最終更新日:2019/8/19

  • 正社員

(株)コヤマ

  • 自動車・自動車部品
  • 機械
  • 金属製品
  • 非鉄金属
  • その他メーカー
本社
長野県
資本金
9,800万円
売上高
203億円(2018年9月期実績)
従業員
614名
募集人数
若干名
  • 業種 自動車・自動車部品、機械、金属製品、非鉄金属、その他メーカー
  • 本社 長野県
  • 資本金 9,800万円
  • 売上高 203億円(2018年9月期実績)
  • 従業員 614名
  • 募集人数 若干名

「真心のこもったものづくり」で、人と環境の調和を目指します。

【マイナビよりエントリー】エントリー者には説明会の追加日程を優先告知! (2019/08/01更新)

●個別説明会(本社にて) ※参加必須
8月8日(木)実施予定!!

説明会日程が追加される際には、
マイナビのエントリー者へ優先的に情報を発信します。

まずはエントリーをして情報をお待ちください!

-------------------------------------------

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
8haを優に超える広大な敷地に建つコヤマの本社工場。信頼、調和、技術をモットーに「真心のこもったものづくり」で世界に羽ばたく高品質な製品を作り続けています。
PHOTO
鋳造技術がどんなに進化しても変わらない、真っ赤に溶けた鉄を注湯する鋳鉄工程。火花が散る現場には、日本のものづくりの原点と職人魂が今も息づいています。

どこにもない独自の鋳造技術力で、本物のものづくりに挑む

PHOTO

「趣味で分解するほどメカ好き。ゲストエンジニアとして他社に出向いて設計や開発に携わったこともあります。楽しかったですよ」と田近課長は瞳を輝かせていました。

当社は自動車の部品や建機部品、農業機械部品などを生産している鋳造メーカーです。創業以来、受け継がれてきた独自の鋳造技術を磨き、進化させながら、“本物”と呼ばれるものづくりを行なってきました。自動車、建設機械、農業機械の企業様などが主なお客様です。

私の仕事はお客様から新製品の注文を受けると、図面を見つつ仕様の段階からお客様と打ち合わせをしてまずは見積もりを提出。晴れて受注となると、社内のどの生産ラインで製造すればベストなのかを検討・構築。全工程の品質管理を見守りながら、量産体制に入る前の初回品をお客様に納めるまでが、一連の業務の流れです。

当社では自動車鋳造品に求められる命題、「薄肉軽量化」、建機製品等の「一体化」等の技術をさらに高めていくことに全力で取り組んでいます。1つの技術に特化することなく、自動車と建機の両方を製造する鋳造メーカーは世界でも珍しいです。自動車で採用されている技術を建機に織り込んだり、自動車に油圧回路の技術を活かすなど、業種をまたがった技術をクロスさせ、やりとりできる幅広い技術力が最大の強みであり、お客様からの信頼へとつながっているのです。

一方、当社には自社ブランドとして開発販売している省力化マシン『バリンダー』があります。例えて言うなら、鯛焼きを作る時、型を上下で合わせると皮のヒダが飛び出しますよね。鋳物もそれと同じで、流し込むのが小麦粉でなく鉄やアルミだったりする訳です。そのヒダをバリといい、それをスピーディにキレイに除去するのが『バリンダー』です。世界8カ国で特許を取得し、多くの国々から高い評価を得ています。

ここ数年は特に求められる技術の難易度が上がり、苦労することもありますが、難しいからこそやりがいもあって、でき上がった時の喜びも大きいのだと感じています。
固定観念に縛られない若手の方のアイデアで私たちを驚かせくれる新人を歓迎します。
(製造部生産技術課 課長 田近裕人)

会社データ

プロフィール

【技術と真心で明日をひらく】

知識があるだけでは良い技術は生まれてきません。
技術があっても、お客様のニーズを満たしていなければ意味がありません。
どんなにお客様のことを想っていても、技術がなければ実現できません。
だからこそコヤマでは人物を重視した採用を行なっています。

コヤマは技術と真心で明日への道を切り開いてきました。
鋳鉄、軽合金(アルミ主体)、機械加工、省力化機械の4つの分野を主軸として独自開発の技術を活かし、一貫した管理システムのもと、確かな製品を提供しています。今後は環境への配慮や地域への貢献にも積極的に取り組むとともに、景況に左右されない企業を目指しています。

事業内容
【1】自動車部品・油圧機器・建設機械・産業用機械・農業機械等の製造、加工
【2】省力化機械(ロボット)の研究開発、設計、販売
【3】精密金型の開発、製造
【4】熱処理加工
【5】新素材、新製品等の研究
本社郵便番号 381-2224
本社所在地 長野県長野市川中島町原1111
本社電話番号 026-292-2700
創業 1945年10月
設立 1946年10月
資本金 9,800万円
従業員 614名
売上高 203億円(2018年9月期実績)
事業所 長野県長野市
社是 信・和・技

信は、信頼。つねに信頼される企業を目指しています。
和は、調和。和やかな職場環境づくりを行なっています。
技は、技術。技術開発にたゆみない努力を続けています。
沿革
  • 1945年
    • 創業
  • 1946年
    • 小山鋳造(有)、設立
  • 1960年
    • 小山鋳造(株)に改組
  • 1964年
    • 鋳鉄部門川中島工場完成、稼動
  • 1972年
    • 省力化機械の第一号機(バリンダー)完成
  • 1973年
    • (株)コヤマと改称
  • 1977年
    • 自動バリ取り装置(バリンダー)で機械振興協会より自動化機械開発賞受賞
  • 1980年
    • 機械加工部門、開発部門、部として独立強化
  • 1983年
    • エネルギー利用技術の向上により東京通商産業局長賞受賞
  • 1985年
    • 研究・開発棟完成
  • 1986年
    • 素形材産業環境優良工場、通産省機械情報産業局長賞受賞
  • 1989年
    • 技能検定制度への貢献により、労働大臣より表彰状授与
  • 1993年
    • 川中島工場が日本工業規格の表示を許可される
  • 1998年
    • ISO9001認証取得
  • 2000年
    • ISO14001認証取得
  • 2001年
    • 軽合金部門、川中島工場へ移転稼動
  • 2003年
    • ゼネラルモーターズより2002Worldwide Supplier of the year賞受賞
  • 2006年
    • アルミ工場新設
  • 2008年
    • 大型鋳造ライン(ACN)増設
  • 2010年
    • KBT(コヤマ・バリンダー・タイランド)設立
  • 2013年
    • 須坂工場新設
      KBT工場新設
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 【役員】0%
【管理職】0%
(2018年12月時点)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒381-2224
長野県長野市川中島町原1111
TEL:026-292-2700
総務課 中山・深澤
URL http://www.koyama-nagano.co.jp/
交通機関 ○ 電車でお越しの場合 : JR篠ノ井線・信越本線、しなの鉄道線「篠ノ井」駅より徒歩約20分
○ お車でお越しの場合 : 上信越自動車道「長野」インターチェンジより約15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp96183/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)コヤマと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ