最終更新日:2020/11/26

  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人ともかわさき

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
神奈川県
資本金
社会福祉法人のため資本金なし
事業活動収入
14億5,952万円(2018年3月)
従業員
265名(うち正規職員172名)
募集人数
6~10名
  • 業種 福祉サービス
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 社会福祉法人のため資本金なし
  • 事業活動収入 14億5,952万円(2018年3月)
  • 従業員 265名(うち正規職員172名)
  • 募集人数 6~10名

神奈川県川崎市で地域に密着した障がい者福祉サービスを展開。

  • 積極的に受付中

◆◆◆【冬採用】法人説明会・見学会 予約受付中 ◆◆◆ (2020/11/26更新)

PHOTO

冬採用では法人説明会から採用選考までスピーディーに実施します。
説明会・見学会を受けた後に採用試験を受けることもでき、内定まで1週間程度。

12月の開催日時は説明会・セミナーのページに掲載しています。
ご予約をお待ちしております。

新型コロナウィルス感染予防等の観点から、アルコール消毒や換気など予防に努め、少人数での開催としております。
参加時はマスク着用・手指の消毒をお願いします。
但し、状況によっては予定を変更する場合がありますことをご了承ください。



会社紹介記事

PHOTO
川崎市に20カ所の施設やグループホームを展開。人の役に立てる喜び、社会への貢献性の高さ、一緒に働く職員のチームワークと雰囲気の良さがモチベーションです。
PHOTO
本人や家族の意見を尊重しながらご利用者の目線で支援。声がけ、行動や表情からも気持ちを感じ取りながら、その人の良さを引き出して生活の仕方を考えていきます。

その人のよさを生かす最良の支援で、地域社会との架け橋になる

PHOTO

「ご利用者とご家族を笑顔にしたい」と生活支援員のお二人。充実した研修とOJTで学びを深め、学生時代のいろいろな経験を生かして活躍できる職場です。

ともかわさきは川崎市内で知的障害者とそのご家族の支援をする社会福祉法人です。私は小学生の頃から障害者の福祉施設でボランティアをして、大学では心理学を専攻して福祉施設でアルバイトをしていました。当法人に入職を決めたのは、見学に訪れたときの職場の雰囲気が良かったからです。
ショートステイの事業所で1日10人前後のご利用者を迎え、平日は工芸と午後の外出、土日はティータイムでゆっくり過ごしながら生活支援をしています。やりがいを感じるときは、ご家族やケースワーカーから話を聞いてご利用者の意見を尊重した支援を行い、利用中に気づいたことをご家族や通所先に伝え、良い方向に向かったときですね。4年目から事例研究の研修があり、各事業所から難しい事例を持ち寄って講師に対応を聞いて知見を広げています。
事業所の広報担当も務め、地域交流を深めることをテーマにいろいろな場に出向き、ボランティアとの連携を進めています。事業所の活動を報告するお便りを他事業所や福祉関係施設に配布するなどの取り組みで、ご利用者と地域社会の架け橋になりたいです。
<生活支援員 2014年入職>

保育を学んでいましたが、施設実習で障害者支援を経験したことがきっかけで、ご利用者と職員が一緒に取り組んでいく関係性にやりがいを感じたこと、学生時代の友人に人間関係の良さを聞いて当法人に入職を決めました。今はショートステイ事業所に勤めています。利用開始時には緊張される方もいらっしゃいますが、ご利用者の気持ちをくみ取りながらコミュニケーションを取ることで、少しずつ笑顔になって、充実した時間を過ごしてもらえると嬉しいです。
心がけていることは、ご利用者に敬意を持つこと。入職から1年が経ち、ご利用者の目線で考えられるようになってきました。研修で学ぶことも多く、1年目は他事業所と合同で実務のほか、先輩職員の失敗を含む経験を聞き、感想を書いて自分の指針にしています。
若手の意見を取り入れてくれる職場なので、昨年のクリスマス会はローカルヒーローをしている友人にボランティアに来てもらい、私は怪人役で参加。受け入れてもらえるか不安でしたが、たくさんの方に喜んでもらえました。ショートステイには約2,000人が利用登録されています。一人ひとりを覚えて、ご家族や通所先、地域を含めてベストな支援をしていきたいです。
<生活支援員 2018年入職>

会社データ

プロフィール

 私たち「社会福祉法人ともかわさき」は神奈川県川崎市に根差して、障害者とその家族が安心して地域生活を送れることを目的に、福祉サービスを提供しています。

『障害者本人だけでなく家族の安心も』
 当法人は、知的障害児者・自閉症・肢体不自由児の親の会が母体となり、1996年に設立された社会福祉法人です。
 もちろん、大切なのは障害のあるご本人が安心して生活できることですが、そのためには家族の安心した生活も欠かせません。親の会とも連動し、ご本人そして家族の気持ちに寄り添ったサービスを心掛けています。

『一人ひとりの「思い」が出発点』
 人の「思い」はみな違います。また、同じ人であっても、さっき感じていた気持ちと、いま感じている気持ちは変わっているかもしれません。
人の「思い」を正確に知ることは難しいことですが、「思い」に寄り添った支援が「安心」に繋がることは確かです。だから、一人ひとりの「思い」を知ろうとすることから支援をしています。

『職員にも安心して働ける環境を』
 福祉の仕事は、人が好きで人に喜んでもらえるような仕事がしたいという方には向いています。とは言っても、私たちが追求しているのは利用者の皆様の『安心』という形のないものですので、簡単ではありません。それに対応するためには、職員のスキルとともに「気持ち」が大切です。
充実した職員研修でスキルアップを図り、安心して長く働き続けられるように産休や育休制度の充実など労働環境を整備しています。

事業内容
神奈川県川崎市内にある福祉施設で、障害者とその家族の生活を支援する事業を行っています。

■障害福祉サービス事業(生活介護事業)
 障害者の社会参加と自立した生活を目的に運営しています。
日常生活上の支援や生産活動・余暇活動の提供をとおして、安心して日常生活を送れるように支援しています。

■短期入所事業(ショートステイ)
 障害者およびその家族の地域生活を支援することを目的に運営しています。
自宅で障害者を介護をしている家族の病気や外出のときなどに、障害のある方に短期間入所していただき、日常生活の支援や余暇活動を提供しています。

■共同生活援助事業(グループホーム)
■三田福祉ホーム運営委託事業
 障害者の自立した地域生活を目的に運営しています。
障害者の生活の場として、住まいの提供と日常生活上の支援をしています。

■障害者相談支援事業
 障害者およびその家族の地域生活を支援することを目的に運営しています。
地域で暮らしていく中での様々な相談に応じ、一緒に解決策を考えて自立した生活を支援しています。

■地域生活支援事業(移動介護及び生活サポート)
 障害者の余暇の充実を目的に運営しています。
主に休日の余暇として、サポーターが同行し外出の範囲を広げ経験を豊かにできるよう支援しています。
法人郵便番号 210-0837
法人所在地 川崎市川崎区渡田1-15-5
法人電話番号 044-540-0901
事務局郵便番号 211-0013
事務局所在地 川崎市中原区上平間1564番地12
事務局電話番号 044-540-0901
設立 1996(平成8)年1月
資本金 社会福祉法人のため資本金なし
従業員 265名(うち正規職員172名)
事業活動収入 14億5,952万円(2018年3月)
事業所 ■短期入所事業所
  ライブリー
  短期入所事業所ひらま
■障害福祉サービス事業所
  かざぐるま
  わたりだ
  むぎの穂
  どりーむ
  生活介護事業所ひらま
  第1やまぶき
  第2やまぶき
  たちばな
  ちとせ
  すえなが
  あかね
  なしの実
■地域相談支援センター
  ラルゴ
  ドルチェ
■移動支援等事業
  とも移動支援等事業所
■グループホーム
  なんぺい
  なかのしま1
  なかのしま2
  なかのしま3
  なかのしま4
■福祉ホーム
  三田福祉ホーム
平均年齢 40.3歳
平均勤続年数 9.1年
沿革
  • 1991年4月
    • (財)川崎市心身障害者地域福協会にて緊急一時保護事業の調査研究をスタート
  • 1992年4月
    • 緊急一時保護事業により、ショートステイ等整備検討委員会へ移行
  • 1996年1月
    • 社会福祉法人ともかわさき設立
  • 1996年4月
    • 社会福祉法人「ともかわさき」・ショートステイ施設「ライブリー渡田」開所
  • 2003年4月
    • グループホームなんぺい、地福協より事業移行
  • 2005年4月
    • 地福協より事業移行
      ・地域福祉活動ホーム10カ所
      ・グループホーム1カ所
      ・居宅介護事業所1カ所
      ・生活支援センター1カ所
  • 2006年4月
    • 相談支援事業所「やまぶき」「あかね」開設
      三田福祉ホーム運営開始
  • 2006年11月
    • 高津地域福祉活動ホーム「たちばな」改築
  • 2009年1月
    • 「むぎの穂」改築
  • 2010年4月
    • 「ちとせ」開所
  • 2011年4月
    • 「どりーむ」改築
  • 2020年2月
    • グループホーム「なかのしま3」「なかのしま4」開設
  • 2020年4月(予定)
    • 「なかはら障害福祉施設ひらま」開設
      ・生活介護事業所ひらま
      ・短期入所事業所ひらま
      ・日中一時支援事業所ひらま
      ・相談交流ひらま
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 23.1%(13名中3名)

施設長 13名中 女性3名

採用データ

先輩情報

人の支えとなる仕事
宮本 武和
2008入社
ルーテル学院大学
ちとせ(生活介護)
サービス管理責任者
PHOTO

問い合わせ先

〒 210-0853
神奈川県川崎市川崎区田島町6-3

TEL:044-333-8366
事務局 採用担当
URL http://www.tomokawasaki.or.jp/
E-mail kyujin@tomokawasaki.or.jp
交通機関 川崎駅東口バスターミナルより
1,臨港バス24系統 鋼管循環 鋼管通2丁目(田島支所前)下車徒歩5分
2,市営バス40系統 JFK・塩浜営業所・水江町行き 小田栄下車徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp101782/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人ともかわさきと業種や本社が同じ企業を探す。

社会福祉法人ともかわさきを見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

社会福祉法人ともかわさきを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ