最終更新日:2019/10/10

竹島鉄工建設(株)

業種

  • 建築設計
  • 建設
  • 金属製品

基本情報

本社
和歌山県
資本金
2,000万円
売上高
40億円(2018年9月実績)
従業員
149名
  • 業種 建築設計、建設、金属製品
  • 本社 和歌山県
  • 資本金 2,000万円
  • 売上高 40億円(2018年9月実績)
  • 従業員 149名

カタい“鉄骨”をやわらかな発想力と技術力で自在に操るものづくり集団!自社一貫生産と、「そこまでやるか」といわれるほどの品質へのこだわりが強みです。

会社紹介記事

PHOTO
会社の中心は20代、30代。当社は女性の多くが産休や育休を取り復帰しています。社員誰もが働きやすく、活躍できる会社です!
PHOTO
「あべのハルカス」や現在進行中の横浜駅西口駅ビルなど、各地のランドマークで実績を持つ当社。強さとしなやかさを兼ね備えた美しい鉄骨で、街づくりを支えています。

「鉄骨」はオーダーメイド。デザイン性の高い建築物に合わせて一本一本設計します。

PHOTO

「設計はチームで取り組むので、一体感があります。そして完成したときは皆で喜びを分かち合います」(写真:設計・工務OFFICE内)

●竹島鉄工建設は、鉄骨の設計・製造・施工までを自社一貫体制で行っている会社です。私が担当しているのは、ものづくりの第一段階である設計。大手ゼネコンの技術者から「こんな建築物にしたい」というニーズをヒアリングし、どんな配合の鉄をどう使えばそれを実現できるかを考えるのです。

建築物の外観がおしゃれになればなるほど、鉄骨の設計も難しくなります。たとえば「京都学・歴彩館」という資料館もその一つで、屋根が47面も折り重なるデザイン。屋根の枚数分の鉄骨を設計しなければならず大変でした。その分、完成したときの達成感は大きかったです。2年、3年がかりの壮大なプロジェクトに関われるのは誇らしくもありますね。将来、子どもができたら「あの建物は、お父さんが作った鉄骨でできてるんやで」と自慢しようと思っています(笑)

今、当社が取り組んでいるのが3DCADの習得。その役割を任されたのが私です。未知の領域で不安はありますが、せっかく抜擢していただいたので、「3D CADのパイオニア」となって会社に貢献したい!鉄骨技術者としても、さらなる成長をめざしたいと思っています。
(H21年入社/上口 憲人)


●竹島鉄工建設に入社して、4月で2年目になります。自分は、設計グループに在籍し、作図を中心とした業務を行っています。現在は、3DCADを使い、様々な難しい物件を設計しています。3DCADは立体的に見えるため、「ここが納まっていない」など見てわかるので、ミスを減らす事にもつながります。

 もちろんまだ不安な事が多いのですが、分からない事は先輩が詳しく丁寧に教えてくれるので、安心して仕事に取組む事ができます。
 また自分は実家が兵庫県の尼崎で現在は会社の近くに家を借りて一人暮らしをしています。

 最後に、竹島鉄工建設は環境もよく、伸び伸びと仕事が出来るので、自分自身の成長にもつながります。そして、自分が設計した建物が完成したら両親に自慢したいと思います。
(H30年入社/山口 修平)

会社データ

正式社名フリガナ

タケシマテツコウ

事業内容

PHOTO

2014年完成の新社屋。白を基調にした広いフロアでは、自社の鉄骨が見えるように、天井部分が工夫されていて面白いですよ。

◆主力事業~「鉄骨」の設計・製造・施工。
当社の鉄骨は、オフィスビルや大型商業施設、ホテル、工場、病院、大学、マンションから寺社仏閣まで、ありとあらゆる建築物に使われています。

受注した鉄骨は100%自社で製造。設計だけをやって製造は外注、あるいは製造のみといった会社が多い中、自社一貫体制にこだわっています。

◆鉄骨はJ~Hまで、全5段階のグレードに分かれています(国土交通大臣指定の評価機関が認定)。当社はこの中で上から2番目のHグレードに認定されています。

Hグレードは全国でも10数社のみ、最上位のSとHグレードを合わせても上位20%程度。当社の実力を示す一つの指標となっています。

◆消費者の安全意識が高まる中、建築物には高度な耐震性が求められています。そのニーズに応えるべく、建物の耐震性を計る「試験体」の製造・施工にも取り組んでいます。

鉄骨の硬さは一様ではなく、素材の配合を変えればアーチ型にしならせることも可能。どんな配合ならどれくらいしなるのか、どんな溶接を施せば揺れに耐えうるのかを調べるために用意されるのが鉄骨の「試験体」です。商品ではないため売り上げには直結しませんが、「きっといつか役に立つ」と信じ、ねばり強く研究開発を重ねてきました。

こうした地道な努力が、「竹島にしかできない」と言わせるほどの技術力となって当社を支えています。経済危機や災害等の影響で廃業を余儀なくされる企業が続出する中、当社は堅実に事業を続け、売り上げを右肩上がりで伸ばすことができたのです。

社会がある限り、建築物がなくなることはありません。 当社は今後も強くしなやかな鉄骨を通して、社会に貢献していきたいと考えています。
本社郵便番号 643-0813
本社所在地 和歌山県有田郡有田川町西丹生図285-1
本社電話番号 0737-52-5454
創業 1947(昭和22)年10月
設立 1971(昭和46)年10月1日
資本金 2,000万円
従業員 149名
売上高 40億円(2018年9月実績)
事業所 〒643-0813 和歌山県有田郡有田川町西丹生図285-1
TEL:0737-52-5454 FAX:0737-52-5961
売上高推移 44期(2015年9月実績):30億円
45期(2016年9月実績):32億5,600万円
46期(2017年9月実績):40億円
主な取引先 (株)竹中工務店 
鹿島建設(株) 
関係各省庁 
(株)神戸製鋼所 
神鋼商事(株) 
JFE商事鉄鋼建材(株) 
JFEスチール(株) 
新日鐵住金(株) 

(順不同)
施工実績 天保山ハーバービレッジ海遊館(1994年)
吉備町(現有田川町)庁舎建替工事(1994年)
和歌山ビッグホエール新築工事(1996年)
HEP FIVE新築工事(1997年)
港町リバープレイス建築工事(2001年)
ハービスENT新築工事(2003年)
そごう心斎橋店新築工事(2005年)
なんばマルイ新築工事(2006年)
中之島フェスティバルタワー新築工事(2011年)
グランフロント大阪新築工事(2012年)
あべのハルカス新築工事(2013年)

他多数
平均勤続勤務年数 8.1年(2019年2月時点)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.6日(2019年2月時点)
前年度の育児休業取得対象者数 3名(うち女性3名、男性0名)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性3名、男性0名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

竹島鉄工建設(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ