当財団はそのイベントに毎年出展しており、その際に先輩社員から仕事内容やリモートセンシング技術がどう社会の役に立っているのかを聞き、リモートセンシングの経験がない私でも楽しく働けると感じて入社を決めました。

入社後の研修では、リモートセンシングの基礎からスタート。その原理や観測手法をはじめ、どのデータが、どのシーンで使用されているのか、実際の研究開発の仕事を通じて学びました。現在、私が所属している研究開発部には大きく4つのグループがあります。農業や海洋の分野に衛星画像を活用するグループや社会インフラである鉄道や高速道路などで衛星画像を活用するグループ、また、森林や大気などの環境系をモニタリングするグループ。そして、それらの分野で使用するツールを開発するグループがあり、そこで私はJAXAから提供される衛星データの解析研究や、衛星画像にお客様のニーズに応える付加価値をつけたデータの提供をしています。他にも、将来私たちにとって新しいビジネスになる“タネ”を探す研究にも取り組んでいます。

日頃からJAXAをはじめ、国内外のさまざまな研究機関や企業と連携して仕事を行うため、常に新しい発見があります。また、当財団には各分野のスペシャリストが多く、仕事で悩んだ時は的確なアドバイスをもらえます。また、長年にわたってリモートセンシングに特化して研究しているからこその最先端技術に触れることができる、ワクワクできる魅力的な環境があります。女性研究者が多いことも特徴です。研究者の約30%は女性ですし、育児休暇などの制度も充実しているため、結婚や出産で退職する方はいません。ちなみに、研究開発部の部長は女性なのでキャリアプランを描きやすく、仕事のモチベーションにもなっていますね。今後は、自分の強みである好奇心を武器に、どの分野でも活躍できるジェネラリストをめざしていきたいです。

(山田淑乃/ 研究開発部 2016年入社)

会社データ

プロフィール

リモートセンシングとは、遠隔探査を意味しています。現在様々な場面でリモートセンシング技術は用いられていますが、衛星等により宇宙から地球を観測する方法・技術もその一つです。
1975年の設立以来40年以上にわたり、衛星データが、安全で豊かな社会の実現のためになくてはならない情報となることを目指して、リモートセンシングに特化して事業を展開してきました。そして、リモートセンシング技術が皆様の生活に根付くことを目標に、更なる精進をして参ります。

事業内容
当財団は、「人工衛星等を利用して、地球の資源、現象等について探査するリモートセンシングに関する基礎的かつ総合的研究開発を行うとともに、リモートセンシングその他の宇宙開発利用に関する普及啓発を行い、もって社会経済の発展及び国民福祉の向上に寄与する」ことを目的とし以下の業務を実施しています。
1.リモートセンシングに関する技術及び機器の研究開発
2.リモートセンシングに関する情報の収集、処理及び解析、蓄積及び管理並びに提供
3.リモートセンシングに関する人材の養成
4.リモートセンシングその他の宇宙開発利用に関する普及啓発
5.リモートセンシングに関する機器の供用
6.その他この法人の目的を達成するために必要な事業
本社郵便番号 105-0001
本社所在地 東京都港区虎ノ門3丁目17番1号
TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階
本社電話番号 03-6435-6705
設立 1975(昭和50)年8月1日
基本財産 2億5,000万円
職員数 157名(2019年7月1日現在)
事業収入 40億4,535万円(2018年3月期)
代表者 理事長 池田 要
勤務地 本社/東京都港区
事業所/茨城県つくば市、埼玉県比企郡鳩山町
沿革
  • 1975年6月4日
    • 設立発起人会
  • 1975年8月1日
    • 財団発足・業務開始(ユニ六本木ビル)
      調査・研究の開始
  • 1976年
    • 画像解析装置運用開始
      機関誌「RESTEC」創刊
  • 1978年
    • 衛星データ配布事業開始
      国外技術者へのリモートセンシング研修開始(JICA受託)
      国内技術者へのリモートセンシング研修開始(科学技術庁※1受託)
  • 1979年
    • 宇宙開発事業団※2地球観測センターへの運用支援業務開始
  • 1981年
    • 英文機関誌「RESTEC newsletter」創刊
  • 1987年
    • MOS-1(もも1号)データ一般配布開始
  • 1991年
    • 鳩山事務所開設(埼玉県比企郡)
  • 1992年
    • 鳩山事業本部に改組
  • 1995年
    • 本社移転(六本木ファーストビル)
      宇宙開発事業団地球観測データ解析研究センター※3運用及び解析研究業務開始
  • 1998年
    • 財団自主リモートセンシング技術研修開始
  • 1999年
    • 評議員会設置
      解析研究本部、観測技術本部制に改組
  • 2000年
    • 創立25周年記念国際シンポジウム
  • 2001年
    • 解析研究本部移転(晴海トリトンスクエア)
  • 2002年
    • 開発部・利用推進部・観測部で品質マネジメントシステム(ISO 9001)認証取得
      内閣府の人工衛星等による被害早期把握システム関連業務開始
  • 2004年
    • 解析研究本部で品質マネジメントシステム(ISO 9001)認証取得
      ALOS利用協議会設立
      タイ国地理情報・宇宙開発技術機構地上局設備へのALOS(だいち)受信処理機能付加業務開始
  • 2005年
    • 月周回衛星(SELENE)関連業務開始
  • 2006年
    • ALOSデータ主提供機関(PD)としてALOSデータ一般配布開始
      つくば事務所開設(つくば三井ビル)
  • 2007年
    • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISO27001)認証取得
      解析研究本部をつくば事業所に改称
      観測技術本部を鳩山事業所に改称
      地球観測センター運営業務受託開始
  • 2009年
    • アマゾン森林保全・違法伐採防止のためのALOS衛星画像の利用プロジェクト関連業務開始
      水稲作付面積調査における衛星画像活用関連業務開始
      衛星データ利用推進委員会の発足
  • 2011年8月1日
    • 一般財団法人へ移行
  • 2011年9月5日
    • 本社移転(TOKYU REIT 虎ノ門ビル)
  • 2014年11月
    • ALOS-2(だいち2号)データ一般配布開始

      ※1現 文部科学省
      ※2現 宇宙航空研究開発機構
      ※3現 宇宙航空研究開発機構地球観測研究センター
  • 2015年10月
    • 創立40周年シンポジウム開催
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2016年度 10日(夏季休暇は含んでいません)
※年次有給休暇とは別に夏季休暇7日取得可能です。

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目17番1号
TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階
TEL:03-6435-6705

一般財団法人リモート・センシング技術センター 総務部人事課
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp95761/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
一般財団法人リモート・センシング技術センターと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ