最終更新日:2019/5/28

  • 正社員
  • 上場企業

原田工業(株)【東証一部上場】

現在、応募受付を停止しています。

  • 自動車・自動車部品
  • その他電気・電子関連
本社
東京都
資本金
20億1,918万円
売上高
2018年3月期 429億3,600万円
従業員
401名(グループ連結 約6,288名)
募集人数
6~10名
  • 業種 自動車・自動車部品、その他電気・電子関連
  • 本社 東京都
  • 資本金 20億1,918万円
  • 売上高 2018年3月期 429億3,600万円
  • 従業員 401名(グループ連結 約6,288名)
  • 募集人数 6~10名

世界トップクラスの自動車アンテナメーカー。自動車アンテナメーカーの第一人者として世界をリードしています。

[自動車アンテナメーカー] エントリー受付中 (2019/05/16更新)

原田工業(株)にご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
エントリーをお待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
デザイン性の高い「シャークフィン型」の車載アンテナをいち早く開発。最初はプレミアムカー向けだったが、低コスト化により現在はエントリーカーにも搭載されている。
PHOTO
若手社員も数多く活躍中。グループ企業を束ねる本社はコンパクトな組織で、自分の存在意義が見えるのがやりがいとなっている。

自動車の進化に欠かせない車載アンテナの専業メーカー。世界でのさらなる飛躍を志す。

PHOTO

アメリカの現地法人の社長などを務めてきた佐々木取締役。グローバルに活躍できるフィールドと、そのための人材を育てる風土を大切にしている。

私ども原田工業は1958年の創業以来、自動車用アンテナ(車載アンテナ)を専門とするメーカーとして、品質とデザイン性を兼ね備えた製品を提供し続けてまいりました。今やアメリカ、ヨーロッパ、アジアに販社・工場を10拠点構えるまでになり、日本はもとより世界の多くの自動車メーカーと取引するに至っています。

かつて車載アンテナといえば、シンプルな棒状のものが立っているのみでしたが、時代の変遷ともにその形は大きく変化していきました。自動で収納できる機能が付けられ、デザインにこだわった形状が求められるようになり、さらには外部からは全く見えないアンテナが不可欠となる。その変化の中で私どもは業界を牽引してきました。

車載アンテナの機能としても、単にAM・FMラジオを受信するだけではなく、テレビや電話、GPSなど、メディアが発展するに従い対応する周波数も格段に増えました。近い将来、ICT端末としての機能を有する「コネクテッドカー」、あるいは「自動運転」などの最新鋭の技術が実用化されていこうとしています。その中ではアンテナが対応すべき通信インフラは格段に増えていくと予想されます。例えば、自動運転なら、走行中の別の車や信号機などと通信をしていきますから、今までにないスタイルのアンテナが欠かせないのです。

この車載アンテナから派生して、車内のケーブルやノイズフィルターといった周辺機器も手掛けています。受信する情報量が増えれば、車内の通信の大容量化も欠かせません。ケーブルを生産する技術においても、ますます高いレベルが求められてくるでしょう。

企業理念として掲げるのは「共創と革新」。技術や営業、購買、生産管理、製造、管理部門といった一人ひとりのプロフェッショナル技術を重ね合わせて、常に新しい分野へのチャレンジをしていくことで、今後も車載アンテナとその周辺機器の進化の最先端に立ち続けていく所存です。

教えられた通りに取り組むだけでは、進化したものは生まれません。何かが変化しない限り、企業は存続できないものです。自分で工夫をして、自分の知恵で新しいやり方を生み出していくことができる人材に、当社の未来を託したいですね。
〈取締役 佐々木 徹〉

会社データ

プロフィール

経営理念は「共創と革新」
HARADAは、ベストを追求するプロフェッショナル集団であり続けます。

■自動車用アンテナで世界シェアトップクラス。

私たちHARADAは、自動車アンテナの老舗ブランドとして、いち早く世界に目を向け、グローバルに拠点を置き活動しています。それぞれの国や地域のお客様(=自動車メーカー)の近くで現地のニーズをくみ取り、当社ネットワークの中で最適な場所での開発・製造を行なっています。世界を舞台に一緒にモノづくりをしませんか?

■成長に必要なのは「素直さ」

まず、皆さんに持っていただきたいのは「素直さ」です。それがあれば「多くを学び、感じ」ながら着実に成長できます。また、各部門のプロが集結し、一つのチームとしてモノづくりをするという仕事柄、コミュニケーション力も大変重要な要素。社員全員が一つになり、本気で取り組む姿勢が、一流技術者としてだけではなく、社会人としても皆さんを大きく成長させてくれるでしょう。

■あなたらしく働き、活躍できる環境。

人を大切にする社風があります。自動車に関わる部品は「人の命、安心・安全」に関わるものであるため、要求される機能や品質のレベルも高く、開発期間が非常に長い事が大きな特徴。また仕事も多岐にわたるため、チームワークは必要不可欠。プロとして活躍できるフィールドと、誰もが同じ目線で働くことができるアットホームさ、その両方を合わせ持っていることが自慢です!

事業内容

PHOTO

自動車用通信アンテナ(ラジオ、GPS、電話、DSRC、ETC、自動運転技術、V2X、テレビ等)の企画、設計開発、製造、販売
本社郵便番号 140-0013
本社所在地 東京都品川区南大井6-26-2 大森ベルポートB館 4F
本社電話番号 03-3765-4321
創業 1947年11月10日 (有)原田電機製作所
設立 1958年3月29日
資本金 20億1,918万円
従業員 401名(グループ連結 約6,288名)
売上高 2018年3月期 429億3,600万円
売上高推移 2017年3月期 408億5,700万円
2016年3月期 432億1,600万円
2015年3月期 397億7,800万円
事業所・営業所・研究所 ■ 本社(東京都品川区)
■ 研究所
・ HARADA EUROPE R&D CENTRE (イギリス/ケント)
■ 事業所・営業所
・ 新潟事業所(新潟県長岡市)
・ 関西営業所(兵庫県神戸市)
・ 広島営業所(広島県広島市)
・ 中部営業所(愛知県安城市)
関連会社 ・ HARADA INDUSTRY OF AMERICA, INC. (アメリカ)
・ HARADA INDUSTRIES (MEXICO), S.A. DE C.V. (メキシコ)
・ HARADA INDUSTRIES (EUROPE) LIMITED (イギリス)
・ 大連原田工業有限公司 (中国)
・ 上海原田新汽車天線有限公司 (中国)
・ HARADA INDUSTRIES VIETNAM LIMITED (ベトナム)
・ HARADA AUTOMOTIVE ANTENNA (PHILIPPINES), INC. (フィリピン)
・ HARADA ASIA-PACIFIC LTD. (タイ)
経営理念 共創と革新
HARADAは、ベストを追求するプロフェッショナル集団であり続けます。

CO-CREATION & INNOVATION
HARADA continues to exist
as a group of professionals pursuing the very best.
行動指針 明るく、楽しく、真剣に
平均年齢 45.4歳
平均勤続勤務年数 16.9年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 14.9日(2017年度実績)

採用データ

先輩情報

経験ゼロから自動車部品の機構設計者へ
S.A
芝浦工業大学
工学部 情報工学科
OEM開発部 機構開発一課
車載アンテナの機構設計
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒140-0013
東京都品川区南大井6-26-2 大森ベルポートB館 4F
採用担当
TEL:03-3765-4332
URL http://www.harada.com/jp/
E-mail recruit@harada.co.jp
交通機関 JR京浜東北線「大森」駅、京浜急行本線「大森海岸」駅より各徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp96393/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
原田工業(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ