最終更新日:2020/8/4

  • 正社員

(株)トーコー

業種

  • 建材・エクステリア
  • 商社(建材)
  • 商社(インテリア・住宅関連)
  • インテリア・住宅関連

基本情報

本社
奈良県
資本金
7,000万円
売上高
32億6,600万円(2019年3月期)
従業員
204名(2020年1月)
募集人数
1~5名
  • 業種 建材・エクステリア、商社(建材)、商社(インテリア・住宅関連)、インテリア・住宅関連
  • 本社 奈良県
  • 資本金 7,000万円
  • 売上高 32億6,600万円(2019年3月期)
  • 従業員 204名(2020年1月)
  • 募集人数 1~5名

奈良県優良企業100選にも選ばれた、超優良企業、(株)トーコーです!!

▼新型コロナウイルスへの対応▼ (2020/08/04更新)

PHOTO

     WEB説明会随時開催中!!
  日程が決まり次第ご案内させて頂きますので、
   エントリーをしてお待ちくださいませ。




▼敏腕社長も参戦!説明会へのご参加お待ちしております▼

┏ ───────────────────────── ┓
  奈良県優良企業100選にも選ばれた
            超優良企業、(株)トーコーです。

 説明会に参加していただけると、企業規模だけではない
 優良企業の本質を感じていただけるかと思います。

┗ ───────────────────────── ┛

会社紹介記事

PHOTO
「掃除と挨拶の徹底」により、自然なコミュニケーションが生まれ、のびのび働ける雰囲気。役職や年次に関わらず、フラットな関係性が築ける。
PHOTO
薄く平らにした金属板・いわゆる板金を用いた戸建て住宅用の部材が多数。ヒット商品は小屋裏の換気を行う「棟換気」。2013年にはグッドデザイン賞を受賞した。

住宅の長寿命化に欠かせない「棟換気」のトップシェアを獲得!

PHOTO

「世代が違えば価値観が違うのは当たり前。僕ら世代の考えを押し付けるようなことはしませんので、自主性を持って個性を磨いていってください」

■今、戸建て住宅に欠かせない建材が「棟換気」
棟換気(むねかんき)というのは、戸建て住宅の小屋裏つまり屋根裏の頂部に取り付けて、小屋裏の熱い空気を外に逃がしていく建材のこと。小屋裏には通常日中熱気がたまり、夜になり外気が下がると結露が発生します。そのままにしておけば湿潤状態になり、カビが生えてしまいます。急速な技術の進歩で住宅は長寿命化していますが、小屋裏の換気をきちんとしておかないと、構造躯体がカビでダメになってしまうため、棟換気は住宅に欠かせない存在です。

2013年には当社の棟換気がグッドデザイン賞を受賞。実はグッドデザイン賞はビジュアルの美しさだけでなく、機能性や世の中の需要面も評価対象になります。近年増えてきている、瓦屋根より軽い金属屋根に対応した棟換気を作った点を評価されました。

■ルールは挨拶と掃除だけ。当たり前を徹底してこそ、人間力が育つ
当社の強みは、商品の開発力。そして開発力があるのは、社員に力があるから。僕が社員のみなさんに伝えているのは「当たり前の徹底」ただそれだけです。気持ちいい挨拶と毎日の掃除を徹底することで人間力が育つと考えています。

毎日挨拶をしていれば、挨拶された方もうれしいし、相手の変化などにも気づきやすくなります。毎日掃除してきれいな状態が当たり前になれば、ゴミが落ちていたときすぐに気づけるし、それを片付ける「状況を変える」行動力が身についてくる。基準の高い当たり前を持つと現状に違和感を感じることができるのです。その違和感こそが企業を成長させるエネルギーであり、当社の強みなのです!

■仕事は楽しんだもの勝ち。自主性を持てば、楽しさを実感できる
仕事というのは、大変な場面がいっぱい。イヤなこともありますし、壁にぶち当たって逃げ出したくなるかもしれません。でも一方で、仕事だからこそ得られる楽しさというものもある。若いうちは仕事の大変な面に目がいくかもしれませんが、一生のうちで仕事に費やす時間は長い。楽しんだもの勝ちです。

仕事を楽しいと思うコツは自主性を持つこと。指示されて取り組んだ仕事より、自分から動いて得た仕事の方がやりがいは大きいでしょう。自主性を持って仕事がしたいと思っている人にうちの会社に入ってほしいし、そういう想いがある人が活躍できる環境をできるだけ近い距離感でつくるのが僕の役割だと思っています。

会社データ

プロフィール

1946年に大阪市都島区で創業。今はメーカーとしてものづくりをしていますが、創業当時は雨どいなどの建材を仕入れて販売する問屋業をしていました。ただ問屋業としては大阪市内では後発組。すでに似たような問屋がたくさんあり、このままでは成長できないと感じていました。

心配はあったものの事業転換はそう簡単にはできない。そんな折、大口の取引先の不渡りが2件も相次ぎ、事業転換を余儀なくされました。突然まったく違う方向に転換はできないため、建築業界でメーカーになるか、工事業をするかの二択で迷い、より事業拡大を目指せるメーカーを選びました。工事業は職人を多く抱えなければならず、人材が移動できる距離はわずか。どうしても最初は地域密着型の仕事になりますが、メーカーであれば工場を建て、数人の営業マンがいれば全国展開が可能。事業をどんどん大きくしていきたいと考え、メーカーの道を選びました。

事業転換後は、完全にゼロからのスタート。当時の社長が自ら機械を購入し、試作品をつくり、徐々にお客様から「こんな形状のものを作ってほしい」とオーダーが入るようになりました。特注品を作り続けるのもひとつの手ですが、かつて取引先の影響を受けて事業転換に追い込まれた過去があるので、常に下請けだとリスクが伴います。

自分たちで考えたオリジナリティのある製品を自分たちの手で売っていけるのがメーカーの強み。お客様の声を聞きながら、付加価値としてのオリジナリティも加えて数々の製品を生み出してきました。

現在棟換気の出荷数は、毎月1万2000本ほど。販売当初は年間わずか6本。そこから現在の出荷数まで伸びてきました。

時代の追い風にも助けられました。長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の住宅の標準仕様として棟換気が搭載されることに。そうなってから棟換気をつくったのではなく、すでに作ってきたノウハウがあったからこそ、急成長につながりました。

棟換気のトップシェアを目指し、製品ラインナップも豊富。従来の瓦屋根だけでなく、震災等の影響で注目されている瓦より軽い金属屋根にも対応しています。棟換気のトップシェアを目指し、これからも商品開発に力を入れていきます。

事業内容

PHOTO

埼玉工場は2018年に稼働し始めたばかり。今後も工場拡張や新規設備の導入などどんどんと事業規模を拡大していきます!

こんにちは、人事担当の川東です。

私からは、当社の事業について紹介します。

当社は、住宅建材の企画開発、製造、販売を手がけているメーカーです。

住宅建材と言っても多種多様ですが、当社が生み出す製品は、主に住宅の屋根、壁まわりに使用される建材です。

■住宅に付加価値を与える製品

当社が取り扱っている製品の種類はかなり多いのですが、大きく分類すると2種類です。

ひとつは、住宅を建築するにあたって必ず必要となる「必需品」
雨水が住宅内部に浸入することを防いだり、屋根材や外壁材の端部をきれいに見せるために使用される部材です。一般的にはあまり馴染みのない製品ばかりですが、これがないと建築現場では工事が進まなくなるほど、重要な役割を担っています。

もう一つは、住む人に快適さを提供する「高付価値商品」
これがあることにより、住宅を長持ちさせ、快適な住まいづくりの一役を担っています。
その「高付加価値商品」の代表格が「棟換気」

…初耳だという方がほとんどでしょう。「むねかんき」と読みます。

■ニッチな市場で35%以上のシェア

「棟換気」について、この場で詳しく説明はしませんが、このニッチな市場で当社は35%以上のシェアを誇ります。

「棟換気」以外にも、同市場では取得が困難とされる「防火認定番号」を取得した新商品など住宅内部の環境づくりができる商品の開発に注力しています。

年間5件以上のペースで特許出願をするなど、他社との差別化を図り、競争力を持った商品を展開することにより、その市場でのシェアNo.1をとっていくという戦略を掲げています。

その力の入れようは、本来非常に専門的な仕事で、社内でも経験がある社員が在籍する商品開発部に新卒の新入社員を配属するほどです。将来の当社の商品開発を担う人員の育成にも着手しています。

創業70年以上となる当社ですが、今後も新たな商品開発や新たな事業展開なども視野に入れ、成長曲線を描いていきます!!
本社郵便番号 630-0142
本社所在地 奈良県生駒市北田原町1208-6
本社電話番号 0743-71-0159
創業 1946年9月
設立 1956年7月
資本金 7,000万円
従業員 204名(2020年1月)
売上高 32億6,600万円(2019年3月期)
事業所 ■東京支店
〒108-0073 東京都港区三田3-14-10 三田3丁目MTビル1階

■名古屋営業所
〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵3丁目23番10号
千種ファーストビルかとう8階

■西日本営業所
〒630-0142 奈良県生駒市北田原町1208番6号

■福岡営業所
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-23-22 シティ22ビル2階

■本社第一工場
〒630-0142 奈良県生駒市北田原町1208番6号

■本社第二工場
〒630-0142 奈良県生駒市北田原町1157番48号

■本社第三工場
〒630-0142 奈良県生駒市北田原町1132番52号

■埼玉工場
〒355-0009 埼玉県東松山市仲田町1番地
主な取引先 【商社一覧】
伊藤忠建材 (株)
SMB建材 (株)
ジャパン建材 (株)
住友林業 (株)
(株) ジューテック
(株) セキノ興産
田村駒エンジニアリング (株)
ビルトマテリアル (株)
【ハウスメーカー一覧】
大和ハウス工業 (株)
タマホーム (株)
東急ホームズ (株)
トヨタホーム (株)
三菱地所ホーム (株)
【パワービルダー一覧】
(株) アキュラホーム
クレバリーホーム
(株) 新昭和
一建設 (株)
(株) 細田工務店
ほか 敬称略
先輩社員の声 住宅資材の販売店、住宅をつくる工事店など既存のお客様への営業活動を中心に、近年力をいれている元請け業者への新規営業も行います。

<先輩の声>
●藤井潤太(2019年入社)
住宅に興味があり就職活動をしていました。面接で当社の社長のユニークな考え方に惹かれて入社しました。今はまだ入社1年目、社内で電話対応をしたり、先輩の資料作成を手伝うなどしながら、少しずつ営業にも出ています。イキイキ働く先輩を近くで見ているので、僕もこれからやりがいを持って仕事に取り組めるよう、さらに成長していきたいです。

●大塚卓史(2013年入社) 
名古屋営業所に就職し、1年半前に本社へ。最近お客様との距離感が縮んできたと実感しています。「大塚さんが担当で良かった」と言われたときは、嬉しかったですね。信頼を得て笑って仕事をできているときに、一番やりがいを感じています。

<1日の流れ>
8:00 出社
8:15 掃除
8:30 全体朝礼
8:45 営業部、製造部、生産技術部でミーティング
9:00 個々の業務開始
    前日の売上の確認、日報の記入、見積もりの作成
12:00 昼休憩 昼食は持参するか食堂を利用
13:00 お客様先を訪問 平均5件
16:00 資料の作成
17:30 退社
平均勤続勤務年数
  • 2018年
    • 12.9年
平均有給休暇取得日数(前年度実績)
  • 2018年
    • 9日

採用データ

問い合わせ先

〒630-0142 奈良県生駒市北田原町1208-6
【(株)トーコー採用担当 川東】
0743-71-0159
URL http://www.metal-toko.co.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp215219/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

(株)トーコーを見ている他のマイナビ会員は、このような企業も見ています。

ページTOPへ