最終更新日:2020/11/28

  • 正社員
  • 既卒可

(株)学研ココファン・ナーサリー

業種

  • 幼稚園・保育園
  • 教育
  • 福祉サービス
  • 医療機関

基本情報

本社
東京都
PHOTO

子どもたちの豊かな感性と発想を大事にしています!

代田 香織
2015年中途入社
成田国際福祉専門学校
3歳児クラス担任/幼児リーダー/絵本委員

学生時代に挑戦した経験が生きています!

学生時代には、保育所をはじめ障がい者施設などさまざまな施設のボランティアを経験しました。職員でも実習生でもない立場で子どもや利用者に関わっていたので、より近い存在として実習では気付かなかったことがたくさんあり、コミュニケーションの大切さを改めて感じました。
そこでの気づきは、今の仕事をする上でも大切なことであると思っています。
就職の前にいろいろな場所を見ることができてとてもよかったと感じています。


子どもたちの姿をたくさん褒めることを大事にしています。

保育士として仕事をする中で、子どもの成長を感じることができる瞬間が一番喜びを感じます!今年受け持った3歳児クラスの子どもたちは、1歳児だった頃にも担任をしていました。1年越しに同じクラスで過ごしていると、当然ながらも当時の子どもたちの姿との違いに成長を感じる場面がたくさんあります!
お手紙をかいてプレゼントしてくれたり、アイロンビーズで作ったキーホルダーを嬉しそうに見せてくれたり…そのうれしそうな姿に私もうれしくなります。そんな子どもたちの姿をたくさん引き出すことができるように、子どもたちがその時感じたことや気持ちを一番大切に、認めてほめることを大事にしています。


職員同士、なんでも話しやすい関係で相談もしやすいです。

悩んだときには、周りの先生に話をきいてもらったり、アドバイスをもらったりして乗り越えています。今年は特に、自身の子育てと仕事の両立について悩むこともありましたが、子育て経験が豊富な先輩がたくさんいるので、いつも助けてもらっていました。悩み事は話を聞いてもらうだけで、気持ちが軽くなり、気分がすっきりすることも多いです。あとは、考えすぎずにまずは寝てみることも意識しています。たくさん寝た後の頭がすっきりしたタイミングで改めて考えてみると、違った角度からの発見につながることもあり、解決の糸口がみえてきます!


学研は研修制度も整っているので、スキルアップの機会がたくさんあるのが魅力です。

毎月届く「月刊絵本」や「もじかずランド」「スポーツチャンバラ」など、学研ならではの保育カリキュラムだけでなく、研修も充実しています。近隣の園や、地域ごとのブロックに分かれた研修もあり、他の園での保育について知る機会は、自身の学びや刺激になっています。
日々の保育に対する想いや悩みを共感し、一緒に学び成長できる仲間がたくさんいることも入社してよかったなと思えるところのひとつです。今年は絵本委員に初めて就き、絵本を活用した保育の推進を行ってきました。初めてのことで手探りのことばかりでしたが、絵本委員の研修に参加する中で、改めて絵本の面白さや大切さを実感することができました。


子どもたち一人一人の感性と発想がどんどん豊かになるような保育を目指しています。

子どもたちが日々、口にするひとことの中には、大人が思いもしないような気持ちや発想がたくさん詰まっているので、大事にしています。
先日のお散歩で、大きな橋を渡り、川を越えたのですが、その川の真ん中にマヨネーズが容器ごと浮かんでいるのが見えました。それをみて、「なんであんなところにマヨネーズ?」と言葉にした子をから、「なんでだろう?」と考える子どもたち。「わかった!お化けが運んだんじゃない?」「カラスが、だれかのうちの冷蔵庫からとってきて落としちゃったんだよ」「マヨネーズに足が生えて自分で勝手にあるいたんじゃない?」「窓から飛び出してきたのかも!」と、次々出てくる子どもたちの想像力には驚きました。
そんな子どもの時期ならではの、豊かな発想や想像力をはぐくめるよう、子どもたちの想いに寄り添い、まずは共感することを大切にしています!


ページTOPへ