最終更新日:2019/10/4

リコーインダストリアルソリューションズ(株)

業種

  • 精密機器
  • 半導体・電子・電気機器
  • 自動車・自動車部品
  • 機械
  • その他電気・電子関連

基本情報

本社
神奈川県
資本金
3億5,000万円
売上高
558億円 ※2018年度実績
従業員
約1,300名(2019年4月)
  • 業種 精密機器、半導体・電子・電気機器、自動車・自動車部品、機械、その他電気・電子関連
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 3億5,000万円
  • 売上高 558億円 ※2018年度実績
  • 従業員 約1,300名(2019年4月)

“光と電子・メカを操る技術”で新しい価値を創造し続けます

会社紹介記事

PHOTO
リコーグループの一員です。
PHOTO
3つのコア技術を融合し、安心・安全な社会の実現に貢献します

”光と電子・メカを操る技術”で新しい価値を創造し続けます

PHOTO

リコーグループにおけるポジショニング

2014年、リコーおよびリコーグループのR&D(研究開発)/事業部門に蓄積された、光・電子・画像処理などに関する技術や組織の総力を結集し、弊社は設立しました。精密機器メーカーとして”光と電子を操る”技術を長年培ってきた【リコー】、光の技術でグローバルにビジネスを展開してきた【リコー光学】、電子の技術を強みとしリコーの基盤ビジネスを支えてきた【リコーマイクロエレクトロニクス】の3社が母体です。既に展開・成功している光学デバイス&モジュール(機能部品)ビジネスに加え、産業装置(システム)ビジネスや、安心・安全・快適なクルマ社会の実現、光学デバイスと産業用コンピュータの組合せによるインダストリ分野のIoT化など、市場拡大が期待される分野へも果敢に攻め込みます!

会社データ

事業内容

PHOTO

製品例:世界最小 車載用ステレオカメラ

リコーインダストリアルソリューションズ(株)は、
・“光と電子・メカを操る”技術を長年培ってきた(株)リコー
・“光”を操るリコー光学(株)
・“電子”を操るリコーマイクロエレクトロニクス(株)
の3社を経営統合し、2014年に誕生しました。

【インダストリって?】
直訳すると、“産業”、“製造業”。
モノづくり全体を指す、広い意味を持つ言葉です。
Business to Business(B to B)、つまり、プロフェッショナルである法人顧客がターゲットとなります。

【どんな事業?】
車載用ステレオカメラは世界最小モデルを提供、プロジェクター用レンズは教育・ビジネス市場で世界シェアNo.1、産業用組込みコンピュータは国内メーカーシェアNo.1など、「世界一」「日本一」の製品を数多く生み出しています。
世の中にない価値を生み出すことで未来のクルマ、未来の工場、未来の社会の実現に貢献します。
※文中の記述は当社調べに基づきます
本社事業所 郵便番号 222-8530
本社事業所 所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-3
本社事業所 電話番号 045-477-1700
設立 2014年6月4日
資本金 3億5,000万円
従業員 約1,300名(2019年4月)
売上高 558億円 ※2018年度実績
事業所 本社事業所
花巻事業所
鳥取事業所
香港支店
代表者 代表取締役 社長執行役員 竹本 浩志
国内事業所所在地 本社事業所/神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-3
花巻事業所/岩手県花巻市大畑10-109
鳥取事業所/鳥取県鳥取市北村10-3
技術紹介 【本社(新横浜)】
クルマのADAS(Advanced Driving Assistant System)=先端技術を駆使した、走行安全技術に資するセンシング・制御技術。追突防止やレーン制御などの自動運転を実現させ、今までにない安心・安全・快適なクルマ社会の実現を技術面から支えます。
世界最小の車載用ステレオカメラを開発し現在量産中です。
また、センシングとコンピューティングを融合することで産業分野のスマート化の実現にも貢献しています。

【花巻】プラスチックレンズの成形・金型製造技術=高精度・大口径化を実現させる成形技術、コピー機に使われるプラスチックレンズ(走査レンズ)の技術。

【鳥取】工場(ライン)の自動化技術=人による作業の代わりに、自社で開発した自動化装置を導入。この装置が電子部品の生産工程で使われており、生産の効率化・コストダウン・品質向上を実現させています。
福利厚生紹介 リコーインダストリアルソリューションズの人事制度は(株)リコーの人事制度と共通であり、“働きやすさ”が充実しています。
【例】時間単位の有給休暇:1時間単位で有休を取得できます。
【例】エフェクティブ・ワーキングタイム制度:「1ヶ月間トータルの勤務時間」で管理するため仕事の繁閑にあわせてメリハリある勤務を行うことができます。
【例】男性の育児休職取得: のべ37名が取得。(2018年3月時点)3カ月以内の休業の場合10日間は有給扱いです。
【例】両立支援再雇用制度: ライフイベント等(育児、家族介護、配偶者の転勤等)のためにやむを得ず退職した後、事情の変化に伴い改めて就労を希望する場合に、再雇用の機会を提供します。
【例】MVP5(マイ・バケーション・プラン・ファイブ)制度: 連続5日間の有休取得を推奨しています。
本社事業所(新横浜)紹介 ■“光・電子・メカ”を組み合わせ、成長領域へ果敢に挑む本社事業所(新横浜)
本社事業所(新横浜)は、(株)リコー新横浜事業所と同一の建物にオフィス・開発室を構えています。ここでは本社機能に加え、安心・安全・快適な高度運転支援を実現するオートモーティブ分野と、ボードコンピュータをはじめとする組込みコンピュータをロボット・工作機械・医療機械などのインダストリ分野のお客様へ提供する産業用組込コンピュータ分野を手がけています。
リコーグループがオフィスの生産性向上(Office Automation:OA)に長年取り組み続けてきた中で培ってきた光・電子・画像処理の高度な技術を、上記のインダストリ分野に展開できるようさらに磨き上げ、ワールドワイドに提供していきます。
■技術者と営業が隣にいて、ものづくりを一気通貫して体感・経験できる仕事です!
本社事業所(新横浜)は、開発設計・生産技術といった技術系職はもちろん、営業や生産管理、資材、購買といった「ものづくり」の全体プロセスに携るメンバーが1箇所に集結している事業所です。開発テーマごとにチームを組み、国内外のお客様に向けた「ものづくり」を進めています。
花巻事業所 紹介 ■“光の創造”でお客様とインターフェースする花巻事業所
花巻事業所は、旧社名リコー光学(株)として1973年の創業以来、激動の経済と経営環境の中で、数多くの変化に対応しながら発展してきました。そして 2014年新会社の設立とともに現在の組織形態となり、「世界のお客様に喜ばれる価値を提供しつづける」という理念を掲げ、産業分野において、最高レベルの光学技術を「創造」しつづけています。

■理工系学部で学んだ知識を活かせる仕事です!
「光」の可能性を現実のものにするのが、花巻事業所の誇る最先端の技術。「精密成形」「光学素子加工」「薄膜」「マイクロプロセス」という、4つのコア技術が複合、その技術をさらに生かす「光学設計と生産技術」が、総合力としての価値を高めています。 具体的には…
 【特殊光学デバイス】微細加工による光の屈折・回折・偏光制御技術に対応
 【レンズ】設計力を背景に、高精度、広範囲に対応
 【ミラー】時代の先端をいくコーティング技術
の3分野です。
鳥取事業所 紹介 ■最先端の生産技術で“電子を操る”鳥取事業所
鳥取事業所は、鳥取砂丘や山陰海岸ジオパークなど自然豊かな鳥取県鳥取市にあります。鳥取駅や鳥取空港、高速のICにも近く、大変便利です。旧社名リコーマイクロエレクトロニクス(株) として、1988年にリコーのMFPやプリンター、デジカメなどに使われるプリント基板・マザーボードなどの最先端工場として操業を開始し、生産技術力を磨いてきました。
そして2014年より新会社として、リコー向けのプリント基板・マザーボードの生産だけでなく、FA自動化装置も手がけるなど、広範囲な製品の開発設計、生産、販売を行っています。

■最先端工場のラインづくりに携わる仕事です!
自動化技術をはじめとするプリント基板・マザーボードに関する高度な生産技術を保有し、最先端のラインを形成することで、インダストリ分野を支えています。
例えば…
 ・自動化などの装置開発に携わる開発設計、生産技術(エレキ・メカ・ソフトの技術が活かせます)
 ・VA(価値分析)、コストダウン、品質改善、評価解析などに携わる生産技術
といった仕事があります。
関連会社 (株)リコー
リコーリース(株)
リコージャパン(株)
リコーエレメックス(株)
リコーインダストリー(株)
リコーテクノロジーズ(株)
リコークリエイティブサービス(株)
リコー電子デバイス(株)
リコーイメージング(株)
Ricoh Americas Corporation
Ricoh Components & Products (Shenzhen) Ltd.
ISO認証取得 品質、環境の体制作りに取り組み、ISOの認証を受けております。
品質(ISO9001:2008)
品質(ISO/TS16949:2009)
環境(ISO14001:2004)
沿革
  • 2014年06月
    • リコーインダストリアルソリューションズ(株) 設立  
  • 2014年10月
    • (株)リコー・インダストリ事業部を吸収分割、リコー光学(株)、リコーマイクロエレクトロニクス(株)を吸収合併し、経営統合
      リコーインダストリアルソリューションズ(株)として事業を開始

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

リコーインダストリアルソリューションズ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
リコーインダストリアルソリューションズ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ