最終更新日:2020/8/4

  • 正社員
  • 既卒可

テンポスグループ((株)テンポスホールディングス他9社)[グループ募集]

業種

  • 専門コンサルティング
  • 人材派遣・人材紹介
  • 専門店(食品・日用品)
  • イベント・興行
  • 食品

基本情報

本社
東京都

志望動機が弱いと言われました。どんなことに気をつければいい?

【人事が語る!「好き」アピールだけではダメ、な理由!】(2020年5月15日)

PHOTO

こんにちは!!(^∀^)ノ
株式会社テンポスホールディングスの武田とです。

今回は、『その志望動機はアピールになってない!』というテーマでお伝えします。

ハッキリ言って、
その会社や商品が『好きなだけではダメ』です。

では、どの様にダメなのか、面接でのワンシーンを例に挙げてみましょう。


【面接のワンシーン】
  面接官: 「それでは、当社への志望動機を教えて下さい。」
  Aさん: 「ハイ! 御社の●●(商品名・もしくはサービス)が好きだからです!!」
  面接官: 「そうですか。でも、●●を扱えない部署に配属されたらどうしますか?」
  Aさん: 「え・。」
  面接官: 「つまり、Aさんは当社で何がやりたいの?」
  Aさん: 「えっと、、。」
  面接官: 「もしかしたら、Aさんは●●が好きなだけで、当社で働きたいというわけではないんじゃないかな?」
  Aさん: 「・・・。」

ざっくりとした会話なので、わかりにくいかもしれませんが、重要なことは、

 「その会社の商品・サービスが好き」

ということと、
 「その会社で働きたい」

ということは、

イコールにならないということです。


その商品・サービス以外のことに興味がもてなければ、

「こんなはずじゃなかった・・・」

といって、早々に会社を辞めることになってしまうかもしれません。

それ以前に、

「この人は、本当にウチの会社に入りたいわけじゃないんだな」

ということを、百戦錬磨の面接官に見破られてしまい、結果、残念ながら不採用・・・ということになることも、大いに予想されます。


結局何が言いたいかというと、
 「大好きな●●の良さをもっと世の人々に知ってもらう為に、私はこんなことがしたい!」
とか、
 「もっと良い商品・サービスにするために、私はこんなことをしたい!」
というような、

 ★その会社で自分はどんなことがしたいのか?

ということを明確にし、

 ★さらにそれが実現出来そうな会社かということを良く調べた上で、
本当に志望動機になっているかを考えなければならないということです。

今一度、良く考えてみることをおススメします


面接で短所は正直に言うべき?

短所は言ってもいいの?!答え方教えます!(2020年5月8日)

PHOTO

こんにちは!

春を越えて少し熱くなってきましたが、皆さん体調いかがでしょうか?

株式会社テンポスホールディングスの武田です。
今回のテーマは「面接短所を言ってもよいのか?!」

そもそもどうして、面接で長所・短所を聞くのでしょうか?

答えからズバリ言いますと、
「あなたがどんな人か?」を知るために一番わかりやすい質問だから です。

面接とは、自分の魅力(=長所)を表現する場所です。

もちろんそうなんですが、そればかりでは短所は見えにくい。
人間って、完璧な人は本当にいないと思います。

当社の社員でもそうです。
学生であれば、尚更そうであると思われます。(ゴメンナサイ)

「短所も知りたい」というよりは、短所も聞いたほうが
『アナタがどういう人なのか』という『人間像』が見えてきます。
短所も知った上で、「じゃあそこを一緒に伸ばしていこうね」
と思える と、考えています。


自分の短所を把握していない(すぐに口から出てこない)方も多いようです。

自分の短所(もっとココを延ばすべきだ!)という所も長所と一緒に把握して、
すぐ言えるようにしておきましょう。
(より、自分のことをわかっているな、という印象を与えられますよ!)

ページTOPへ