最終更新日:2020/5/25

  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人「ゼノ」少年牧場

業種

  • 福祉サービス

基本情報

本社
広島県
PHOTO

社会人になるみなさんへ

R.S
2016年入社
日本福祉大学
社会福祉学部社会福祉学科 卒業
放課後児童デイサービスセンターぷくぷく
障がいがある子どもたちに遊びを通して療育を行なう

現在の仕事内容

現在私は「放課後児童デイサービスセンターぷくぷく」という部署で働いています。私たちの事業所では、障がいがある子どもたちに対して、遊びを通して療育を行い、自己肯定感を育むことを目的としています。
おもちゃを使った遊びだけではなく、スライムなどの感覚的な遊びや屋外での遊び運動などを取り入れながら日々子どもたちと活動しています。


好きな言葉

私には坂村真民という好きな詩人がいます。中でも『何かをしよう』という詩が自分の人生の教訓にもなっているので紹介します。

何かをしよう みんなの人のためになる 何かをしよう よく考えたら自分の体に合った
何かがある筈だ 弱い人には弱いなりに 老いた人には老いた人なりに 何かがある筈だ
生かされて生きているご恩返しに 小さいことでもいい 自分にできるものをさがして 何かをしよう
一年草でも あんなに美しい花をつけて終わってゆくではないか

この詩に出会ったときは衝撃を受けました。自分にも必ず何かがあるはずだ、と思うと同時に、自分は自分なんだ、人と比べる必要は全くないんだ、と気づかされました。これまで心のどこかで他人と比べることがあった私は、この詩に出会い本当に救われました。
人生一度きり。仕事でもプライベートでも、自分にできることを見つけて、他人と比べず自分らしく生きていくことが大切だと思えるようになりました。


オフの過ごし方

私はラクロスという競技を行っています。学生時代より始めて、10年目になります。現在ではクラブチームに所属してプレーを続けています。そのため、オフの日は試合やチームの練習に参加したり、大学の練習に参加していることがほとんどです。練習が終わると、トレーニングジムに行ったり温泉に入って大好きなラーメンを食べたり、お気に入りのカフェで本を読んで過ごしています。


学生へのメッセージ

「ゼノ」には本当にたくさんの成長できる可能性があると感じています。障害のある方々と関わる中で、大変なこともたくさんあります。しかし、そのような場面でこそチームで助け合うことができる場所です。
ぜひ実際に足を運んでいただけたらと思います。


ページTOPへ