最終更新日:2020/7/14

  • 正社員

奥多摩工業(株)

業種

  • 鉱業
  • 化学
  • 環境・リサイクル
  • 紙・パルプ
  • 商社(紙・パルプ)

基本情報

本社
東京都
資本金
10億円
売上高
146億3,000万円 (2018年4月~2019年3月実績)
従業員
207名 (2019年3月末現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 鉱業、化学、環境・リサイクル、紙・パルプ、商社(紙・パルプ)
  • 本社 東京都
  • 資本金 10億円
  • 売上高 146億3,000万円 (2018年4月~2019年3月実績)
  • 従業員 207名 (2019年3月末現在)
  • 募集人数 1~5名

革新技術で石灰石を価値の高い製品へ。地下資源の採掘から製品開発までを手がける化学メーカー。

会社説明会のご案内 (2020/07/14更新)

PHOTO


---奥多摩工業の説明会って??-----------------------

■創業83年!
鉄鋼・土木・製紙と幅広い業界に関わっています!

■先輩社員からじっくり話を聞こう!
「働くのってどんな感じ?」
「研究職の仕事内容を聞きたいです!」
何でも大歓迎です!


■新型コロナウイルス感染症への対応
【会社説明会予定について】
感染症対策の一環として、少人数での開催とさせていただきます。

【マスクの着用について】 
会社説明会・各選考に参加される際、マスクはご着用いただいたままで構いません。
※社員もマスク着用とさせていただきます。

会社紹介記事

PHOTO
試行錯誤を繰り返しながら新たな発見に立ち会えることは研究職ならではの大きな醍醐味。世の中に役に立つ製品をこの手で生み出すこの仕事にやりがいと誇りを感じています。
PHOTO
役職や年次の垣根を感じさせないフランクな関係性も魅力の一つ。頼りになる先輩がいるからこそ個々のスキルアップが非常に早く、若手から幅広いフィールドに挑戦できます。

技術を駆使して、最高の品質と最良の製品をつくり続ける。

PHOTO

「現状のサービスにとどまらず、新しいマーケットを開拓していきたい。皆さんが持つ新しい価値観との出会いを期待しています」そう語る代表取締役社長の松川昌則氏。

■革新技術によって、天然資源の活用を創出していく。

当社は1937年の誕生以来、日本で唯一の自給可能な地下資源である石灰石を基盤に、人々の日常生活を支えながら社会への貢献を実現してきました。

石灰石の採掘から化工製品の製造、そして販売までと自社が一貫して担う化学メーカーは稀有な存在であり、競合他社との差別化にも繋がっていると考えています。

特に、当社の主力製品である「タマカルク」は、ごみ焼却時に発生する酸性ガスを中和除去する処理剤ですが、販売したのは25年以上も前にさかのぼります。

この時から、当時の日本の環境保護問題と真摯に向き合うべく、奥多摩工業としてはじめて海外からの技術を取り入れた製品開発への挑戦が始まったのです。

■技術立社で在り続けるために、革新を止めない。

私は、製品の開発には終わりがないと思っています。それは「タマカルク」も同様であり、現在も環境規制に応じてバージョンアップを続けています。

お客さまや地域社会の要望があるからこそ、全力で応えていきたいという想いは益々強くなっていきます。当社の技術者たちは、奥多摩工業が今まで培ってきたノウハウを活かし、「必ず世の中に役立つ製品を生み出す」と信じて研究に取り組んでいるのです。

今後も、業界を牽引する立場として新たな技術の提供はもちろん、自らの発想力を惜しみなく広めていく方針です。既存の製品だけに頼ることはせず、すでに新しい開発にも着手し販売の計画も進んでいます。

■地域社会や地球環境への貢献で、未来を創造する。

社会貢献の一環として奥多摩周辺のキャンプ場経営や旅館の提供、森林再生などの支援を行っています。これらの取り組みが、地域の方への恩返しになり、ゆくゆくの新規事業にも繋がると考え、様々な角度から未来への投資をしています。

また、未来を担う人材育成にも力を入れており、当社が採用をした新卒(大学生)の離職率は、3年で0人になります。先輩社員が後輩をあたたかく育てていく社風と、チャレンジができる環境のバランスが保たれている証ではないでしょうか。

挑戦してみたいことや夢があれば、周りと語り合える風通しの良さも当社の強みです。新入社員の方には、未来につながるアイデアを自分なりの形で表現してほしいと願っています。

代表取締役社長/松川 昌則

会社データ

プロフィール

石灰石資源の開発を目的に鉄道会社として発足した当社は、創業から83年を迎えた現在、東京・奥多摩地区に採掘場を構え一貫した製品開発を行っています。

日本で唯一の自給可能な地下資源と言われている「石灰石」の化工から販売までのすべてをワンストップで提供し、独自開発の製品化にも成功しています。

皆さんは、石灰石と聞くとセメントや鉄鋼の原料とイメージされるかもしれませんが、実は紙、ゴム、プラスチック、建材、環境改善にも当社の製品はあらゆる形で貢献しているのです。

例えば、当社が圧倒的なシェアを誇る「タマパール」は、「紙がインクでにじまないようにしたい」という大手製紙業界の課題を解決するために誕生した製品です。これらを開発する際には、営業だけがお客さま先に出向くのではなく、研究職の社員も一緒にヒアリングをしながら何度も試行錯誤を重ねて完成させていきます。

このように、各セクションにかっちりとした役割を決めすぎずに製品開発へ挑める体制こそが、当社ならではのこだわりなのです。

今後は、お客さまのニーズに対応していくのはもちろん、今ある製品を時代によってマイナーチェンジしていくことが求められていると考えています。何を必要とされているかを察知するのには、まずは先輩や周りとコミュニケーションをとり、自分なりに解釈をして発信していく気持ちが何よりも大切です。

また、意欲的な社員には、新規のプロジェクトや部署を越えたミーティングなどにも加わってもらい、専門性を高める機会を増やしています。社員をあたたかく見守り、大切にしながら応援するバックアップ体制が整っていますので、成長ができるチャンスの多い会社です。

採掘現場となる鉱山や石灰石が運ばれてくる巨大プラントを実際に見てもらえれば、スケールの大きさからも、圧倒的な迫力を感じていただけるはずです。自社のダイナミックな歴史のその先に、未来のフィールドが広がっています。

事業内容

PHOTO

日本で唯一自給可能な天然資源であり、あらゆる分野の製品づくりに欠かせない『石灰石』。80年以上の歴史の中で積み上げてきた独自の技術力で産業界の発展を支えています。

(1)石灰石の採掘
(2)石灰石/生石灰/消石灰/土質改良材/高反応消石灰/軽質炭酸カルシウムの製造販売
(3)砂岩砕石の採掘
(4)コンクリート用、アスファルト用砕石砕砂の製造販売
(5)改良土事業
本社郵便番号 190-0012
本社所在地 東京都立川市曙町一丁目18番2号
本社電話番号 042-540-5670
設立 1937年6月30日
資本金 10億円
従業員 207名 (2019年3月末現在)
売上高 146億3,000万円 (2018年4月~2019年3月実績)
事業所 本社/東京都立川市
営業所/東京都立川市・青梅市 他
工場/東京都奥多摩町・瑞穂町・青梅市、広島県福山市
土質改良土プラント/千葉県流山市 他
技術研究所/東京都瑞穂町
関連会社 奥多摩建設工業(株)
瑞穂運輸(株)
(株)新潟ピーシーシー
横浜改良土センター(株)
山陽太平洋ライム(株)
(株)横浜BayLink
沿革
  • 1937年 6月
    • 奥多摩電気鉄道(株)として発足
  • 1944年12月
    • 商号を奥多摩工業(株)と変更
  • 1946年12月
    • 石灰石採掘販売開始
  • 1961年 1月
    • 生石灰製造のため奥多摩化工(株)を設立
  • 1961年12月
    • 生石灰製造販売開始
  • 1965年 4月
    • 消石灰製造販売開始
  • 1967年 7月
    • 砕石製造のため瑞穂建材工業(株)を設立
  • 1974年12月
    • 奥多摩化工(株)を吸収合併
  • 1975年 4月
    • 軽質炭酸カルシウム(タマパール)製造販売開始
  • 1977年12月
    • 瑞穂建材工業(株)を吸収合併
  • 1982年 7月
    • 改良土事業開始
  • 1995年 7月
    • 高比表面積水酸化カルシウム(タマカルク)製造販売開始
  • 2002年 3月
    • (株)新潟ピーシーシーを設立
  • 2003年 5月
    • 横浜市下水道局のPFI事業を行うため
      横浜改良土センター(株)を設立
  • 2007年 7月
    • 山陽太平洋ライム(株)を設立
  • 2009年 4月
    • 高反応消石灰(タマカルク-ECO)製造販売開始
  • 2016年 4月
    • (株)横浜BayLinkを設立
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 18.2年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 13.1時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 13.2日

採用データ

問い合わせ先

〒190-0012
 東京都立川市曙町1-18-2 一清ビル6F
 総務部総務課 採用担当宛
 TEL:042-540-5670 FAX:042-540-5590
URL http://www.okutama.co.jp
交通機関 JR中央線・南武線・青梅線 「立川駅」下車 徒歩7分
多摩モノレール 「立川北駅」下車 徒歩7分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp105285/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
奥多摩工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

奥多摩工業(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ