最終更新日:2020/8/20

  • 正社員

ハニューフーズ(株)

現在、応募受付を停止しています。

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品

基本情報

本社
大阪府

特集記事

仕事・働き方を知る特集 「企業の存在価値」

迅速な対応と安定した供給が強み。世界の食肉流通を支える先輩社員たちに密着!

PHOTO

国内外のフィールドで活躍する若手社員にインタビュー

営業部門、管理部門、さらには海外という様々なフィールドで活躍する若手社員に、具体的な仕事内容ややりがい、ハニューフーズの魅力について語ってもらいました。


■辻洋平さん    
営業部門/2012年入社

■白石雅和さん   
営業部門/2014年入社

■矢野美希さん 
管理部門/2018年入社

国内だけにとどまらず世界を舞台に成長できる!!【辻さん】

若手の時からチャンスを与えてくれ、また先輩、後輩に関係なく自分の意見を伝えられる所が魅力だと思います。仕事以外でも様々な交流があり働きやすい職場です。【辻さん】

生活における最も大切な三要素、衣食住の一つである食、特に海外からの輸入肉を専門的に扱う会社であることに興味を持ちました。採用担当者が丁寧に話を聞いてくれ、また先輩社員と話したり、職場見学をしたりする機会を設けてくれるなど、真摯に対応してくれた真面目さと、楽しく働く様子に触れ、「ここでなら苦しいときも上司や先輩と共に乗り切れそう」と入社を決めました。

入社してから感じたのは、当社はチーム制で、皆で同じ目標に向かって日々の業務に取り組み、達成できた時の喜びが大きいということです。少人数なのでスピーディーにものごとが進み、また各人がチームの中での役割を意識し、意見を出し合うことで、チーム力を高めていくことができていると思います。
また、入社年次に関係なく大きな仕事を任せてくれるのも魅力の一つ。実際、私も入社5年目で海外駐在となり、現在はオーストラリアの現地サプライヤーとの取引を主に担当しています。お客様からの要望を受けてサプライヤーに供給可能かなどの確認や、価格交渉のほか、成約後の輸出書類のチェック、さらにはお客様からの入金、サプライヤーへの送金を経てお客様への商品引き渡しまでを一貫して担当しています。
また、定期的にサプライヤー工場を訪問して生産状況や商品規格の確認を行うほか、天候や為替動向にも注意を払うようにしています。

赴任当初は、文化の違いに戸惑うことも。日本人にとってはなんてことのない内容でも、オーストラリア人の怒りを買うようなこともあり、文化的な背景や言葉一つひとつに気を遣いながらコミュニケーションを取るようにしています。
今後は、新たなサプライヤーの新規獲得にも力を入れ、お互いにメリットを見出せるような良い関係性を築いていきたいですね。
また日本からオーストラリアに来られたお客様を現地サプライヤー工場にご案内することもあるのですが、概要や生産状況にとどまらず、食事や文化などを含めて説明し、オーストラリアを好きになって日本に帰ってもらえたらうれしいですね。
そのためにも、幅広い分野の知識を身に付けていきたいと考えています。

億単位、トン単位の取引を、国内だけでなく海外も任せてもらえる!【白石さん】

国内外のお客様が来社され、工場や当社の食肉を扱っているスーパーをご案内することも。幅広く任せてもらえるのでスキルの幅も広がり、やりがいも大きいです。【白石さん】

営業の中でも、できるだけ一般消費者と距離が近いものがいいと考えて就職活動を展開していく中で出会ったのが、食肉を主に扱うハニューフーズでした。説明会で社員一人当たりの売上高が6億円(現在は9億円を超える)と聞き、そのスケールの大きさに驚愕。「自分もそんな大きな仕事をしたい!」と入社を決めました。

入社して驚いたのは、予想以上の電話の多さ。当社の営業は、電話での対応が中心と聞いていたのですが、日に何百件もの電話がかかってくる状況は、想像を上回るものでした。最初は先輩に電話を取り次ぎながら、在庫表を見ては出荷可能な個数や金額、納期などを調べて対応をしていました。日々行動するうちに、自然と商品知識や業務の流れを覚えていきました。3カ月が経った頃から、徐々に担当も持たせてもらえるようになり、自分宛にかかってくる電話も増えていきました。
現在では、1回の取引で何トンもの食肉が動くような顧客も担当。会社に貢献できているとやりがいも大きく感じています。さらに今年からは、海外の大口顧客も担当するようになり、英語でのメールでのやり取りも増えました。「今までの頑張りを認めて任せてもらえたんだ」とうれしく思うとともに、「期待に応えられるよう、しっかりやらなければ」と気合いが入ります。
入社1年目には、会社が開催する週1の英会話研修にも参加していたのですが、これからもっと英語も勉強して、海外顧客とメールだけでなく、もっと電話やダイレクトでのコミュニケーションをできるようになりたいですね。そして、もっといろいろなことを任せてもらえる頼れる存在になっていきたいと思います。

当社の魅力は、風通しがよく、テニスや野球、サッカーなどのスポーツを皆で楽しんだりと、部署を超えた交流があること。日頃からコミュニケーションがとれているので、仕事もスムーズです。
休みもしっかりと取れ、営業は月に1回土曜日出勤があるのですが、代休をきちんと取れるので大丈夫。残業も少なく、残業があってもしっかりと残業代が支給されます。プライベートも充実させることができており、今はゴルフに夢中です。仕事もプライベートも充実させたいという人にはピッタリの会社だと思います!

ハニューフーズで働く社員を支えながら、自分の理想の働き方を見つける【矢野さん】

当社の営業は、個人ではなくチームでの目標達成を目指すので、協調性のある人が集まっている会社です。穏やかな雰囲気の中で、楽しく働ける環境が魅力です。【矢野さん】

私が、就職活動で大切にしていたのは、仕事の内容よりも働き方でした。私が考える理想の働き方とは、仕事とプライベートの両立が可能な「長く働ける環境」で働くこと。そのような環境で、生活に欠かせない衣食住に関わる仕事に携わることができたら、自分が理想とする働き方を見つけられるのではないかと思っていた時に、ハニューフーズに出会いました。職場見学をさせていただいた時に、実際に社員の方から仕事もプライベートも充実している様子を聞くことができ、ここでならきっと自分の求める働き方ができると思いました。

入社後は、総務部に配属になりました。学生の頃は、商社で働くということは「営業=仕事」だと思っていたので、最初は仕事のイメージが出来ずに戸惑いました。しかし、業務を一つひとつこなしていく中で、総務の仕事は会社にとって必要不可欠な仕事だという思いがどんどん強くなっていきました。私が担当しているのは、事務所の家賃や電話代などの経費の支払い、営業さんの出張精算、28社あるグループ会社の資産管理や請求書の発行など、仕事は幅広く多岐に渡ります。どれも、これが成立しなければ仕事ができないというものばかり。華やかな営業の仕事に比べると、地味な仕事に思われるかもしれませんが、億単位の経費を支払うための手続きを任されることもあり、とても大きな仕事を任せていただいていることを実感しています。

今、私が働いている大阪本社には、約100名の社員さんがいて、毎日社内にいるほぼ全ての社員さんと関わることができます。そのため、部署が違っても一緒にご飯に行ったり、休日も一緒に遊びに行ったりできる関係が築けているので、とても働きやすいです。また、国内だけではなく、海外にあるグループ会社と連絡することも多く、大阪にいながら様々な場所で自分の仕事が役に立っているのだと感じながら仕事をしています。総務の仕事は、社員の皆さんを支える仕事。頼まれた案件を無事にやりきった時に、「ありがとう」と言っていただけることが、大きなやりがいになります。ルーティンワークの中でも、自分で考えて判断しなければいけない場面が多く、今はまだ先輩や上司に相談しながら仕事を進めていますが、自分の経験と知識をもっと増やして、1人でもしっかり対応できるようになることが、今の目標です。

学生の方へメッセージ

当社は、2017年に創業70年を迎えました。今後も、グローバル企業として成長していくために、様々な価値観やバックグラウンドを持った人材の活躍に期待しています。仕事を通じて自分自身を成長させていきたい、幅広い業務にチャレンジしたいという向上心のある方であれば、きっと活躍していただける環境でしょう。先輩や上司とチームになって仕事を進めたり、同じ会社の社員のみならず、グループ会社の社員や取引先の方々といった多くの人々と触れ合う中で、業務のスキルのみならず人としての成長も得られると思います。また、当社では若いうちから責任を持った仕事に取り組んでいただける環境づくりに取り組んでおり、速いスピードでの成長を実感しながら働いている社員が多いことも特長です。もちろん、グローバルに活躍したいという人には、海外にいけるチャンスも。多様な人材が集まり、様々なチャンスが与えられる環境の中で業務にチャレンジしていただき、企業人として、また1人の人間としての成長を実感していただければと思っています。

PHOTO
当社はチームワークも抜群。ワーク・ライフ・バランスの実現にも留意し、仕事もプライベートも充実させたいという人にもピッタリの職場環境です。

ページTOPへ