予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/29まで追加・解除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2020/2/21

  • 正社員

地崎道路(株)

業種

  • 建設
  • 設備工事
  • 環境・リサイクル

基本情報

本社
東京都
資本金
3億5,000万円
売上高
75億円 (2018年3月期)第50期
従業員
119名(2018年03月末現在)
  • 業種 建設、設備工事、環境・リサイクル
  • 本社 東京都
  • 資本金 3億5,000万円
  • 売上高 75億円 (2018年3月期)第50期
  • 従業員 119名(2018年03月末現在)

3月1日に公開予定の内容であり、内容は変更の可能性があります

社会インフラの根幹である、道路や空港施設などを、建設事業を通じて絶えず支えています。

会社紹介記事

PHOTO
走りやすさと造形美を追求した道路の建設と補修工事では全国の発注者から高い評価をいただいています。(北海道横断自動車道 北見西IC舗装工事)
PHOTO
何年経験を積んでもひとつとして「同じ」はない。現場に入るときにはいつも新入社員の気持ち。

毎日の小さな積み重ねが、大きな達成感になる。

PHOTO

2003年入社。大学では海洋土木工学を学ぶ。北海道支店工務部 石山直樹さん

<物をつくりたいという夢が、原動力。>
小さな頃から物づくりが好きな少年だった。その思いを持ち続けてたどり着いた答えが『道をつくり、町をつくる』仕事。いくつかの工事を経験し、本格的に配属された現場は、木が伐採されたばかりの林に道路を一本つくる仕事。主に測量担当だったが、何もない一からのスタートは自身にとって初めてで、すべてが新鮮に映ったという。工事の基礎となる測量は、数センチの違いが仕上がりを大きく左右する重要な作業。主任として現場の指示にあたっている今も、ことのほか着工前の段取りや測量の正確さにはこだわりを持って取り組んでいる。『ほんの少しの誤差も、積み重なると大きくなっていく。小さなミスが原因でその日の作業がすべてダメになることもあるから、取りかかる前は特に気を使います』。完成すれば良しではなく、できあがるまでのプロセスを大事にする、石山らしい考え方だ。
<10人いれば10の考えがある。会話の中からベストを導き出す。>
現場スタッフとの毎朝のミーティングは、大事なコニュミケーションの場であり貴重な学びの場でもある。『自分よりも経験豊かな年配の作業員が多いので、こちらの考えを押し付けるのではなく“次の工程はどうするのが一番良いか?”など、会話を通してベストな方法を選ぶようにしています』。現場に戻ってからも社員同士、問題点などについて意見を交わす。それぞれの現場をサポートし合える体制ができているのも心強い支え、と石山は語る。道路工事だけでなく、冬の新千歳空港の除雪作業も北海道支店の重要な業務だ。夏場と比べ拘束時間は短いが、深夜から早朝にかけての作業が多く、極寒の野外での苦労は想像に難くない。しかし、北海道の玄関口である重要な空港の機能に一役を担い、街では見ることがない巨大な除雪機が一斉に稼働する迫力は、北海道でしか味わうことのできない仕事の醍醐味のひとつでもある。まだまだ学ぶことばかりと話す石山の表情には、常に新しい知識を吸収したいという意欲がにじむ。一級土木施工管理技士取得のほか、最先端の現場を訪れるなどして、より新しい工法、技術を追求したいと考えている。より高いステージをめざし、ものづくりへの探究心はいつまでも尽きない。

会社データ

事業内容
(1)道路・施設舗装工事(高速道路・一般国道・主要地方道・空港施設)
(2)一般土木工事(道路補修・改修)
(3)生活関連工事(駐車場・水道施設・外溝・造園)
(4)航空機着陸拘束装置(バリア) 機械・機器・部品・材料輸入及び国内
    販売、製作及び設置工事
(5)空港メンテナンス工事(施設維持・除雪)
(6)油汚染浄化事業(バイオレメディエーション、バイオ製剤輸入及び販売)
(7)工事資材製造販売(アスファルト混合物、レディーミックスコンクリート)
(8)産業廃棄物・廃油収集運搬及び処理処分
本社郵便番号 108-0075
本社所在地 東京都港区港南2-13-31 品川NSSビル6階
本社電話番号 03-5460-1031
設立 1968(昭和43)年4月設立
資本金 3億5,000万円
従業員 119名(2018年03月末現在)
売上高 75億円 (2018年3月期)第50期
事業所 【本社】 東京都港区
【支店】 北海道支店(札幌市中央区)東北支店(仙台市青葉区)東京支店(東京都港区)名古屋支店(名古屋市中区)大阪支店(大阪市中央区)
 その他、5営業所・10工場(生コン、合材工場)
業績 2018年3月期 第50期
受注高 64億1,700万円
売上高 74億6,400万円
経常利益 2億5,700万円
当期純利益 1億5,200万円
事業分野別売上高 舗装工事  86%
製品販売(合材等) 4%
一般土木・水道工事 10%
主な取引先 国土交通省、防衛省、NEXCO、自治体、その他官公庁、岩田地崎建設(株)、他ゼネコン
グループ会社 (株)ICホールディングス、岩田地崎建設(株)、ICアセット(株)、大同舗道(株)、岩田石油(株)、(株)ICエージェンシー 
平均年齢 46.4歳
経営理念 『考えたいのは地球の未来です。』

地崎道路は、命の宿る、水と緑の美しい惑星「地球」を舞台に、地球市民の一人として理想的な都市とかけがえのない環境との共生を実現します。


社是 社員一人ひとりが以下の社是を胸に日々業務に努めています。

【和】 互に人格を尊重し敬愛の情を以て相扶け合う。
【責任】自己の義務を誠実に遂行する。
【礼】 職場規律の発揚に努める。
沿革
  • 1968年 4月
    • 資本金5,000万円にて、地崎道路(株)を設立する。
  • 1968年 10月
    • 建設業大臣登録許可を受ける。
  • 1972年 1月
    • 資本金1億円に増資する。
  • 1973年 12月
    • 資本金2億円に増資する。
  • 2000年 6月
    • 資本金を2億5,000万円に増資する。
  • 2006年 6月
    • 千歳生コン工場が竣功する。
  • 2007年 2月
    • 環境浄化、汚染物質の除去などバイオ事業に本格的に参入する。
  • 2009年 1月
    • 情報セキュリティマネジメントシステムについてISO27001の認証を取得する。
  • 2009年 3月
    • 資本金を3億5,000万円に増資する。
  • 2011年 5月
    • バイオレメディエーション利用指針(9社連合)が経済産業省並びに環境省から安全性指針に適合との確認がされる。
  • 2012年 3月
    • 環境マネジメントシステムについてISO14001の認証を取得する。
  • 2012年 10月
    • 国土交通省近畿地方整備局より「災害時建設事業継続制度(BCP)審査要領」に適合認定を受ける。
  • 2012年 12月 
    • 機械車輌としてモーターグレーダーを取得する。
  • 2013年 2月
    • バイオ・グリーン・プラネット社及びフェイズスリー社(ともに米国)とバイオ製剤について、販売店契約を締結する。
  • 2013年 4月
    • 機械投資として、アスファルトフィニッシャーを導入する。
  • 2014年 12月
    • 機械車輌としてモーターグレーダーを取得する。
  • 2015年 11月
    • 千歳市清流において千歳営業所・寮等の施設を新築する。
  • 2018年4月
    • 会社設立50周年
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 17.4年
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 8.9日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 0名 0名 0名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 0名 0名 0名

採用データ

地崎道路(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

地崎道路(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

地崎道路(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ