最終更新日:2019/3/20

  • 正社員

(株)ヤマダフーズ

  • 食品
本社
秋田県
資本金
9,800万円
売上高
89億9,100万円(2018年8月決算実績)
従業員
570名(2018年8月末時点)
募集人数
1~5名
  • 業種 食品
  • 本社 秋田県
  • 資本金 9,800万円
  • 売上高 89億9,100万円(2018年8月決算実績)
  • 従業員 570名(2018年8月末時点)
  • 募集人数 1~5名

【企業説明会予約・応募書類受付中!】/“健康食”として、今や世界中から注目される納豆。その魅力や可能性を広めるため、新しいことにどんどんチャレンジしています!

  • 積極的に受付中

★3月 エントリー・個別企業説明会予約受付中! ヤマダフーズ/採用担当 (2019/03/20更新)

【合同就職説明会参加情報】
・3/20(水)13:00~16:00 秋田県合同就職説明会/東京会場(中野サンプラザ)
・3/25(月)13:00~16:00 秋田県合同就職説明会/秋田会場(秋田ビューホテル)
・3/26(火)13:30~16:00 横手市合同企業説明会(横手セントラルホテル)
---------------------------------------------------------------
現在、個別企業説明会予約・エントリーシート受付中です。
ご興味のある方は、エントリー&個別企業説明会へのご予約をお願いします!
1回目のエントリーシート受付は3月末日となります。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
キャラクター「なっちゃん」と一緒に、入社2年目、4年目の皆さん。研究、営業、商品企画、製造、品質管理など、各現場で若手社員が生き生きと働いている。
PHOTO
新商品の開発を積極的に行っている同社。商品開発は各部署からメンバーを集め、チームを結成して進めており、若手社員からなる開発チームが結成されることもある。

東北を中心とし、国内外に販路を拡大。社員一人ひとりのキャリアアップを応援!

PHOTO

「皆さんと一緒に新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと考え、幅広い活躍の場を設けています」と、笑顔で話す佐々木課長。

【業務用納豆の製造・販売、業界No.1】
「おはよう納豆」の名でおなじみの当社は、大豆を原料とした納豆、豆腐、豆乳、ゆば、乳酸菌飲料などを製造・販売しているメーカーです。納豆市場で国内4位(※1)、寿司チェーンやコンビニなどの納豆巻きに使われている業務用納豆の製造・販売においては国内7割のトップシェア(※2)を誇ります。
奥羽山脈のふもとに位置する秋田県仙北郡美郷町に本社・秋田工場、同じ秋田県内の横手市に豆腐や豆乳などを製造する遊心庵工場、茨城県牛久市に茨城工場、仙台・東京・大阪に営業所を構え、北は北海道から南は沖縄まで、全国に商品を納入しています。また、欧米やアジア、南米ブラジルをはじめ、世界のさまざまな国にも販路を拡大しています。

【社員のやる気をとことん応援】
「安心・安全」「おいしさ」「研究開発」にこだわり、健康食・納豆の魅力を発信している当社が、いま最も力を入れていることは「多様な人材の採用」と「人材の育成」です。出身地、学部、学生時代の経験・知識の有無を問わずに幅広く人材を募集し、さまざまな個性や意見、アイデアを尊重することで、社のさらなる成長をめざしています。
また、社内研修はもとより、若手から管理職まで多くの社員を外部研修へ派遣するなど、社員教育に力を入れています。他にも、資格取得に必要な費用の負担も含めた「資格手当制度」を導入し、社員のキャリアアップを応援しています。現在、対象としている資格は74種で、「フォークリフト免許」のような技能的なものから、秋田県内のご当地検定(営業トークに役に立ちます)まで、幅広く取得の支援を行っています。

今後は今まで以上にキャリアアップの支援や人材育成など、より働きやすい環境の整備に力を入れていきたいと考えています。
新しいことにチャレンジすることが好きな方、キャリアアップをめざしたいという方、商品開発の仕事に携わってみたいという方のご応募、お待ちしています。もちろん、「納豆が大好き!」という方は大歓迎です。お客さまからの「おいしい」「ヤマダフーズさんの納豆が一番好き」という声が大きな喜びになる、やりがいのある仕事です。
(本社 管理部 人事労務課 課長 佐々木 広喜)

※1 食品マーケティング便覧 2016年1月22日号/(株)富士経済に掲載
※2 食品マーケティング便覧 2013年1月22日号/(株)富士経済に掲載

会社データ

プロフィール

「納豆発祥の地」秋田県の納豆製造メーカーです。徹底した品質管理と独自技術による積極的な商品開発で納豆を中心とした大豆加工食品を製造・販売しております。業務用納豆の分野では業界NO.1のシェアを誇りコンビニエンスストア、回転寿司チェーンに使われている納豆巻の納豆は、その多くが当社で製造されております。また、2014年に行われた全国納豆鑑評会では『ふっくら大粒ミニ2』が最優秀賞である、農林水産大臣賞を受賞いたしました。

事業内容
3つの拠点において、多様な大豆素材の商品を取り扱っております。
納豆製造   …本社・秋田工場(美郷町)、茨城工場(茨城県牛久市)
豆腐・豆乳製造…遊心庵工場(横手市)
本社郵便番号 019-1301
本社所在地 秋田県仙北郡美郷町野荒町字街道の上279
本社電話番号 0182-37-2246
創業 1954年
設立 1968年
資本金 9,800万円
従業員 570名(2018年8月末時点)
売上高 89億9,100万円(2018年8月決算実績)
事業所 ◆本  社:秋田
◆納豆工場:秋田 茨城
◆豆腐工場:秋田
◆営 業 所:宮城 東京 大阪
沿革
  • 1954年
    • 9月 秋田県仙北郡金沢町にて山田清助氏により金沢納豆製造所として創業。
  • 1968年
    • 3月 法人に組織替えし、羽後食品工業 (株) に社名変更。
  • 1971年
    • 10月 現在地に第二工場を新築し、移転する。販売網を秋田県全域に拡大。
  • 1974年
    • 10月 山形・福島への進出を機に高速冷蔵車を運行し関東一円に販路拡大。
  • 1975年
    • 4月 現在地に3階建てのプラント工場完成。
  • 1976年
    • 9月 東京都足立区に東京営業所開設。
  • 1979年
    • 10月 宮城県仙台市に仙台営業所開設。
  • 1980年
    • 6月 現在地に秋田新工場完成。
  • 1982年
    • 6月 代表取締役に山田清繁氏就任。
  • 1986年
    • 6月 CI導入により社名変更。 (株) ヤマダフーズとなる。

      12月 ヤマダフーズ食品開発研究所設立。
  • 1992年
    • 4月 本社ビル完成。新工場増設。無人化合理化工場となる。
  • 1996年
    • 6月 茨城県牛久市に茨城工場竣工。
  • 2004年
    • 10月 創業50周年を記念し、秋田県横手市平鹿町に匠の味工房遊心庵を竣工。豆腐の製造工場として稼働する。
  • 2012年
    • 5月 秋田工場に業務用納豆専用工場竣工。
  • 2013年
    • 9月 代表取締役社長に山田伸祐氏就任。
  • 2014年
    • 2月 第19回全国納豆鑑評会において、「ふっくら大粒ミニ2」が農林水産大臣賞を受賞。
平均勤続勤務年数 10年(2018年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 【本社・秋田工場】
〒019-1301
秋田県仙北郡美郷町野荒町字街道の上279
人事労務課 佐々木/細谷
TEL:0182-37-2246
MAIL:a-hosoya@yamadafoods.co.jp

【茨城工場】
〒300-1283
茨城県牛久市奥原町字塙台1753
総務課 木村
TEL:029-875-2111
URL 当社ホームページ
http://www.yamadafoods.co.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp99503/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ヤマダフーズと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ヤマダフーズを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ