最終更新日:2019/9/6

(株)山和エンヂニアリング

業種

  • 機械
  • 食品

基本情報

本社
群馬県
資本金
2,000万円
売上高
9億2,500万円(2018年7月)
従業員
74名
  • 業種 機械、食品
  • 本社 群馬県
  • 資本金 2,000万円
  • 売上高 9億2,500万円(2018年7月)
  • 従業員 74名

特徴ある2つの事業で安定の46年!!システムインテグレータの『エンヂニアリング事業』。独自の微粉砕技術による、食品加工の『粉体事業』。

会社紹介記事

PHOTO
群馬県高崎市から産業界のさまざまな製品づくりを支える生産設備や、人々の健康を支える食品を発信している山和エンヂニアリングの本社社屋。
PHOTO
山和のモノづくりは一人ではできません。社員一人ひとりが持てる力を発揮し、かつ協働することで、付加価値のある機械・装置や食品が生み出されています。

発想力が活かせる環境で、オンリーワンのモノづくりを存分に楽しんでほしい!

PHOTO

代表取締役社長の山中隆稔氏。「もっとユニークなモノが創り出せる会社にしていきたいと思っています」

◆生産設備のオーダー生産と健康食品等の受託製造で安定成長
私たち山和エンヂニアリングは、「エンジニアリング事業」と「粉体事業」の2事業でユニークなモノづくりを展開し、安定成長を続けている会社です。
「エンジニアリング事業」では、お客さまの要望に合った企画から設計、製造、組立、設置まで一貫した製作体制を構築。オーダーメイドで加工機や自動省力化装置といった製品を造るための生産設備を設計・製作しています。皆さんの身近にも、きっと当社が手掛けた生産設備で造られた部品の入った製品が活躍しているはずです。
また、「粉体事業」では、自社開発した「低温粉砕機」(特許を取得)を使って健康食品等を受託で製造しています。従来のすりつぶす加工では、摩擦熱が発生してビタミン等の栄養素を壊してしまうのに対し、当社では摩擦熱を抑えながら超微粒子に粉砕する独自技術を開発。それが大手から認められ、着々と製造依頼が増えています。

◆人財力でロボットをインテグレートした究極のFA化へ
こうした安定した経営基盤のもと、これからの少子高齢化社会を見据えて、さらにオンリーワンのモノづくりを究めていきたいと思っています。例えば、ロボットのデモ機を社内に設置したのも、その一環です。普段からロボットに触れ、設計・製作する生産システムにロボットをインテグレートするアイデアを考えられる環境にすることで、究極のFA化を実現していきたいのです。
そのため、何より重要になってくるのが人財です。オーダー生産では、人間のアイデアや発想がとても大切になるのです。それだけに、期待するのはフレッシュな頭脳から生まれるアイデアや発想であり、失敗を恐れず難しいことに立ち向かっていくチャレンジ精神です。
もちろん、会社としても、そうした人財が持てる力を存分に発揮できる環境を整えています。卓越した技術を身に付けた経験豊富な技術者が揃っているので、そうした先輩のもと、当社ならではの技術スキルを習得する機会を用意。また、若手の意見にも、しっかり耳を傾ける企業風土づくりも進めています。

会社データ

事業内容
【エンジニアリング事業部】

【営業部】
営業部はお客様と山和エンヂニアリングを繋ぐ重要な部門です。お客様との商談から、プロジェクトの企画運営などお客様からの要望をじっくりと聞き「カタチ」にするため重要な一歩となります。そのため営業部は山和エンヂニアリングにとっての顔となります。

【技術部】
技術部は製品の機構部、システムの設計開発から2DCADを用いた機械図面の作図などを開発しています。システム設計課と制御課の二つの技術力によってお客様の要望を生み出し、オーダーメイドの製品を作るにあたっての技術力の礎となっております。

【製造部】
山和エンヂニアリングの製造技術、そして一貫した製造工程は短納期を可能にすると同時にお客様の環境、目的に合った製品を作ることができます。それは長年社員一人ひとりがプロフェッショナルとしての自覚を持ち、高品質な製品を届けたいという気持ちが培われた何よりの証です。

【粉体事業部】

【品質保証部】
品質保証部は食品加工を行う上で山和エンヂニアリングが開発した粉砕機を中心とした設備によってお客様の要望に合った製品を作ることはもとより、お客様により良い高品質な製品を届けられることを目指しています。

【生産管理部】
製品の安全性、そしてお客様の信頼にお応えするために様々な検査、試験に取り組み、製造工程の品質管理の徹底を図っています。この独自のシステムはお客様と製品に対する安全と信頼の追求に繋がります。

【製造部】
目的に合わせて様々な加工工程があり、お客様の多様なニーズに対応する事ができます。また品質と安全への意識を徹底するべく一貫した自社の製造ラインによって行われます。
本社郵便番号 370-0871
本社所在地 群馬県高崎市上豊岡町575-15
本社電話番号 027-344-1260
設立 1973(昭和48)年8月11日
資本金 2,000万円
従業員 74名
売上高 9億2,500万円(2018年7月)
沿革
  • 沿革
    • 1973年(昭和48年)08月
      (株)山和エンヂニアリング 創立
      (群馬県高崎市中豊岡町799番地4)
      1979年(昭和54年)07月
      本社工場新築・移転
      (高崎市上豊岡町575番地15)
      1984年(昭和59年)09月
      組立工場を新築
    • 1987年(昭和62年)10月
      現場事務所棟新築
      1989年(平成元年)05月
      組立工場増築、技術棟新築
      1994年(平成06年)10月
      本社工場新築
      1998年(平成10年)08月
      中小企業創造活動促進法群馬県知事認定
    • 1999年(平成11年)02月
      特許取得「乾式粉体回収装置」
      1999年(平成11年)04月
      特許取得「固形物粉砕乾燥装置」
      1999年(平成11年)11月
      高崎市優良中小企業表彰
      2000年(平成12年)02月
      粉体事業部発足
      粉体工場を新築
      気流式殺菌機導入
    • 2000年(平成12年)02月
      商標登録3件取得
      2000年(平成12年)11月
      群馬県1社1技術選定
      2003年(平成15年)08月
      粉体工場、有機食品加工認定工場 (有機JASの認定) 
      2004年(平成16年)03月
      ISO9001:2000認証取得
    • 2004年(平成16年)03月
      粉体第二工場新築
      ハイパードライ乾燥機導入
      2004年(平成16年)06月
      群馬県環境GS事業者認定
      2004年(平成16年)10月
      南工場を新築 (クラス10,000のクリーンルーム)
    • 2005年(平成17年)11月
      高速五面加工機 (4,000×2,000 門幅2,600)導入
      2010年(平成22年)11月
      添加物製造業許可
      2011年(平成23年)10月
      山中則彦 代表取締役会長、山中隆稔 代表取締役社長に就任
    • 2012年(平成24年)02月
      HACCP取得(粉体事業部 南工場)
      2014年(平成26年)11月
      FSSC22000認証取得(粉体事業部 南工場)
      認証範囲:食品添加物(甘味料類、植物ステロール)の粉砕
    • 2018年(平成30年)07月
      FA・ロボットシステムインテグレータ協会 正会員

会社概要に記載されている内容はマイナビ2020に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2021年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)山和エンヂニアリングと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)山和エンヂニアリングを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ