最終更新日:2020/6/19

  • 正社員

ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)【サッポログループ】

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 外食・レストラン

基本情報

本社
東京都、愛知県
PHOTO

新しい商品へのチャレンジ

Y.F
2015年入社
30歳
農学部 生物機能科学科
研究開発本部 第二商品開発部 第二飲料開発グループ
缶コーヒー・ゼリー飲料の商品開発

一日のスケジュールと、現在の仕事内容を教えてください。

現在、缶コーヒー・ゼリー飲料の商品開発を担当しています。具体的には、商品の中身に関する設計や表示内容の作成等を行っています。また、商品開発とは別で、新しいカテゴリーの商品を作るための技術開発を行っています。
一日のスケジュールとしては、商品開発の時期によって異なりますが、試作5割・会議2割・その他デスクワーク等3割くらいの割合で仕事をしています。私自身も入社してから感じていることですが、思っていたよりも、試作に割ける時間は少ないです。ただ、表示作成や他社特許への対応等、商品開発の仕事は中身の味作り以外にも重要な仕事は多いです。


ポッカサッポロならではの仕事のやりがい・強みを教えてください。

「新しいことへのチャレンジができること」は、私にとって仕事のやりがいとなっています。もちろん、既存の商品の売り上げを伸ばすことは重要ですが、企業として存続していくためには新しいものを継続して生み出していく必要があります。研究開発本部では、今までにない新しい商品につながるような技術開発も行っています。新しいことに取り組むと、自分でも思っていなかった結果が出たり、新しい商品につながるアイデアにつながります。まだ世の中にない新しい味、便利な機能、製法を生み出す可能性を秘めている仕事ができるのがポッカサッポロの研究開発です。


ポッカサッポロだからこそ成長できたことはありますか?

「課題解決力」はポッカサッポロにいたからこそ伸びた力だと感じています。私は、社内で誰もやったことのない新しい仕事(商品開発・製造方法の開発)を行ったときに、課題解決力が伸びたと実感しています。新しいことに取り組むと、社内で誰もわからないような問題が発生することがよくあります。しかし、上司や先輩も解決方法がわからないので、解決方法を見つけださないといけません。そんな時、問題がどこにあるか?なぜそれが起こるのか?等、基本的で当たり前なことを繰り返していくことで解決の糸口を探っていきます。ポッカサッポロで新しいことにチャレンジをしたからこそ課題解決力が伸びたと思います。


ずばり、ポッカサッポロの社風を一言で表すと?理由も教えてください。

「チャレンジをさせてくれる」会社だと感じています。入社して4年目になりますが、1年目から新規カテゴリー商品を担当したり、今はコーヒーの基幹商品を担当したりと、色々なことにチャレンジをさせてもらっています。また、新規技術の開発においても、自分のやりたいことや面白そうなことを見つければ、進めるために上司や先輩がサポートをしてくれます。チャレンジをするためには、周囲のサポートも必要不可欠ですが、ポッカサッポロには、そのサポートをしてくれる環境があります。もちろん、チャレンジへの意識も大事です。


今後ポッカサッポロでの夢や目標、挑戦したいことがあれば教えてください。

将来の売上の軸となる新規商品カテゴリーを立ち上げたいです。ポッカサッポロは現在、飲料とスープが売上の柱となっていますが、将来的には更なる新規商品カテゴリーの存在が必要不可欠です。今はできないことを新規技術開発によって実現できれば、今までにない「おいしい」や「驚き」を生み出すことができます。また、新規商品をより多くのお客様に伝えることによって、ポッカサッポロのファンを増やすことが、私の夢です。


ページTOPへ