予約リストに追加した企業には、3/1の0時0分に自動的にエントリーされます。2/29まで追加・解除は自由にできます。

予約リストとは

最終更新日:2020/2/15

  • 正社員

本間道路(株)

業種

  • 建設

基本情報

本社
新潟県
資本金
1億円
売上高
60億1,000万円(2018年12月)
従業員
145名(2019年3月時点)
  • 業種 建設
  • 本社 新潟県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 60億1,000万円(2018年12月)
  • 従業員 145名(2019年3月時点)

3月1日に公開予定の内容であり、内容は変更の可能性があります

より働きやすく、従業員満足を考慮した職場へ。1991年に本間組より独立した道路事業を中心に様々な事業を展開している会社です。

会社紹介記事

PHOTO
工事車両の前で笑顔を見せてくれた社員の方々。「職場の雰囲気はいいですね。和気あいあいとして、年齢に関係なく誰とでも話しやすいです」と古田さん。
PHOTO
現場に出て仕事をすることが多い施工管理職だが、原価管理や書類の作成等、社内に戻ればパソコンに向かう。また同僚との会話を通し、他の現場の情報等も収集します。

東日本大震災の復旧工事を経験。多くを学びながら成長中。

PHOTO

「人間関係がよく、働きやすい会社です。若手にも責任ある仕事を任せてくれますし、給料やボーナス等、待遇面でも満足しています。」

土木に興味を持ったのは高校時代です。授業で学ぶ中で舗装に魅力を感じ、将来の仕事にしたいと考えるようになりました。多くの人や車が通行する道路を造るのはやりがいが大きいですし、いつか自分の子供に「パパが造ったんだよ」と話したいと思いました。そこで工学部へ進学。就職活動は業界を絞って行いました。本間道路は多くの実績があり安定していますし、腰を据えて長く働けると考え入社を決めました。
入社後は1カ月間の研修の後、高校のグラウンド造成工事の担当となりました。半年程で無事竣工しましたが、当時は東日本大震災の復旧が本格的に始まり、復旧工事のため仙台へ行くことに。震災後1年半が過ぎていましたから、きれいに整備されている場所もありましたが、海岸沿いにはまだ瓦礫が残っていました。
正直なところ、赴任する前は戸惑いがありました。でも予定の半年が過ぎた頃、会社から「戻りますか?」と聞かれた際「もう少しここで働かせてください」と答えました。復旧の仕事にやりがいを感じていましたし、地元の方々と仲良くなっていたのも理由です。赴任期間は1年半に及びました。
大切な道路が失われ、住民の方は不便さや不安を感じていらっしゃいました。そこできめ細かく対話をして、コミュニケーションを取りながら、工事を進めるよう心がけました。苦労したのは職人さんの東北弁です。最初は話が聞き取れませんでしたが、だんだんと理解できるようになり、仲良くなることができました。忙しいながら充実した時間でした。多くを学ばせていただいたと思います。
仕事をする上で心がけているのは、スピード感を持って進めること。そして手直しがないよう、一つひとつの工程をきっちり行うことです。また、職人さんにとっても歩行者にとっても、常に安全であるように心がけています。
目標はいい先輩になること。私自身いい先輩に恵まれているので、同じようにわかりやすく教えることができる、面倒見のいい先輩になりたいと思います。
(2012年入社 工事課 古田司)

会社データ

事業内容
・各種道路舗装工事
・建物、スポーツ施設等付帯工事
・アスファルト合材の製造・販売関連事業
本社郵便番号 951-8013
本社所在地 新潟県新潟市中央区柳島町1-5-1
本社電話番号 025-222-5611
創業 1958年4月
設立 1991年4月18日
資本金 1億円
従業員 145名(2019年3月時点)
売上高 60億1,000万円(2018年12月)
事業所 【本社】
 新潟県新潟市
【営業所】
 新潟県新発田市、新潟県東蒲原郡、新潟県上越市、新潟県佐渡市、新潟県長岡市、新潟県村上市、新潟県糸魚川市、東京都千代田区、宮城県仙台市、宮城県富谷市、大阪府大阪市
【機械センター】
 新潟県新潟市
【試験センター】
 新潟県五泉市
子会社・関連会社 【HONMAグループ】
(株)本間組、五泉舗材(株)、(株)本間造園、本間コンクリート工業(株)、隆成建設(株)、本間技建(株)、新潟興業(株)、新潟建工(株)、(株)サンテラ、佐渡海洋物産(株)、(株)紫雲ゴルフ倶楽部
【関連会社・企業体】
新潟舗材(株)、糸魚川アスコン共同企業体、共同企業体荒川共同アスコン、佐渡舗材(株)、共同企業体上越舗材
沿革
  • 1958(昭和33)年4月
    • (株)本間組に土木部舗装課として発足
  • 1966(昭和41)年4月
    • 同上舗道部となる
  • 1971(昭和46)年2月
    • 新潟県五泉市にアスファルトプラント開設
  • 1991(平成3)年4月
    • (株)本間組より分離・独立し、本間道路(株)となる
  • 1991(平成3)年6月
    • 建設業法に基づく新潟県知事許可取得
  • 1993(平成5)年3月
    • 東京営業所開設
  • 1993(平成5)年10月
    • 建設大臣許可取得
  • 1998(平成10)年8月
    • 仙台営業所開設
  • 1999(平成11)年12月
    • ISO9001取得(本社、新潟営業所、下越営業所、村上営業所、東蒲営業所、中越営業所、佐渡営業所、上越営業所、五泉舗材工場、機械センター)
  • 2002(平成14)年12月
    • ISO14001取得(五泉舗材工場)
  • 2003(平成15)年12月
    • 施工部門を分離・独立させ、新潟ロードテクノ(株)設立
  • 2006(平成18)年4月
    • 関西営業所、試験センター開設
  • 2007(平成19)年4月
    • 新潟ロードテクノ(株)を吸収合併
  • 2011(平成23)年8月
    • ISO14001拡大取得(本社)
  • 2012(平成24)年4月
    • 仙台営業所を東北営業所に改称
  • 2014(平成26)年11月
    • ISO9001拡大取得(糸魚川営業所、東京営業所、関西営業所、東北営業所)
  • 2017(平成29)年4月
    • 五泉舗材(株)(平成29年1月設立)へ、合材関連事業を移管
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 20時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 10日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 2名 0名 2名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 2名 0名 2名

採用データ

本間道路(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

本間道路(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

本間道路(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ