最終更新日:2019/10/23

(株)ナカムラロジスティクス

業種

  • 物流・倉庫
  • 海運
  • 陸運(貨物・バス・タクシー)

基本情報

本社
東京都
資本金
4億1,500万円
売上高
158億1,406万円(2019年3月実績)
従業員
263名(男206名・女57名/2019年4月時点)
  • 業種 物流・倉庫、海運、陸運(貨物・バス・タクシー)
  • 本社 東京都
  • 資本金 4億1,500万円
  • 売上高 158億1,406万円(2019年3月実績)
  • 従業員 263名(男206名・女57名/2019年4月時点)

今年で創業100年。食品の「輸出入手続」「通関」「保管」「配送」といった一貫業務を担う。海外6カ国11拠点に現地法人ネットワークを構築。

会社紹介記事

PHOTO
当社は1919年の創業以来100年という歴史の中で食品物流に携わり、社会・お客様のニーズに合わせて事業を展開。老舗の国際総合物流企業へと成長を遂げました。
PHOTO
世界各国からの輸出手続き、国内での輸入通関、物流センター保管、配送までの全物流工程を自社にて一貫して携わり、皆様の安心・安全な食生活を支えています。

「ロジスティクス・プロバイダ」として21世紀の食社会に貢献する ~次の100年へ~

PHOTO

21世紀の食社会に貢献するため、ナカムラロジスティクスはグループを挙げて、お客様のベストロジスティクスにお応えします。

当社は「安全・安心・効率」という物流品質のさらなる高みを目指し、時代の変化に柔軟に対応しながらお客様にとって最適なロジスティクスサービスを追求しています。もし創業時の荷役作業に特化していたら、現在の発展はなかったでしょう。ナカムラロジスティクスにとって、変化を恐れずに挑戦することがビジネスにおいて最も大切にしていること。また、力を尽くしてくれている社員が、変革に意欲的なことも成長の大きな要因です。お客様も含めて世界的なネットワークの構築も進み、チャレンジの舞台は整いました。全社一丸となり、ビジョンの実現を目指して立ち止まることなくチャレンジを続けていきたいと思います。
【代表取締役 中村剛喜】

■今年で創業100年!冷凍食品を得意とした「国際総合物流企業」
6月に世界最大規模の全自動冷凍センターを設立!港区芝浦の本社をはじめ、様々な機能を担う各拠点にて全国の物流ネットワークを構築しています。当社は毎日の「食」を正確かつ安全にお届けするため、グループ会社各拠点を合わせて海外から国内までのロジスティクスをフルサポート。特に冷凍食品の取り扱いを得意とし、創業から約100年のノウハウには定評があります。また、多品種にわたる食品の輸出入手続き・国内通関・倉庫保管・配送の一貫提供、海外6カ国11拠点の現地法人ネットワーク構築により、グローバルな食品流通業界の安定をサポートしています。「食品」は景気の変動を受けにくく、業績が安定しているのも当社の強みです。

■ナカムラロジスティクスの魅力は「人間力」
世界に網の目のように広がる物流ネットワーク。当社は全物流機能を保有していることから、各拠点やポジションで働くメンバーがチームワークを大切に、助け合いながら仕事に取り組んでいます。天候の変動といった予想外の対応から、物の流れが活発になる長期休暇・イベント前後の対応、効率的なロジスティクスを実現するソリューションの構築まで、優秀な人財が適材適所で活躍。その「人間力」が当社の最大の強みであり、創業時から継承してきたDNAです。長い歴史の中で、先人が培ってきたものを守りながらも、新しいものは決して拒まない。お客様に評価・信頼していただくことが何よりの喜びです。

会社データ

事業内容

PHOTO

東日本大震災の折り、支援物質を被災地へ届ける活動も行っていた当社。新センターは、地震の多い日本で貨物・人財を守るため、免震構造で建築しています。

■フォワーダー(海外複合輸送) <グループ会社事業>
海外から製品を送り出す機能としてグループ会社のNAKAMURA(U.S.A)があります。シアトルを拠点にサケやタラなどを日本はもとよりアメリカ国内、ヨーロッパ、韓国、中国などへ送り出すフォワーディング業務を担っています。同じように航空貨物に特化したNAX JAPAN(株)があり、ロサンゼルスに現地法人をもち日本、オーストラリア、中国などに生鮮食品を送り出しています。
同じような海外現地法人が香港、オーストラリア、最近ではメキシコにNAX JAPANのブランチを置き、ライムやマンゴーなどを取り扱ってます。

■荷役<グループ会社事業>
創業からの伝統的事業のひとつが荷役作業です。グループ会社の中村荷役と大阪水産運輸が軽量製品流通から重量食材原料まで取り扱っています。

■倉庫(保管)
世界各国から送られてくる製品を受け取るのがグループの中核である当社、ナカムラロジスティクスです。関東、九州エリアに4つの拠点を持ち、保管、流通加工、ピッキング作業などを行っています。

■通関
輸出入貨物の税関申告、検疫所への届出申請、検査手配など様々な通関手続きを行います。世界各国から様々な農水産物、冷凍食品が輸入され、その製品や国によって必要な手続きが異なるため、幅広い知識が必要です。

■配送
「NetWork」「FootWork」「TeamWork」という3つの「Work」で安全・高品質な配送を行っています。コンテナ輸送やトラック配送などによりジャストインタイムの発送・納品を実現します。
本社郵便番号 108-0023
本社所在地 東京都港区芝浦2-3-39
本社電話番号 03-3451-4161
創業 1919年1月15日
設立 1947年9月11日
資本金 4億1,500万円
従業員 263名(男206名・女57名/2019年4月時点)
売上高 158億1,406万円(2019年3月実績)
事業所 東京都大田区、神奈川県川崎市、大阪府大阪市、福岡県福岡市
主な取引先 (株)マルハニチロ、(株)極洋、(株)やまやコミュニケーションズ、丸紅(株)、
ニチモウ(株)、ロイヤル(株)他
関連会社 (株)中村荷役、大阪水産運輸(株)、NAX JAPAN(株)、NAKAMURA(U.S.A.),INC.
平均年齢 41歳
沿革
  • 1919年
    • 中村組創立
  • 1947年
    • 中村荷役運輸(株)に社名変更
  • 1955年
    • 通関及び船舶代理店業務開始
  • 1972年
    • 東京水産ターミナル(株)設立に参画
  • 1998年
    • C.C.C.川崎[物流センター]設立
  • 2003年
    • (株)ナカムラロジスティクスに社名変更
  • 2004年
    • C.C.C.福岡[物流センター]設立
  • 2007年
    • C.C.C.辰巳[物流センター]設立
  • 2011年
    • 東日本大震災による被災地への義援活動を実施する
  • 2015年
    • 船橋物流センターを設立、普通倉庫業務を開始する
      東京税関よりAEO認定通関業者として認定を取得する
  • 2017年
    • 新たな物流拠点として東扇島物流センターを設立する。
  • 2018年
    • 新たな物流拠点として約5万トンの浮島物流センターを設立する。
  • 2019年
    • 創立100周年を迎える。100周年記念祝賀会を実施。
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 14年
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 3名 10名 13名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2018年 3名 0名 3名

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)ナカムラロジスティクスと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ナカムラロジスティクスを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ