最終更新日:2019/7/23

  • 正社員

長野県労働金庫

現在、応募受付を停止しています。

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
長野県
出資金
24億6,400万円(2018年3月末現在)
預金残高
6,559億2,700万円(2018年3月末現在)
職員数
職員数389名<男性250名・女性139名>(2018年3月末現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 長野県
  • 出資金 24億6,400万円(2018年3月末現在)
  • 預金残高 6,559億2,700万円(2018年3月末現在)
  • 職員数 職員数389名<男性250名・女性139名>(2018年3月末現在)
  • 募集人数 11~15名

~はたらく人の想いと生きる~ はたらく人とそのご家族の幸せのため一人ひとりと向き合い、豊かな暮らしや夢を金融面からサポートします。

【説明会予約受付中】まずはマイナビよりエントリーをお願いします! (2019/05/20更新)

こんにちは。
長野ろうきん採用担当の長澤・横山です!

金融機関だけど銀行ではない「ろうきん」「労働金庫」って?
あなたの疑問にお答えします!

個別説明会(独自セミナー)も随時開催しています。
皆さんのご予約をお待ちしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
はたらく人の”想い”に向き合う金融機関「長野ろうきん」。「生活応援運動」の一層の充実を目指し、良質な金融サービスの提供に向け、職員一丸となって取り組んでいます。
PHOTO
研修後は現場に出て経験を積みながら仕事を覚える。窓口業務で一番大切なのは「笑顔」。忙しいときは職員皆でフォローし合いながら業務をこなしていきます。

「はたらく人を応援したい!」お客様との会話や笑顔が、何よりのやりがいです。

PHOTO

あづみ野支店窓口担当の古川景子さん(2017年入庫)と、佐久支店営業推進担当の宮川嵩広さん(2016年入庫)。「お客様にも一緒に働く職員にも恵まれた環境」と声を揃えます。

「ろうきん」は労働組合や生活協同組合の働く人たちが資金を出し合って設立された、協同組織の福祉金融機関。
営利を目的とせず、組合員の皆様からお預かりした資金を共有財産とし、働く人たちの生活を金融面からサポートする各種サービスを提供しています。
【お客様=組合員の皆様】ということもあってか、「いらっしゃいませ」と言いながらもどこか「仲間」のような感覚があります。今は窓口業務を担当していますが、少しずつ顔と名前を覚えてもらうことで、しっかりとしたコミュニケーションが取れるようになると楽しいですね。お金を扱う仕事なので業務は当然、厳格さを求められますが、職場の雰囲気は和やかです。
当庫には研修制度のほかに「パーソナルコーチ制度」があります。1年間、比較的入社年次の近い先輩職員がマンツーマンで仕事を教えてくれたり、悩みを聞いてくれたりと面倒を見てくれます。困ったときにまず相談できる相手がいることは本当に心強いですね。コーチ役の先輩は頼れる存在であり、私の目標にもなっています。
<あづみ野支店・古川景子さん>


現在は営業推進係として、会員労働組合や職場を訪問し、組合員さんからの預金や融資に関する相談や、一人ひとりのニーズやライフプランに合わせた商品の提案をしています。
この仕事の楽しさは「出会い」。組合員の方と会って、顔を覚えてもらって、仕事以外のことも話せるようになって…と少しずつ関係を深めていきながらお客様のニーズを察知し、お客様の生活や夢のお手伝いができることが大きな魅力です。
また、自分の提案によってお客様が笑顔になり、感謝の言葉をいただき、一緒に喜びを共感できる瞬間は本当に嬉しく、大きなやりがいになっています。
入庫2年目になりますが、大きな仕事を任せていただいたり様々なことにチャレンジできる職場であると感じています。自分自身の頑張りが一人ひとりのお客様の笑顔に繋がっていると思うと、どんどん色々なことに挑戦してより自分を成長させていきたいなと思います。
<佐久支店・宮川嵩広さん>

会社データ

プロフィール

長野県労働金庫は、はたらく人たちの暮らしを支える福祉金融機関です。

ろうきんははたらく人たちが、お互いを助けあうために資金を出し合ってつくった金融機関であり「労働金庫法」という法律に基づいて、非営利を原則に、はたらく人、一人ひとりが主人公として公平かつ民主的に運営されています。
運用に関してもお客様からお預かりした資金は大切な共有財産と考え、住宅ローンやマイカーローンなど、暮らしをより豊かにする商品を提供することでお客様に還元しています。

地域のみなさまから育てていただいた<ろうきん>は、はたらくひとのお金が、自分、家族、はたらく仲間、地域社会にともにお役に立ち、はたらくひとの想いが生きる『意思のあるお金の循環』の拡大に向けて取り組んでいます。

事業内容
「ろうきん」は、労働組合や生活協同組合などが中心となり、勤労者のための金融機関として、利益を目的とせず、はたらく人が互いに助け合うという精神で発足した社会貢献性の高い金融機関です。

【事業内容】
・労働金庫法に基づく業務(預金、融資、為替、代理業務ほか)
・生活応援運動
・社会、地域貢献活動
 はたらく人への財形貯蓄などのライフプラン提案や住宅・マイカー・教育ローン等の相談、また「ピンクリボン運動」支援や、地域福祉を担うNPOボランティア団体への支援活動、多重債務解決および防止活動など、国や地方自治体と協力しながら幅広く業務を展開しています。
本店郵便番号 380-8611
本店所在地 長野県長野市県町523番地
本店電話番号 026-237-3700
設立 1951年12月10日
出資金 24億6,400万円(2018年3月末現在)
職員数 職員数389名<男性250名・女性139名>(2018年3月末現在)
預金残高 6,559億2,700万円(2018年3月末現在)
貸出金残高 3,451億7,000万円(2018年3月末現在)
事業所 ■本部・事務センター
長野市

■営業店
本店営業部、長野東、須坂、中野、更埴、上田、丸子、小諸、佐久、松本、塩尻、大町、あづみ野、福島、諏訪湖、茅野、伊那、駒ヶ根、飯田

■出張所
稲里、南松本、伊北

■ローンセンター(LC)
LC長野東、LC稲里、LC上田、LC佐久、LC松本大手、LC松本双葉、LC諏訪湖、LC伊那、LC飯田

■インターネット長野支店
健全経営を進めています ・自己資本比率 11.87%
・リスク管理債権比率 0.49%
(2018年3月末)
純利益の推移 2015年度:18億 900万円
2016年度: 8億6,700万円
2017年度:10億4,600万円
シェア第1位(財形貯蓄) 全国の労働金庫を合計した財形貯蓄取扱い金融機関内のシェアは、契約件数280万件・貯蓄残高3兆8,378億円となり、日本で第1位となっています。(都市銀行合計・地方銀行合計・信託銀行合計・生命保険会社合計との比較)(2018年3月末現在、厚生労働省調べ)
平均年齢 40.8歳
代表者 理事長 小池政和
ろうきんの理念 ろうきんは、働く人の夢と共感を創造する協同組織の福祉金融機関です。
ろうきんは、会員が行う経済・福祉・環境および文化にかかわる活動を促進し、人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与することを目的とします。
ろうきんは、働く人の団体、広く市民の参加による団体を会員とし、そのネットワークによって成り立っています。
会員は、平等の立場でろうきんの運営に参画し、運動と事業の発展に努めます。
ろうきんは、誠実・公正および公開を旨とし、健全経営に徹して会員の信頼に応えます。
平均勤続勤務年数 2018年3月時点  13.7年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 2017年度実績  17.6時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2017年度実績   8.2日
前年度の育児休業取得対象者数 【女性】取得対象者 16名
【男性】取得対象者 34名
(2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 【女性】取得者数 16名
【男性】取得者数  2名
(2017年度実績)

採用データ

取材情報

長野県で働く人みんなのために、チーム一丸となって金融面から豊かな暮らしをサポート
営業推進係として様々なお客様と出会い最適なプランをご提案
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒380-8611 長野県長野市県町523
TEL:026-237-3708
総務人事部 採用担当 長澤・横山
URL http://www.nagano-rokin.co.jp/
E-mail jinji@nagano-rokin.co.jp
交通機関 長野駅より徒歩15分・善光寺方面行きバス5分
長野電鉄権堂駅より徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp99220/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
長野県労働金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ