最終更新日:2020/3/23

  • 正社員

全農エネルギー(株)

業種

  • 商社(化学・石油・ガス・電気)
  • 物流・倉庫
  • 農業協同組合(JA金融機関含む)

基本情報

本社
東京都
資本金
45億5,000万円
売上高
1,868億円(2018年3月期決算実績)
従業員
約250名 グループ全体 約1,300名(2020年1月現在)
募集人数
若干名
  • 業種 商社(化学・石油・ガス・電気)、物流・倉庫、農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 本社 東京都
  • 資本金 45億5,000万円
  • 売上高 1,868億円(2018年3月期決算実績)
  • 従業員 約250名 グループ全体 約1,300名(2020年1月現在)
  • 募集人数 若干名

全農グループの一員として、お客様や取引先に信頼されるとともに、自らの機能・役割を高めるエクセレントカンパニーを目指しています。

全農エネルギーです!弊社のページをご覧いただきありがとうございます。 (2020/03/23更新)

PHOTO

2021年度卒の新卒採用を開始いたしました。
説明会は 3月24日です!

会社紹介記事

PHOTO
若手社員にも早い段階からやりがいと責任の大きな仕事を任せ、経験を積ませるのが全農エネルギーの人材育成方針。
PHOTO
従来のガソリンやプロパンガスの販売に加え、2016年からは電力小売り事業にも参入。JAグループの総合エネルギー企業を目指して、着実な成長を続けています。

JA-SSやガス販売所を通じ、エネルギーで地域の産業や生活を支えている企業です。

PHOTO

全農エネルギーは部署間の垣根が低く、全社が一体となって業務に取り組んでいる会社。(写真左から鈴木さん、小野瀬さん)

■日々の業務を通じて、地域にエネルギーを供給する大きなやりがいを感じています。

私は学生時代に山岳部に所属し、年間に100日ほどはガスも電気も使えない環境で生活していました。そんな経験を通じてエネルギーの重要性を実感し、この業界で働きたいと考えるようになりました。全農エネルギーへの入社を決めたのは、かなりの山奥に行っても「JA-SS」や「クミアイプロパン」の名称を目にすることが多かったから。エネルギーを通じて地域の産業や暮らしを支えるという事業内容に魅力を感じました。

入社後、担当することになったのは、2018年に分社化で設立された地域販売子会社の経営を支援する仕事。全国の子会社5社のうち、プロパンガスを扱う3社に関わっています。日々の仕事は各社の担当者と連絡を取り、当社への要望をヒアリングしたり、売り上げや未収金の状況を把握したりすること。地方の皆さんにエネルギーを供給するという仕事に大きなやりがいを感じています。今後の目標は、自分自身も地方の子会社や支社で働き、エネルギー供給の第一線に立つことです。

(ガス部 鈴木悠太/2018年入社 史学科卒)

■経理担当として、全国の販売子会社の成長をサポートしています。

私は中学生の時に東日本大震災で被災し、何日も電気やガス、水などが使えない生活を体験しました。今まで当たり前のように使用していたライフラインが、人々の生活を支える大きな役割であると感じ、エネルギー業界への関心が強くなりました。全農エネルギーに入社を決めたのは、JAグループという安定性と説明会や面接などから感じ取った社風に惹かれ、より人々に寄添い安心した生活をサポートできると思ったからです。

現在は経理部に所属し、日々の取引先への支払や、地域販売子会社、SS部門の動きを金銭面から管理する業務に携わっています。子会社の担当者とはお会いしたことはないものの、電話や帳簿を通じて会社が成長していく姿を実感することが出来ています。当社の総合職には男女問わず全国転勤があり、配属先も支社から子会社、販売所まで様々な環境で働くチャンスがあります。私も将来的には地方の拠点に異動し、全国のお客様にエネルギーを安全にお届けしたいです。

(経理部 小野瀬彩子/2018年入社 経済学科卒)

会社データ

プロフィール

当社は、全国農業協同組合連合会(全農)の100%出資により、LPガスの輸入拠点となる坂出輸入基地の保有とその運営を行なう会社として、1979年に全農燃料ターミナル(株)の名称で設立されました。
以来、全農の事業方針に沿って、坂出輸入基地の運営はもとより、石油基地の運営や石油運送事業に取り組み、近年ではSS(サービスステーション)運営事業およびLPガス小売・卸事業などへの進出により業容を拡大させ、2004年に全農エネルギー(株)として新たな出発をして発展してまいりました。

今日では、JAグループ燃料事業において、その中核となる総合エネルギー企業としての役割は重要度を増しており、今後も大きく飛躍していくことが期待されております。

事業内容

PHOTO

当社の坂出LPガス輸入基地です。

石油・LPガス類の保管管理、受払、運送、販売および保安
石油・LPガス類の製造・貯蔵・充填・販売に関わる施設および設備機器類の検査、修理、塗装、賃貸、販売、運営、および運営受託
石油・LPガス類の販売促進に関わる企画立案、調査、指導および施設設計
倉庫業
太陽光発電、太陽熱利用等の新エネルギーに関わる施設および設備機器類の設計、施工、販売、修理、保守、賃貸およびコンサルタント
一級建築士事務所の経営
自動車および自動車部品・用品類の賃貸および販売
電気事業法に関わる発電機および付帯設備の提供・運営受託および電力の販売
保険業法にもとづく損害保険の代理店業および農業協同組合法
(1947年法律第132号)にもとづく共済代理店業
前各号に付帯関連する一切の事業
本社郵便番号 101-0064
本社所在地 東京都千代田区神田猿楽町1-5-18 千代田ビル 7F
本社電話番号 03-3293-1241
設立 1979年12月7日
資本金 45億5,000万円
従業員 約250名
グループ全体 約1,300名(2020年1月現在)
売上高 1,868億円(2018年3月期決算実績)
事業所 【本社】東京都千代田区神田猿楽町1-5-18 千代田ビル7階
【LPガス輸入基地】坂出
【石油基地】仙台、新潟、金沢、愛媛、唐津、大牟田
株主構成 全国農業協同組合連合会(全農)100%
グループ会社 全農東北エネルギー(株)
全農東日本エネルギー(株)
全農関西エネルギー(株)
全農西日本エネルギー(株)
全農九州エネルギー(株)
沿革
  • 1979年12月
    • 全国農業協同組合連合会(全農)100%出資により、LPガスの輸入拠点となる坂出輸入基地の保有とその運営を行う会社として、「全農燃料ターミナル(株)」という名称で設立
  • 1983年3月
    • 坂出LPガス輸入基地の操業開始
  • 1985年6月
    • 燃料施設の賃貸事業を開始
  • 1990年4月
    • 当社100%出資の子会社として、「全農燃料テクノ(株)」を設立
  • 1993年7月
    • 本社を現在の東京都千代田区猿楽町1-5-18に移転
  • 1999年11月
    • セルフSS第1号店「ジャスポート草加」の営業開始
  • 2002年4月
    • 全農の石油基地運営を受託
  • 2003年10月
    • LPガス小売事業を「あきた白神販売所」にて開始
  • 2004年4月
    • 「全農燃料ターミナル(株)」「全農燃料テクノ(株)」「全農オート(株)」3社を合併し、「全農エネルギー(株)」を発足
      系統石油輸送元請け業務を開始
  • 2004年5月
    • 充填業務・容器検査業務を「関東LPガス事業所」にて開始
  • 2004年6月
    • 「石油受発注センター」を東京に集約
  • 2005年5月
    • 資本金を23億5,000万円から45億5,000万円に増資
  • 2007年3月
    • 大型セルフSS第1号店「ジャスポート河内長野店」の営業開始
  • 2009年4月
    • 全国農業協同組合連合会 秋田県本部から事業移管を受け、LPガス卸事業を「秋田ガス支店」にて開始
  • 2009年7月
    • 「新潟石油基地」でバイオエタノール混合ガソリンの取扱いを開始
  • 2009年10月
    • 全国農業協同組合連合会 山口県本部から事業移管を受け、LPガス卸事業を「山口ガス支店」にて開始
  • 2009年12月
    • 創立30周年にあたり、「経営理念」と「行動指針」を改定
  • 2011年3月
    • 東日本大震災により、仙台石油基地が壊滅的被害をうけ、稼働停止
  • 2011年11月
    • 仙台石油基地復旧完了、稼働を再開
  • 2013年3月
    • 石油基地を対象に倉庫業資格取得
  • 2013年10月
    • 6石油基地にて石油製品の販売事業・寄託事業開始
  • 2014年11月
    • 輸送部・受発注センターが本社に移転
  • 2015年3月
    • 売上高2,000億円突破
  • 2016年8月
    • 東北電力管内のJAグループ施設向けに「高圧電力」で小売事業開始
  • 2018年10月
    • 分社化により、5社の地域販売子会社を設立
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 15.8年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2018年
    • 8時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 9日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 2名 0名 2名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 3名 0名 3名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 6.8%(133名中9名)

7.8%(127名中10名)2018年度実績

問い合わせ先

〒101-0064
東京都千代田区神田猿楽町1-5-18 千代田ビル7階
採用担当 
TEL:03-3293-1241
Eメール:ze-saiyou@zec.jp
URL http://zennoh-energy.co.jp/
交通機関 地下鉄 半蔵門線/都営新宿線/都営三田線 神保町駅:A5出口から徒歩6分
    丸ノ内線 御茶ノ水駅:御茶ノ水橋口から徒歩8分
JR  御茶ノ水駅:御茶ノ水橋口から徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp113013/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
全農エネルギー(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

全農エネルギー(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

全農エネルギー(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ