最終更新日:2018/11/14

(株)村井

  • アパレル(メーカー)
  • 商社(アパレル・ファッション関連)
  • 日用品・生活関連機器
  • スポーツ・レジャー用品(メーカー)
本社
東京都
資本金
1億円
売上高
16億8,000万円(2018年3月期実績)
従業員
126名(2018年3月31日現在)
  • 業種 アパレル(メーカー)、商社(アパレル・ファッション関連)、日用品・生活関連機器、スポーツ・レジャー用品(メーカー)
  • 本社 東京都
  • 資本金 1億円
  • 売上高 16億8,000万円(2018年3月期実績)
  • 従業員 126名(2018年3月31日現在)

スポーツ業界での採用実績多数!皆様の「足」とは既にお知り合いの会社です

会社紹介記事

PHOTO
履く人を考え「足もとの快適さ」を生み出す仕事です。提供する製品は、様々な「靴」にかたちを変える。あなたのお気に入りの靴も、(株)村井が支えているかもしれない。
PHOTO
とにかく誰にでも何でも話せる環境です。変に気を遣うことがないので、のびのびと自分を高めていけるところが面白い。社内行事はベテラン・新人、一緒に盛り上がりました!

「企画 → 開発 → 製造 → 販売」社内一貫体制で業界トップシェアを実現しています

PHOTO

経済産業省IT経営百選に選ばれ「IT活用賞」受賞。埼玉県知事より「彩の国」工場に指定。その他にも、ものづくりへの姿勢が評価され多数受賞しています。

■毎日履いている靴が「どのように作られているか」ご存知ですか?
意外と知られていませんが、実は様々な部品を組み合わせて作られています。
この部品は「シューパーツ」と呼ばれ、
つま先やかかと、靴の底など多様な箇所に使用され、美しいフォルムの保持や歩行の手助けをしています。

靴の履き心地は、履いてみなくてはわかりません。
しかし、売れている靴には、きっと「デザイン性が良い」だけでなく「履き心地が良い」という裏付けがあり、
そこに私たちの「シューパーツ」が貢献しています。

国内シェアが60%を超える製品もあるため、皆様の「足」とは既にお知り合いだった会社かもしれません。


■ 流行ばかりを追っていてはロングセラーは生まれない
2000年からスタートした「フットケア」事業では、足もとを快適にするための製品を企画・開発・製造・販売しています。
フットケア市場は年々盛り上がりをみせており、毎年たくさんの新製品が続々と登場します。
そのなかで生き残っていくためには、
ロジカルをおろそかにしない思考力や行動力、誠実さだけでなく、運も必要な厳しい世界です。
半世紀以上愛されたお菓子が、ある日突然姿を消すことがあるように、お店の棚に並び続けることは難しい。
そのような激戦のなかで、看板商品である「インソールプロ」は、発売開始から16年目を迎えることができました。

流行だけを追いかけた一過性の製品設計はせず、大切に育ててきた私たちにとって、非常に嬉しいことです。
今後は、インソールプロを超えるような「ロングセラー製品」を生み出し、市場に新たな価値を提案していくことが目標です。


■ 中小企業だからこそできる働き方
働いていると、どの会社であっても、「これは違うのではないか」と感じる時があるといいます。
その時、あなたはどうしますか?

私たちは「我慢」せず、声を聞かせて欲しいと思っています。
違和感に気が付けるのは、真剣に働いている証拠だからです。

実際に、経営陣から意見を求められる機会もあります。
自らのアイディアを発信することができるのは中小企業ならではの働き方。
逆にいうと、「誰かが何とかしてくれる」「愚痴を言うだけで満足」という方には向いていないかもしれません。

会社の未来を共につくり、牽引していける仲間と出会えたら嬉しいです。

会社データ

事業内容

PHOTO

靴と足のプロフェッショナルとして「快適な履き心地」を多くの人に提供しています。

■ シューパーツ事業 (企業向け)
靴をつくる際に必要不可欠な部品「シューパーツ」を企画・製造・販売しています。
全国約700社の靴業界企業のうち、400社以上が私たちのお客様。
日本はもちろん、靴の本場である「イタリアの高級ブランド」からも採用されています。

大手スポーツブランドやアパレルブランドの靴。百貨店に並ぶ紳士靴や婦人靴。
学生時代に多くの方が履いていた「ローファー」。
バレリーナのトウシューズから産業用の安全靴まで、幅広いジャンルの靴に使用されています。
特に日本製の婦人靴に関しては国内シェアが60%を超える製品もあります。

世界中の足もとを支え、愛され続けている、日本に数少ない「シューパーツ」を取り扱う事業です。


■ フットケア事業 (一般消費者向け)
足は第二の心臓と呼ばれるほど、身体の中で重要な部位。
しかし、身体を支え続ける足にはトラブルがつきものです。
人の足はそれぞれ個性的。同じ形の足はひとつと存在しないのに、選べる靴の種類はそう多くない。
そうして生じた足のトラブルをケアするためのインソールやパッドを提供しています。

また、足のトラブルだけでなく、「パンプスで踊っても疲れにくくしたい」「スポーツ用のインソールが欲しい」
といったご要望にお応えする製品も開発しました。

社内には、ドラマ「陸王」で話題になった「シューフィッター」の資格を保有する者もおり、
教育セミナーを通して「足の大切さ」を伝える、啓蒙活動にも力を入れて取り組んでいます。


■ フットローブ事業 (一般消費者向け)
スリッパに代わる製品として、注目を集めているルームシューズ。
その先駆けとなったのが、プレミアムルームシューズ「フットローブ」です。
屋外ではインソールなどを活用して、足のトラブルケアが行えるようになりましたが、室内では、つっかけタイプのスリッパが主流で、「心地よい履き心地」を追求したものはありませんでした。

「屋外だけではなく、家の中でも快適に過ごしていただきたい」
そんな思いから誕生したのがこの「フットローブ」です。

発売当初は、百貨店のイベントやインターネットのみでの取り扱いでしたが、
口コミで人気が広がっていき、今では、大手百貨店など常設で販売を開始する店舗も増えてきました。
今後さらに多くのお客様と出会える製品になるのでは、と期待しています。
本社郵便番号 170-0004
本社所在地 東京都豊島区北大塚2丁目27番4号
本社電話番号 03-3918-0184
創業 1931(昭和6)年
設立 1951(昭和26)年
資本金 1億円
従業員 126名(2018年3月31日現在)
売上高 16億8,000万円(2018年3月期実績)
事業所 本社
【東京都豊島区】JR山手線「大塚駅」より徒歩3分の自社ビルです。
吉見工場
【埼玉県比企郡】東武東上線 「東松山駅」より当社専用バスが発着します。
神戸営業所
【兵庫神戸市】JR神戸線「新長田駅」より徒歩5分です。
主な取引先 ■ シューパーツ事業
ダイアナ・かねまつ・リーガルコーポレーション・アシックス・ミズノ・マドラス・チャコット・ミドリ安全・OIOI・三越伊勢丹・ほか

■ フットケア・履き物事業
東急ハンズ・ロフト・チャコット・三越伊勢丹・大丸松坂屋百貨店・OIOI・アミューズ・アマゾンジャパン・ヤフー・楽天 ほか
関連会社 津川インソール(株)(新潟)
KAOHSIUNG SHOEPARTS CO., LTD.(台湾)
平均年齢 38.4歳(2018年3月31日現在)
沿革
  • 1931年 3月
    • 東京都豊島区巣鴨に村井清一(1900~1964)が個人経営で「村井商店」を創設。靴資材の販売を開始
  • 1951年 3月
    • 「(株)村井」を設立(資本金200万円)
  • 1960年 4月
    • 米国BIXBY BOXTOE社の新化学合成材料を使用したボックストゥの製造販売を開始
  • 1962年 2月
    • レザーボード材によるカウンターの試作に成功し、製造販売を開始
  • 1963年11月
    • 西独CARL FREUDENBERG社と技術提携を結び、日本における「ロブス」カウンターの製造および販売権を得る
  • 1964年11月
    • 埼玉県川越市に川越工場を開設
  • 1969年11月
    • 台湾に「TAIWAN SHOEPARTS CO.,LTD.」を設立
  • 1971年 8月
    • インソールの製造販売を開始
  • 1975年12月
    • 本社を豊島区北大塚に移転
  • 1976年12月
    • 新潟県東蒲原郡津川町に津川工場を開設
  • 1983年 9月
    • 西独EMSOLD社との技術提携によりフットベッドインソールの製造販売を開始。西独FAGUS社との技術提携により靴型の製造販売を開始
  • 1985年 9月
    • 新潟県東蒲原郡津川町に「津川インソール(株)」を設立
  • 1986年 3月
    • 台湾に「KAOHSIUNG SHOEPARTS CO.,LTD.」を設立
  • 1988年 3月
    • 津川工場を「津川インソール(株)」に統合
  • 1991年 4月
    • 埼玉県比企郡吉見町長谷工業団地に中央研究所を開設(現在の吉見工場)
  • 1993年11月
    • 「TAIWAN SHOEPARTS CO.,LTD.」を「KAOHSIUNG SHOEPARTS CO.,LTD.」に統合
  • 1994年 6月
    • アウトソールの製造販売を開始
  • 1998年10月
    • 川越工場を吉見工場に統合
  • 2000年 6月
    • インナーソール・フットケア製品の製造販売を開始
  • 2002年 7月
    • 経済産業省「平成14年IT活用型経営革新モデル事業」の認定をうける
  • 2005年 4月
    • 経済産業省「IT経営百選」認定企業に選ばれ「IT活用賞」を受賞
  • 2006年 4月
    • シューズフィットアカデミーを開校
  • 2011年 9月
    • プレミアムルームシューズの製造販売を開始
  • 2014年 5月
    • イタリア高級シューズブランド「VICINI」に伊勢丹百貨店と共同開発したパッドが採用される
  • 2016年 11月
    • 吉見工場が埼玉県知事より「豊かな彩の国づくりのパートナー」として「彩の国工場」に指定される
平均勤続勤務年数 17.1年(2018年3月31日現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2.81時間(残業+賃金が発生する休日出勤)
1日当たりで平均すると約8分です。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.81日
当たり前ですが「有給休暇が取れない!」ということは絶対にありません。
若手社員は有給休暇を利用して、海外旅行に行く者が多いです。

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)村井を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ