最終更新日:2020/6/29

  • 正社員

沼津中央青果(株)

業種

  • 商社(食品・農林・水産)
  • 食品
  • 農林・水産

基本情報

本社
静岡県
資本金
9,000万円
売上高
104億8,100万円(2017年12月)
従業員
76名(2018年12月現在)
募集人数
若干名
  • 業種 商社(食品・農林・水産)、食品、農林・水産
  • 本社 静岡県
  • 資本金 9,000万円
  • 売上高 104億8,100万円(2017年12月)
  • 従業員 76名(2018年12月現在)
  • 募集人数 若干名

創業86年。年間取扱金額は100億を超え、静岡県東部No.1!「生産者のおもい」と「生活者のおもい」の橋渡しが私たち沼津中央青果の仕事です!

  • 積極的に受付中

【新卒採用/選考直結】説明会再開しました!会社説明会は7月に予定しております!セミナー画面をクリック! (2020/06/19更新)

PHOTO

2021年度卒の新卒採用を開始いたしました。


その他に会社説明会および見学会の開催を予定しています。

普段中々見る事の出来ない青果市場の内側を見る良いチャンスです。

参加希望の方は、マイナビからエントリー宜しくお願い致します。

会社紹介記事

PHOTO
“相対売り”と呼ばれる大手スーパーなどとの商談は会議室で行われるが、地元の販売店のバイヤーなどが集まるセリは毎朝7時からスタート。30分ほどで完売!
PHOTO
消費者が買いやすい商品の規格を把握し、パッケージなどを含めた商品企画を行うのも市場の役割。生産者との二人三脚で「売れる商品とは何か」を探っていく。

食の安全・安心を担う仕事に、大きなやりがいを感じます!

PHOTO

女性初の総合職となった島田さんと、半田さん。「当社の総合職は営業職なので、多くの人とコミュニケーションできる能力がやはり大切ですね」

学生時代にフルーツパーラーでバイトをしたことから、農作物に興味を持ちました。農業の知識はまだ浅いですが、生産者さんを訪問し、特殊な栽培方法やデリケートな温度管理の苦労などを知ると「少しでも良い値段で売り地場の農家さんをもっと応援したい!」という思いが湧いてきます。だから、スーパーなどの販売店にも足を運んで「消費者が求めているものはどんな作物か?」をヒアリングし、生産者に伝えていく橋渡し役を担うことが私の役割。入社してすぐにニンジンのラベルを作らせてもらったときには、シンプルな文字だけのパッケージをウサギのイラストに変更し上司に驚かれました。実は、私は当社初の女性総合職。スーパーで買い物をするのはほとんどが女性ですから、同じ消費者としての視点を活かせる業務はたくさんあると思っています。先日は大手スーパーのイベントにブースを出し、消費者の反応を直接目にすることができました。こうした経験を活かし、生産者さんと一体となって商品開発を手掛けていくことが今後の目標です。そして安全・安心な食品を流通させるために“市場”が果たす役割を、多くの人にPRしていきたいです。<島田葉月/マーケティング戦略部/2016年入社>

実家が農業を営んでいることから、市場の仕事に興味を持ちました。入社後の1年間は夜勤で荷受け作業を経験し、現在は蔬菜部(そさいぶ)で生シイタケを担当しています。生シイタケには菌床栽培と原木栽培があり、地場はもちろん全国から通年入荷します。私は当社に出荷してくださる生産者さんに対しては安定した取引額を保証したいと考えているので、できるだけ直接会って意見交換をし、数量や規格、出荷時期やパッケージ方法などの相談に乗っています。農産物には1年中安定して売れる商品がないので難しい面もありますが、当社が販売実績を積み重ねることで生産者さんからの信頼が増し、互いに安定した取引ができるようになっていくことが理想です。当社は種苗やパッケージ資材の購入資金を無利子で援助するなど、常に生産者と一共に歩む姿勢を大事にしています。近年では産直販売などの方法も増えていますが、やはり一定の数量を安定して出荷できる市場の存在は農家にとって大切なもの。また消費者にとっても、必要な農産物を全国から集め、地域の販売店に届ける市場の存在はなくてはならないものなのです。<半田義裕/蔬菜部(そさいぶ)/2015年入社>

会社データ

プロフィール

県の認可を受けて野菜・果実などの青果物の卸売を行う市場を開設・運営している会社です。

市場とは生産者と消費者の橋渡し役です。鮮度・品質・独自性を追求し、新規顧客の創造をはかり、静岡県東部の地方青果市場として、食育活動の充実に取り組んでいます。
特に近年叫ばれて久しい食の安全性確保にも尽力、たしかな低温技術を通して、安心して食べられる生鮮野菜をお届けする役割を果たしています。

事業内容

PHOTO

青果物の卸売業

「静岡県東部の生活者の食卓に安全・安心な野菜と果物を届けるパイプ役」

95年前に沼津市に青果市場が開設されたときから、日本国内はもとより、海外から届く青果物を地域の方々が、「安全、安心」して食べてもらえる為に食のインフラを支えてきました。

また、地域の生産者の皆様が安心して農業が続けられる、新しい流通経済の育成を目的に、役職員一同、日々進化を目指しております。
本社郵便番号 410-0312
本社所在地 静岡県沼津市原2608-56
本社電話番号 055-915-2323
創業 87年
設立 1932年4月29日
資本金 9,000万円
従業員 76名(2018年12月現在)
売上高 104億8,100万円(2017年12月)
沿革
  • 大正12年4月
    • 青果市場開設
  • 昭和7年4月
    • 沼津中央青果(株)設立
  • 昭和45年
    • 本社及び市場を沼津市本字丸子町752-1に移転する。
  • 平成26年7月
    • 本社及び市場を沼津市原2608-56に移転する。
平均勤続勤務年数
  • 2019年
    • 26年
月平均所定外労働時間(前年度実績)
  • 2019年
    • 25時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2019年
    • 5日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 0名 0名
前年度の育児休業取得者数(男女別)
女性 男性 合計
2019年 0名 0名 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合
  • 2019年
    • 0.0%(12名中0名)

採用データ

問い合わせ先

管理部採用担当 江本
TEL 055-915-2323
URL https://numachu.com/
交通機関 JR原駅より徒歩20分
送迎が必要な場合、予約時にアンケートにてお答え下さい。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp213690/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
沼津中央青果(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

沼津中央青果(株)を見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ