最終更新日:2019/7/26

  • 上場企業

西日本旅客鉄道(株)(JR西日本)

業種

  • 鉄道

基本情報

本社
大阪府
資本金
1,000億円
売上高
【連結】1兆5,004億円 【単体】   9,762億円 (2018年3月期)
従業員
2万8,383名 (2018年4月1日現在)
  • 業種 鉄道
  • 本社 大阪府
  • 資本金 1,000億円
  • 売上高 【連結】1兆5,004億円 【単体】   9,762億円 (2018年3月期)
  • 従業員 2万8,383名 (2018年4月1日現在)

LINK WEST つなげよう。めざす未来へ。

会社紹介記事

PHOTO
2015年3月14日、北陸新幹線が開業しました。今後将来的には関西までの延伸が決まっています。

JR西日本グループの経営ビジョン

JR西日本グループは、2005年4月25日に福知山線列車事故を惹き起こした責任と重大性を重く受け止め、安全で安心・信頼していただける鉄道を築き上げることに、グループを挙げて役員・社員が一丸となって取り組んでおります。
2018年3月に策定した「中期経営計画2022」では、「被害に遭われた方々に誠心誠意と受け止めていただけるような取り組み」「安全性の向上に向けた取り組み」「変革の推進」を経営の最重要課題である「経営の三本柱」として位置づけつつ、経営ビジョンを具体化するための「めざす未来~ありたい姿~」として、鉄道を持続的に運営する「私たちの使命」を果たすことと、「地域共生企業」として地域の活性化に貢献することを新たに掲げています。
私たちは、この計画のもと、今後も事業活動を通じて西日本地域の活性化に貢献し、安全マネジメントにおいて卓越し、お客様・地域・社会から信頼される企業となることをめざしています。

会社データ

事業内容
JR西日本の営業エリアは、北陸・近畿・中国・九州北部地域の2府16県にわたります。山陽新幹線では、のぞみを中心としたダイヤの改正の実施やエクスプレス予約の開始、京阪神都市圏では街と街とをむすぶ広域ネットワークを充実することにより、通勤・通学・ビジネス等、毎日約500万人ものお客様にご利用いただいています。
また、この広大な鉄道ネットワークや約1,200もの「駅」という拠点を最大限に活かし、JR西日本グループではホテル・物販・不動産などの事業も展開しています。
こうした事業を通じて、当社は地域の発展や活性化に貢献しています。
本社郵便番号 530-8341
本社所在地 大阪府大阪市北区芝田二丁目4番24号
本社電話番号 弊社規程により非公開
設立 1987(昭和62)年4月1日
資本金 1,000億円
従業員 2万8,383名
(2018年4月1日現在)
売上高 【連結】1兆5,004億円
【単体】   9,762億円
(2018年3月期)
事業所 【本社】大阪
【支社等】金沢、京都、大阪、和歌山、神戸、福知山、岡山、米子、広島、福岡、東京本部
【その他】社員研修センター(大阪)など
財務指標 【連結】経常利益 1,777億円 当期純利益 1,104億円 総資産 3兆0,729億円
【単体】経常利益 1,286億円 当期純利益 807億円 総資産 2兆6,593億円
(2018年3月期)
関連会社 ジェイアール西日本デイリーサービスネット(物販・飲食)、ジェイアール西日本ホテル開発(ホテル)、ジェイアール西日本不動産開発(不動産)、ジェイアール西日本伊勢丹(百貨店)、JR西日本コミュニケーションズ、JR西日本あいウィル(印刷・製本)、西日本ジェイアールバス(旅客自動車運送)、嵯峨野観光鉄道(鉄道)、大鉄工業(建設)、日本旅行(旅行)など
平均年齢 40.9歳
(2018年3月31日現在)
平均給与 6,758,258円
(2018年3月31日現在)
沿革
  • 1987年
    • 国鉄からJRへ 西日本旅客鉄道(株)発足
  • 1988年
    • 近畿地区8線区9区間で愛称名を使用開始
      本四備讃線(岡山~高松駅間の愛称「瀬戸大橋線」)全線開業
  • 1990年
    • 近畿圏主要線区にラインカラー導入(10線区)
      博多南線(博多~博多南駅間)開業
      ATS-P使用開始(天王寺~鳳駅間上り線)
  • 1991年
    • 信楽高原鐵道(株)線内で列車衝突事故
      山陽新幹線施設を新幹線鉄道保有機構から買取り
  • 1993年
    • 山陽新幹線に「のぞみ」登場
  • 1994年
    • 関西空港線開業
      関西国際空港開業・関空特急「はるか」(281系)デビュー
  • 1995年
    • 阪神・淡路大震災発生(山陽新幹線、JR神戸線などに大きな被害)
      早期地震検知警報システム「ユレダス」使用開始
  • 1996年
    • 大阪、東京、名古屋証券取引所等で株式上場
  • 1997年
    • JR東西線開業
      JR東西線、学研都市線で「Jスルー」システムがスタート
      京都駅ビル グランドオープン
  • 2000年
    • きっぷの電話予約サービス「5489サービス」を開始
      「ひかりレールスター」デビュー
      「交通科学博物館」・「梅小路蒸気機関車館」が「英国ヨーク国立鉄道博物館」と姉妹提携
  • 2003年
    • 特急「しらさぎ」に新型車両(683系)投入
      上海に現地事務所「上海代表処」を開設
      ICカード「ICOCA」サービス開始
  • 2004年
    • 政府保有の株式2次売却、完全民営化を達成
      「ICOCA」「Suica」相互利用、「こどもICOCA」サービス開始
  • 2005年
    • 福知山線(JR宝塚線)塚口~尼崎駅間で快速電車が脱線しマンションに衝突する事故が発生(お客様106名が死亡、500名を超えるお客様が負傷される)
      国土交通大臣へ「安全性向上計画」を提出
  • 2006年
    • 「ICOCA」「PiTaPa」の相互利用開始
      「企業理念」「安全憲章」制定
  • 2007年
    • 鉄道安全考動館を開設
      東海道・山陽新幹線「のぞみ」に新型車両「N700系」を投入
      岡山・広島エリアの10線区135駅で「ICOCA」サービスを開始
  • 2008年
    • おおさか東線の一部区間、放出~久宝寺駅間が開業
      「安全基本計画」を発表
      「ICOCA」と「Suica」、「TOICA」の相互利用を開始
  • 2009年
    • 一般財団法人「JR西日本あんしん社会財団」を設立
      特急「サンダーバード」に新型車両(683系4000代)投入
  • 2010年
    • 「ICOCA」と「Suica」、「TOICA」の電子マネー相互利用開始
      特急「はまかぜ」に新型車両(189系)導入
  • 2011年
    • 新たなインターネット列車予約サービス「e5489」サービス開始
      「ICOCA」と「TOICA」、「SUGOCA」の相互利用サービス開始
      山陽・九州新幹線直通列車「みずほ」「さくら」がデビュー
      特急「こうのとり」「きのさき」に新型車両(287系)投入
  • 2013年
    • 「中期経営計画2017」「安全考動計画2017」を公表
      10の交通系ICカードの全国相互利用サービスを開始
      当社所属の「N700A」車両デビュー
  • 2014年
    • 交通科学博物館が52年の歴史に幕を下ろし閉館
      (株)ジェイアール西日本デイリーサービスネットと(株)セブン-イレブンジャパンとの提携第1号店として5店舗が開業
  • 2015年
    • 北陸新幹線金沢開業、「かがやき」「はくたか」「つるぎ」がデビュー
  • 2016年
    • 京都鉄道博物館 開館
  • 2017年
    • 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」 運行開始
  • 2018年
    • 「JR西日本グループ中期経営計画2022」、「安全考動計画2022」を発表
      ICOCAポイントサービス開始

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

西日本旅客鉄道(株)(JR西日本)と業種や本社が同じ企業を探す。
西日本旅客鉄道(株)(JR西日本)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ