最終更新日:2020/6/9

  • 正社員
  • 上場企業

(株)翻訳センター

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • サービス(その他)

基本情報

本社
東京都、大阪府
資本金
5億8,844万3,000円
売上高
120億875万円(2019年3月期)
従業員
507名(2019年3月31日現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 サービス(その他)
  • 本社 東京都、大阪府
  • 資本金 5億8,844万3,000円
  • 売上高 120億875万円(2019年3月期)
  • 従業員 507名(2019年3月31日現在)
  • 募集人数 6~10名

【翻訳業界最大手】企業のグローバル展開に欠かせない「翻訳サービス」を提供しています。

<2021年度 新卒採用中止のお知らせ> (2020/06/09更新)

PHOTO

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、
2021年度 新卒採用活動を中止することにいたしました。

既にご応募頂いている方々へは、別途ご案内させて頂きます。

翻訳センター 人事総務部採用担当

会社紹介記事

PHOTO
翻訳センターは、特許、医薬、工業、金融・法務、ローカライゼーション分野など専門性の高い産業翻訳を取り扱っています。
PHOTO
営業担当と翻訳コーディネータがタッグを組んで、品質・スピード・価格のベストバランスを提案しています。

「すべての企業を世界につなぐ言葉のコンシェルジュ」として

人と人のコミュニケーションになくてはならないのが『言葉』。
国や言語、文化や時代が違っても、言葉は世界の人々がお互いを理解しあう重要なツールです。
翻訳センターは企業のグローバル展開を幅広くサポートしている、産業翻訳業界のリーディングカンパニーです。

『産業翻訳』といっても皆さんにはあまり馴染みがないかもしれません。
日常生活においては、文芸作品に代表される『出版翻訳』や映画や海外のニュースの字幕に代表される『映像翻訳』に触れる機会が多いと思いますが、翻訳の市場規模においては、当社が取り扱う『産業翻訳』が実に90%以上を占めています。

日頃、皆さんが手にしている海外製品は、翻訳が介在しなければ日本では使用できませんし、企業の国際的な事業活動において、産業翻訳は欠かすことのできない存在です。

翻訳センターは、企業が直面している『言葉』のさまざま問題を真摯に受け止め、企業の立場になって寄り添い、問題を解決していくことで、「すべての企業を世界につなぐ言葉のコンシェルジュ」というビジョンを実現していきたいと考えています。

翻訳センターが大切にしていることは
・何事に対しても、前向きに楽しみながら一所懸命取り組むこと
・常に問題意識を持ち、解決に向けみずから考え、行動していくこと
・コミュニケーションを重視し、チームワークで円滑に進めていくこと

自身が携わった翻訳が企業の成功に結び付いたとき、その達成感は何事にも代えがたいものとなるはずです。仕事を通じて、自身の成長が社会への貢献につながることこそ、翻訳センターで働く大きなやりがいといえるでしょう。

会社データ

プロフィール

【会社設立から上場まで】
翻訳センターの設立は1986年。最初は医薬専門の翻訳会社として産声を上げました。その後、経済の発展に伴い、特許・医薬・工業・金融の主要4分野を軸に、産業翻訳サービスを展開してきました。

2006年には産業翻訳業界でいち早くヘラクレス市場(現:JASDAQスタンダード)に株式公開(証券コード:2483)。

【事業領域の拡大】
上場後は、翻訳サービス会社としての認知度も高まり、市場規模の拡大に伴って順調に業績を伸ばしてきましたが、徐々に、翻訳を含めた「言葉」全般のサービスをご提供するためにも、事業領域の拡大に努めてまいりました。

2012年に通訳、語学スキルのある人材派遣・人材紹介、国際会議の企画運営(コンベンション事業)、翻訳者・通訳者育成学校を展開する「アイ・エス・エス」を子会社化。2015年には電話通訳事業の合弁会社「ランゲージワン」を立ち上げ、在住外国人や訪日観光客向けの電話通訳サービスの提供を開始。そして、2017年には「メディア総合研究所」を子会社化し、翻訳業界で加速化する機械翻訳事業の推進にも注力してきました。

【専門性の強化】
主要4分野以外では、産業翻訳業界では特に需要の大きいローカライゼーション分野にも進出、ITに特化した翻訳にも対応しています。また、翻訳する原稿そのものの作成や、翻訳物を使用した各種申請サービスを提供する子会社を設立し(「外国出願支援サービス」・特許分野、「パナシア」・医薬分野)、お客様からの様々なご要望にお応えできるよう、専門性の強化にも取り組んでまいりました。

業界有数の上場企業として、事業領域の拡大とサービスの拡充…
めまぐるしく移り変わるビジネス環境の中で、翻訳センターは年々成長しています。

事業内容
【翻訳センターの事業内容】
・企業や官公庁で発生するビジネス文書、専門文書の翻訳、チェック
・翻訳を含めたトータルサポート(事前調査、申請書類作成などのコンサルティング営業)
本社郵便番号 108-0073
本社所在地 東京都港区三田3-13-12 三田MTビル8階
本社電話番号 03-6369-9966
第二本社郵便番号 541-0056
第二本社所在地 大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪御堂筋ビル13階
第二本社電話番号 06-6282-5010
設立 1986年4月
資本金 5億8,844万3,000円
従業員 507名(2019年3月31日現在)
売上高 120億875万円(2019年3月期)
事業所 東京、大阪、名古屋、福岡
売上高推移 2015年3月 売上高 91億9,100万円
2016年3月 売上高 91億7,800万円
2017年3月 売上高 102億1,800万円
2018年3月 売上高 106億1,890万円
2019年3月 売上高 120億875万円
営業利益推移 2015年3月 営業利益 5億400万円
2016年3月 営業利益 5億3,400万円
2017年3月 営業利益 6億9,700万円
2018年3月 営業利益 8億200万円
2019年3月 営業利益 9億円
関連会社 HC Language Solutions, Inc. (米国)
(株)外国出願支援サービス
(株)アイ・エス・エス
(株)アイ・エス・エス・インスティテュート
(株)パナシア
ランゲージワン(株)
(株)メディア総合研究所
平均年齢 40.1歳(2019年3月31日現在)
沿革
  • 1986年4月
    • 医薬分野専門の翻訳会社を設立
  • 1988年9月
    • 工業分野の翻訳サービスを開始
  • 1997年8月
    • 特許分野の翻訳サービスを開始
  • 1998年4月
    • 金融・法務分野の翻訳サービスを開始
  • 2006年4月
    • 大阪証券取引所「ヘラクレス」上場 (現・東京証券取引所JASDAQ)
  • 2006年11月
    • HC Language Solutions, Inc.を設立(アメリカ・カリフォルニア州)
  • 2010年12月
    • (株)外国出願支援サービスを設立(特許出願支援サービス)
  • 2012年9月
    • (株)アイ・エス・エスをグループ会社化(通訳、翻訳、派遣、国際会議運営)
  • 2014年10月
    • (株)パナシアを設立(メディカルライティング)
  • 2015年4月
    • ランゲージワン(株)を設立(多言語コンタクトセンター)
  • 2017年10月
    • (株)みらい翻訳に資本参加
  • 2017年11月
    • (株)メディア総合研究所をグループ会社化
  • 2018年2月
    • 東京本社設置(大阪本社との二本社制)
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 15時間

採用データ

問い合わせ先

人事総務部 採用担当

【東京】
〒108-0073 東京都港区三田3-13-12 三田MTビル7階
TEL:03-6369-9966
【大阪】
TEL:06-6282-5010
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪御堂筋ビル13階
TEL:06-6282-5010
URL https://www.honyakuctr.com/recruit2020/
E-mail saiyo@honyakuctr.co.jp
交通機関 【東京】
JR山手線 / 京浜東北線「田町駅」西口より徒歩8分
都営浅草線 / 三田線「三田駅」A2出口より徒歩5分
都営浅草線「泉岳寺駅」A4出口より徒歩5分

【大阪】
大阪メトロ御堂筋線「本町駅」 14番出口直結
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp113267/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)翻訳センターと業種や本社が同じ企業を探す。

(株)翻訳センターを見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ