最終更新日:2020/6/19

  • 正社員

ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)【サッポログループ】

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 食品
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 外食・レストラン

基本情報

本社
東京都、愛知県
PHOTO

ひとりひとりの個性が輝く会社です

M.K
2016年入社
28歳
農学部 応用生命科学科
研究開発本部 第二商品開発部 スープ食品開発グループ
スープ・食品の商品開発

一日のスケジュールと、現在の仕事内容を教えてください。

現在の仕事は、スープ・食品の商品開発を行っております。原料の探索から、加工方法の検討、工場でのスケールアップ、パッケージの表示作成まで、ものづくりの川上から川下まで関わっています。1日のスケジュールは日々異なりますが、業務時間の内、50%が試作検討、50%がデスクワークというイメージです。
商品開発は、「どうしたらお客様に喜んでもらえるのか」を考え、開発を進めます。研究所内で試作をするだけでなく、ときには研究所から飛び出して、実際に原料の生産者さんの畑に訪問したり、講習会や展示会で情報収集をしたりします。また、研究所にあるキッチンで実際に料理をつくることもあります。そして、原料メーカーさん、マーケティング部、生産部や品質保証部などたくさんの人と協働し、商品まで仕上げます。
商品が形になった時、商品棚に並んだ時、お客様の手にとってもらえた時の感動はとても大きいです。一番この仕事をやっていてうれしい瞬間です。


ポッカサッポロならではの仕事のやりがい・強みを教えてください。

ポッカサッポロの強みは、【1】商品を素材からこだわっていること、【2】商品ジャンルの幅の広さ、この2点だと思います。
【1】について、ポッカサッポロでは商品を素材からこだわっており、このこだわりによって他社との差別化を図っています。例えば、スープに使用するとうもろこしに関しては、品種選定から栽培方法、加工方法まで、たくさんこだわりがたくさんあります。大変なことも多いですが、農家さんから工場の人までモノづくりに関わるたくさんの人情熱に直接触れることができ、より思いのこもった商品の開発ができます。

【2】に関しては、ポッカサッポロでは、レモン食品事業、飲料事業、スープ事業、豆乳・豆乳ヨーグルト事業、の大きな4つの事業をもっています。また、関係会社にはビール事業、アイスクリーム事業、外食事業もあります。これら事業間では人事交流や研究開発の交流があり、様々なジャンルの知見や考え方を入手しやすい環境です。これによって、自己スキルの向上にもつながりますし、幅広い食品の開発ができます。これはポッカサッポロならではだと思います。


ポッカサッポロだからこそ成長できたことはありますか?

強い責任感をもって仕事ができるようになったことです。
3年目に入ったとき、主要ブランド商品の原料の開発を行いました。原料の開発は商品の他社との差別化を図り、より魅力的にするために重要と考えています。ただし、モノづくりの上流から踏み込み、コスト、品質、納期、、と様々な課題をクリアしなくてはなりません。実際に海外にある畑を訪れて収穫に立ち会ったり、それを他の国に輸送して加工検討したりと、とても大変でした。ですが、原料メーカーの方、商社の方、調達部、マーケティング部、生産部、周りの先輩方、、多くの人のフォローがあって、無事に商品にすることができました。この経験を経て、自分の仕事に責任をもってやり遂げる粘り強さを得ることができたと感じます。このような経験ができたのも、若手でも一担当者として任せてくれるポッカサッポロならではだと思います。また、この仕事は一人では絶対成し遂げられなかったと思います。改めて、一つの商品には、多くの人の努力があるということを知りました。


ずばり、ポッカサッポロの社風を一言で表すと?理由も教えてください。

個性を大事にしてくれる会社です。
理由は、ひとりひとりの考え方を重んじ、それぞれの個性を適切な場所で生かそうとしてくれていると感じるからです。商品開発の業務においても、ベテランだから良い、新人だから悪いという考え方は一切ありません。
例えば、研究所には半年に1度研究発表会といって、グループで研究成果や商品を経営陣や他部署に提案できる場があります。そこでは、若手社員がリーダーとなって先輩社員をかかえて提案を行い、賞をとることもあります。また、新入社員でも主要ブランドの商品開発を行っています。社歴問わず、自分らしく働ける環境です。
採用面接でもこの雰囲気を感じていただけるのではないかと思います。個人的な感想にはなりますが、どの会社よりも話をしっかり聞いてくれて、自分の言いたいことを一番伝えられました。もし、ご縁があり、面接をうけていただくことになれば、就活マニュアルのような模範解答を言うのではなく、ぜひ自分の個性を伝えてみてください。


今後ポッカサッポロでの夢や目標、挑戦したいことがあれば教えてください。

夢は、大きく2つあります。1つ目は、新しい食文化をつくることです。ポッカサッポロには世界で初めて「ホット/コールド型自動販売機の開発」、「PETボトルの果実飲料の開発」など、新しい文化を創造してきた歴史があります。私も、このように人々の生活をより豊かにし、それが生活の一部となるような商品の開発がしたいと考えます。そのために、アンテナを広く張って世の中の動きに敏感になるとともに、自身の知識やスキルアップに努めています。
2つ目は、一緒に仕事をする人の力を最大限に活かせる開発者になることです。商品開発を行う中では社内外問わず多くの人と仕事をします。そして一緒に仕事をしていると、それぞれの人にこだわりや努力があり、仕事に対する情熱を感じます。私は、これらの情熱をすべて集結させれば、「とんでもなく良いもの」ができのではと確信します。その「とんでもなく良いもの」を世に出し、よりお客様に喜んでいただくことが私の夢です。


ページTOPへ